« すぐそこにある田舎 | トップページ | ツインレイクサイクリングのお土産 »

2007年12月 2日 (日)

ツインレイクサイクリング完走!

・・・・って、当たり前ですね。何度も書いているように、私が参加したのは16キロコースですから。

でも、たった16キロですが、中身は濃かったです。で、突然ですが

本日の教訓: 「ウエストポーチだけでイベントに臨むな」

です。理由は、このブログを読んでいただければ分かるはず。

さて、今日の一番の関門は早起きだったのですが、家の目覚ましクンが、何度も諦めずに起こしてくれたおかげで、無事に5時半起床。朝ごはんをがっつりと食べて、6時45分くらいには家を出て、集合場所に向かいました。家からは15キロ以上あります。

しかし、当然ですが朝は寒い!絶対に手袋は指先まである物を早急に買う!と決意させてくれた朝でした。少し走ったら指先がかじかんでギアチェンジに支障が・・・。

それでも、車がほとんど走っていなかったため快調に走って豊四季の坂も難なくクリア!約一時間で集合場所付近に着きました。たくさんのサイクリストさんが、かっこよいジャージを身につけ、かっこよい自転車に乗ってウォームアップ中です。

が、しかし、この辺りが受付のはずなのに、、、どこ??どこなの??受付の場所が分かりません。ここまで来て「遅刻でしたね、アウトです!」と言われたらあまりにも恥ずかしくブログに書けません(それはそれで良いネタだったかも)。

と、うろちょろしている私達に優しくも「あちらですよ」と声を掛けてくださった女の参加者がいらっしゃいました。「ありがとうございます!」のお礼もそこそこに、やっと受付場所を発見!無事受付を済ませ、ゼッケンと、なんだかよく分からないチップと、A4の大きさのパンフレットと、500mlのペットボトルと、カロリーメイト(大塚製薬さんがスポンサーさんだったのです。色々とご提供ありがとうございました!)を頂きました。

そして受付を済ませただけで早速困る私達。ボトルケージはひとつずつしか付けておらず、そこには持参したペットボトルがまだ満タン状態でセットされています。この頂いたペットボトルはどうしよう??と思いましたが、(ただで)頂けるものはありがたく頂く主義。旦那も私もそれぞれのウエストポーチの上着をしまうためのスペース(上着をまだ身につけているのでちょうどペットボトル一本分空いていました)に突っ込みました。また、A4版のパンフレットも半分に折って無理やりウエストポーチに入れました。

しかし本当に今日は良いお天気。旦那の雨男っぷりでもかなわない強烈な晴れ男・女さんがたくさんいらっしゃったのでしょう。少しすると雲が出てきましたが、朝の時点では快晴です。

早速渡されたゼッケンをつけながら周りを見回してみると、皆さん思い思いの格好で、気合十分な方、楽しみながら参加する風な方色々いらっしゃいます。愛車も様々で、ロードの方、クロスバイクの方、MTBの方、小径車の方、色々です。でも、やはりひときわ目を引いたのは、ふらっか~ず風(メーカーは不明)の自転車にお子さんを乗せたお父さんとクロスバイクのお母さんのご夫婦。お父さんすごい!こういう楽しみ方もあるんですね。家も子供が出来たら、アシストくんがふらっか~ず、私がロードでサイクリングをもっと楽しめそう・・・うふふ。しかも、後で人に聞いてびっくりしたのですが、このご夫妻87キロコースに出場されていたそうで、なんと、ふらっか~ずのペダルをピンディングペダルにしているとのこと。私もこの目で確かめましたが、間違いなくピンディングペダルでした。かっこよすぎる!

さて、そうこうしているうちに開会式風の挨拶とグループごとの記念撮影が終わり、いよいよ長距離組から出発です。名簿を頂いて分かったのですが、120キロの幕張コースが一番人気なのですね。皆さんすごいです。老若男女問わず、皆さんサイクリングを楽しんでらっしゃるようです。しかも千葉近郊の方だけでなく、東京はもちろん神奈川からも参加されているようで、そりゃあ気合も入るわけです。

一方我々16キロコースは1人小学生の女の子を含む8名でした。16キロコースはのんびりコースなので、他のコースが出発してからのんびりの出発です。

「そろそろ、いきますかぁ」、とリーダーさん。私達、「はぁ~い」。(気合入ってるでしょ?)

コースは終始リーダーさんが先頭を走ってくだってその後ろを8名が走り、一番後ろをもう1人のリーダさんが走ってくださいました。ペースはのんびりでした。そのおかげで、手賀沼で思い思いに休日を楽しんでらっしゃる皆さんを観察したり、すれ違うランナーやサイクリストさんたちとにっこり挨拶をしたり、ぼーっとしてみたり、時折おしゃべりをしてみたり。いつもとは少し違ったのんびりサイクリング楽しかったです。

16キロコースだけれどしっかりチェックポイントがあって、2/3ほど走ったところにあるビジターセンターで手賀沼やあの辺りの治水や自然について勉強しました。治水が今のようになされる前は私の住んでいる辺りは平成3年の台風の時に水に浸かってしまったそうです。でも今はもう大丈夫だそう。色々考えられているのですね。そんなことは全く知らなかったので勉強になりました。

アンケートを書いて建物を出ようとすると受付のお姉さんが、これまたA4版の立派なパンフレット組み立てるとティッシュボックスになる紙細工をくださいました。どうもありがとう・・・・(涙)。またまた二つに折ってウエストポーチに突っ込みます。

外に出るとスープと補給食とポカリスエットを頂きながらしばし歓談。16キロなのにこんなに食べたら絶対カロリー余っちゃうよなぁ。と思いながらしっかり頂きました。

さて、のんびりしたらゴールまであと少し。スタートです。気のせいかウエストポーチが少しずつずりずり下がっていくような・・・・。重くなりすぎて重みで下がっちゃうみたいで、時々ベルトを締めなおしながら走らないといけませんでした。そして、ゴーーーーール。

手賀沼をたった一周しただけですが、何なのでしょうこの充実感は。手賀沼内にもかかわらず何度か道を間違え楽しいハプニングもありましたが、8人みんなで無事にゴール!!お疲れさまでした!

アンケートに答えて受付の方に渡すと、参加賞としてTシャツを2枚ずつ選んでくださいと言われました。え??Tシャツをしかも2枚ですか??つまり、2人で計4枚ですね。ありがたく頂きます。。。

とこれまたちっちゃく丸めたTシャツをウエストポーチに押し込み(結構入るじゃんウエストポーチ。頂いた青字の物とお財布とデジカメと携帯と少しの補給食が入っています)、代わりに居場所をなくしたペットボトルを上着のポケットに突っ込んで何とか収納完了。もう無いよね?頂き物。。。

私達はこれでイベントとは離れて昼食を食べ、午後は2人で下手賀沼→手賀の丘公園方面にサイクリングに出かけました。いつも通り、地図も無く、旦那の大丈夫だよぉ~の言葉を信じるしかないサイクリングです。

手賀川を離れていい感じの道を(多分)南に向かいます。途中の山に向かいそうな細い道からのお誘いを断り、ひたすら目的地を目指した私達。・・・・・のはずでしたが・・・・・・。

あれぇ?道無いねぇ。

もうびっくりしなくなったどころか、どこか期待してしまっている旦那の頼りになるお言葉。

ええ、ついて参りますとも。今ここで置いていかれたら絶対家に帰れない・・・・。

引き返して、そこそこ広い農道と思われる道を気持ちよく走ります。目の前に広がる農村の風景。昨日に引き続き私は大満足です!

が、沼はどこ??沼は??公園は??公園???

後で旦那に聞くと、途中で沼も公園も諦めたそうで。。。。

結局、沼にも公園にも出会うことなく、農村の景色を満喫して更に道に迷いながらも何とか手賀沼にある満天の湯に到着!しかし、途中急な坂が2箇所あり、私はばてばて。。。上りになると全然だめだなぁ。こんなんじゃ筑波山登れないよぉ(登る気なのか??)。

満天の湯ではお決まりの足湯に浸かり疲れを癒します。温かくて気持ちよい。いつもながら眠くなってきちゃった。

あれ?気持ちよく浸かっていたらまくっていたレッグウォーマーがびしょびしょ。浸かっちゃってるじゃん!くすん。

仕方なく濡れてしまったレッグウォーマーを着けて(冷たい)帰路に着きました。

はー、午前・午後とよく走りました。疲れたけど充実した一日。

ツインレイクサイクリングの関係者の皆さん。楽しいイベントをどうもありがとうございました。来年はもっと長い距離のコースに絶対参加します!

  • 場所:手賀沼CR & 小手賀沼・手賀の丘の近くと思われる場所
  • 時間:5時間44分(8月11日からの累積:50時間43分)
  • 距離:76.9km(8月11日からの累積:795.1km)
  • 平均速度:15.1km/h

|

« すぐそこにある田舎 | トップページ | ツインレイクサイクリングのお土産 »

クロスバイクでお出かけ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

「ツインレイクサイクリング」お疲れ様でしたm(_ _)m
楽しそうですねぇ~!
来年は、ぜひ参加したいと思いました。
何たって、頂き物がいっぱいなんて・・魅力的じゃありませんかぁ~(^^;

しかし、みくまさんご夫婦のサイクリングは「仲良しさん」で羨ましいです・・・。

投稿: Dokinko | 2007年12月 4日 (火) 00時07分

ツインレイク、お疲れ様でした!

次回は印旛沼ですね。結局楽しみながら70km以上走ったってことは来年は余裕ですよ!

また、ご夫婦の楽しそうなサイクリングが目に浮かぶようなレポート、楽しく拝見しました。手賀沼周辺は結構探検しがいがありますよ。私も手賀沼周辺のポタを2007年6月に『TEGAマップを片手に...』等でレポートしています。

投稿: 103 | 2007年12月 4日 (火) 07時25分

dokinko さん
コメントありがとうございます。

是非是非来年はご一緒しましょう!
でも、dokinkoさんは余裕で100キロ走られるから、最長の120キロコースかな?それだと、103さんとご一緒できるかもですよ。

まあ、何にせよ楽しいイベントでございました。
ただし!仲良しさんでは決して無いですのであしからず。
dokinkoさんこそ旦那様と一緒ならどこでも不安なく行けそうで羨ましいです。

投稿: みくま | 2007年12月 4日 (火) 21時41分

103さん
コメントありがとうございます。

次回は印旛沼を目指してトレーニングに励みます!
家から手賀沼までの往復を入れると120キロ近くになってしまうのですが、負けません!!

手賀沼は103さんのホームですものね。周りまだまだ探索ポイント満載のようでしたから、ブログも参考にさせていただきながら楽しみたいと思います。

投稿: みくま | 2007年12月 4日 (火) 21時45分

みくまさん、こんばんわ カカポと申します。10さんのBlogから来ました。
ツインレイクサイクリングお疲れ様でした。来年は、私も家内を引張り出しますので、87kmを走りましょう!
みくまさんご夫妻は、F1のファンでロードレース観戦にも出かけられる程アクティブですが、Blogは、ほのぼのとしたいやし系ですね^^これからも、楽しいエントリーを期待しています^^

投稿: KAKAPO | 2007年12月13日 (木) 23時04分

KAKAPOさん
初めまして。コメントありがとうございます。

103さんのBlogのコメントでお見かけしていました。
是非是非、来年は87キロコースを走りましょう!奥様もご一緒に。

KAKAPOさんのブログにもお邪魔させていただきますので、宜しくお願いいたします。

投稿: みくま | 2007年12月15日 (土) 23時50分

みくまさん、こんばんわ
そうですね^^来年は、87kmコースに出ましょう!ツインレイクは、12月なのにコンディションが良く、1年おきに雨に見舞われる野田100kmとはえらい違いです。家内の障害は、二人の娘のお昼ご飯の用意なのですが、出前でもとるように言って、走りたいものです。

投稿: KAKAPO | 2007年12月17日 (月) 19時04分

KAKAPOさん
コメントありがとうございます!

今年の野田100キロは大変だったみたいですね。お疲れさまでした。
その同じ日、私達はF1観戦に行っていて、富士スピードウェイで同じく大変な目に会っていました。
野田100キロもちょっと憧れています。いつか出られるといいなぁ~。

投稿: みくま | 2007年12月18日 (火) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224807/17266136

この記事へのトラックバック一覧です: ツインレイクサイクリング完走!:

« すぐそこにある田舎 | トップページ | ツインレイクサイクリングのお土産 »