« 九重夢大吊橋とやまなみハイウェイ | トップページ | 阿蘇三昧は・・・真っ白な世界でした »

2008年5月 4日 (日)

黒川温泉と阿蘇大観望

今日も、普段の私達ではありえない時間に早起き。日の出直後の時間に散策しました。しかし、本当に素晴らしい眺めです。

九重連山もくっきり見えます。

そして、遠くの阿蘇も。この景色をそのまま見ながら露天風呂に入れるのですから、これは素晴らしい!!開放感この上なしです。当然、朝風呂にも入りました。

バイキング形式の朝食を、のんびりお腹いっぱい頂き(牛乳が美味しかった!)宿を後にしました。

まずは、すぐ近くの有料道路久住高原ロードパークを走り、たくさんある駐車場に車を停めては、眺めを楽しみました。有料道路だからでしょうか、朝がまだ早いからでしょうか、車はほとんど走っておらずのんびりドライブできました。

そして、黒川温泉に向かいます。黒川温泉では入湯手形を購入すると3つの露天風呂に入ることが出来ます。宿のお風呂を公開することで、普通では利用されないことが多い時間帯の温泉を有効利用するよいアイデアだと思いました。

たくさんあるお風呂の中で、どれに入るか随分悩みましたが、まずは美里の湯にしました。青い色が付いている濁った湯が決め手でした。

硫黄の臭いが強いお湯で、熱い!!ぬる湯が好きな私は湯に浸かれないかと思いましたが、これが不思議。最初我慢して湯に浸かっていると、そのうち感覚がおかしくなってしまうようで、湯の温度を感じなくなりました。それどころか冷たい水に思えてきちゃって、危険??と思ったので慌てて湯から上がりました。こういうお湯もありですかね~。

そして、次の湯に向かう前にお腹を満たします。

ここは熊本。といえば、馬刺し!!

初めて頂きましたが、甘くてくせもなくおいしぃ~。お代わりしたいくらい!!

私がいただいた豚汁メインのランチも甘い麦味噌で優しい味。九州出身の私には、これこれ!!と大満足。

旦那が注文した白いカレーは、色と裏腹スパイスがきいていて結構辛かったらしいです。

食後すぐにお風呂に入っちゃいけないんですが・・・、旅人には時間がない。ということで、すかさず次のお風呂、洞窟風呂で有名らしい新明館に入りました。この洞窟風呂、思っていたより広く中をプチ探検できて楽しかったです。大人気なく、何回も歩いて回っちゃいました。でも、男湯の洞窟はそれほど広くなかったらしいです。その代わり、普通の露天風呂にも入れるとのことでした。

そして最後のお風呂は少し離れた山みず木。車で移動します。3つの中ではこのお風呂が一番好きかなぁ~。渓流のすぐそばの開放感あふれるお風呂。女風呂は2つの少し離れた露天風呂の間を裸で歩くのがまた気持ちいい!湯の温度も私好みの適温から少しぬる湯。渓流を眺めながら心のそこまでゆっくり出来ました!

は~、黒川温泉三昧も終了!また来て、別のお風呂にも入りたいです。目指せパーフェクト!!(黒川温泉の組合24軒のお湯を制覇するということですよ~)

そして、今日最後の目的地は阿蘇の外輪山、大観望。

すこし雲が出てきてしまいましたが、ここからの眺めはすごい!地理で習ったカルデラそのものですね。すとーんと前ぶれなく落ち込んでいるカルデラに、分かってはいてもびっくりしてしまいました。でも、外輪山の傾斜は以外に緩くダンボールのソリでも下れるかも??なんて思っちゃいました。

そして、ここではたくさんのパラグライダーが気持ちよさそうに空を飛んでいました。う~、気持ちよさそうだぞーーー。私も連れてって!!こんな良い景色を更に高い場所から眺められたら、幸せだろうなぁ~。ご夫婦で楽しんでらっしゃる方もいらっしゃったしぃぃぃ。なんて。

ソフトクリームも美味しく頂き、また、雲の切れ間から覗く夕日の素晴らしさに目を奪われました。少し雲が多かったのは残念でしたが、阿蘇の眺め、忘れられない思い出となりました。

今日の宿は、外輪山を下りてすぐにある内牧温泉の蘇山郷。こちらも貸切風呂が2つあって、周りを気にせずのんびり湯を楽しむことが出来ました。夕食は近くの居酒屋で、またも馬刺しと焼酎を頂き、気持ちよく眠りにつきました。明日は雨の予報。早く降っちゃって早くやんでちょうだい!!

------ 5/10記す

|

« 九重夢大吊橋とやまなみハイウェイ | トップページ | 阿蘇三昧は・・・真っ白な世界でした »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224807/41163673

この記事へのトラックバック一覧です: 黒川温泉と阿蘇大観望:

« 九重夢大吊橋とやまなみハイウェイ | トップページ | 阿蘇三昧は・・・真っ白な世界でした »