« 小旅行1日目 小貝川CRを真岡まで | トップページ | 自転車仲間拡大の予感 »

2008年8月25日 (月)

小旅行2日目 小貝川源流と那珂川の鮎

【小貝川&那珂川ミニツーリング 2日目】

18日、月曜日。天気は曇りcloudの予報。

朝6時に起床。軽くサンドイッチを食べて、前日にお風呂場で洗濯した少し湿っているウェアを身につけ、朝8時に出発です!

前日に小貝川を離れた田野橋まで戻り、更に上流を目指します。ここから先はCRが無いので、一般道を走りました。

すぐに益子町に入り、水田や集落を横切る道を走ると少し大きな道に出ました。

ここまで30分程度なのですが・・・・

トイレに行きたいなぁ・・・・。

と私。

まだ開店前の外池酒造さんが、快くトイレを貸してくださいました。どうもありがとうございました。

おいしそうな日本酒を試飲したいのは山々ですが、自転車ではそうも行きません。後ろ髪を引かれながら、先を目指しました。

このあとも一般道を走りますが、少し走るとこんな標識がありました。

おっ!サイクリングロードがあるじゃん!!

やっぱり、サイクリングロードは川のそばを走れて気持ちが良いし、走りやすくてよいなぁ~と思ったのですが・・・・、小貝川が支流の桜川と分かれる場所で舗装されたサイクリングロードはすぐに終わってしまいました。やっぱり・・・。そんなにうまくはいかないですね・・・。

この先は、小貝川がどこを流れているのか全く分からない場所をひたすら走ります。橋がある毎に近寄って目にする小貝川は、どんどん細くなって行きました。

小貝川源流にたどり着く前に既におなかが空いてしまった私達。私達が見た小貝川最上流のこの橋で休憩し、途中のコンビニで仕入れたおにぎりを食べました。

小貝川源流まではあと少しです。

この辺りは水田だけでなく、畑にも色々な作物が植えてありました。たわわに実った梨、背よりずっと高いとうもろこし、たくさんのナス、トマト、きゅうり、かぼちゃ。懐かしい風景で、眺めているだけで何故だか笑顔になります。

が、この辺りのアップダウンにちょっとやられ気味の私。実は、出発直後からずーっと上っている気がしていたのですが、アシストくんに

気のせいだよぉ~

とサラッといわれ、そうなのかなぁ・・・と信じていたのですが、やはり道はずっと上っていたようです。じわりじわりと脚にきていたのですがここにきて目に見えるアップダウン。ちょっとつらい・・・。

と、目の前に見えたのは一台のバスとそこから降りてくる人々。

小貝川源流に来た観光バス???

そんなに有名な場所なの???

私達の頭の中には大きなクエスチョンsign02がたくさん。

近寄ってみると、確かにそのバスは小貝川源流に停まっていました。どうも福岡堰に関係する方々が研修に来ていたようです。小貝川源流は予想外ににぎわっていました。

そして、小貝川源流、小貝池の碑の前で記念撮影。

ここまでよく来たぞ~。

そして、小貝川の始まりは・・・・

こんな池でした。普通・・・・岩の間から水が湧いて出たりするもんじゃないのぉ??と思いましたが、そんなことを言ってもコレが源流なのです。

この池から漏れ出した水が、このように流れ出し、小目沼橋を飲み込んでしまうくらい大きな川になるのです。

小貝川を制覇した余韻に浸る暇も無く、私達は次の目的地に向かって出発しました。

来た道を途中まで戻って、茂木町に向かい那珂川を目指します。ここの道が・・・・・上るんだなぁ・・・。でも、茂木町との境を越えたらその先は下り基調で助かりました。

そして、きもちよぉ~く下ると橋にたどり着きました。那珂川に到着です。

橋から川を眺めると、こんな風景。ここ、大瀬には鮎とりの大きなやなが仕掛けてあります。この仕掛けの上で鮎をつかみ取りできるそうなのですが、川が増水していたせいなのでしょう、今日は人がいませんでした。

下に降りてこの仕掛けをじっくり見る前に・・・・、もちろん食事です!!当然鮎ずくしの昼食を頂きました。

鮎飯、鮎の塩焼き、鮎のフライ♪中でも鮎の塩焼きが絶品でした。鮎どころか川魚を食べることも最近はほとんど無いですが、本当に美味しかったです。子供の頃、父が釣った川魚をその場で焼いて食べたのを思い出しました。

鮎のつかみ取りが出来なかったのは残念でしたが、那珂川のひんやり気持ちよい流れに手をつけて、川遊びを少し楽しみました。河原には何人もの人が遊んでいました。あ~、私も川に入りたかったなぁ~。

のんびり過ごした後、記念撮影をして出発しました。

このあとは、那珂川をひたすら下るだけ。下り基調でしょう!!と思っていたのですが・・・・江戸川や荒川のように整備された川沿いのCRがあるわけは無く、那珂川に沿って走る一般道は・・・アップダウンの宝庫でした。

しかし、橋から眺める那珂川の流れは、あまりにも雄大で上りの疲れなどすぐに忘れさえてくれました。

石ころがたくさんの河原がある川。子供の頃川で遊んだ経験からか、そんな川が大好きな私。河原で遊んでいる家族連れやカヌーで川下りをしている人たち、1人船に乗って釣りをする釣り人。すべてが微笑ましくて、とても嬉しい時間でした。

途中工事中の砂利道がありちょっとビックリしましたが、眺めを楽しみながらアップダウンを頑張って越えて、下流まで下ってきました。那珂川も下流にはCRがあるので、そろそろCRがあるかなぁ??と期待して土手を観察しながら走ります。

が、土手がこんな風にいきなり終わってしまったり、なかなか整備されたCRを目にすることが出来ません。

やけくそになった私達は、土手の横の砂利道を一キロほど走りました。

が、コレがあとできいてくるんだなぁ・・・。やめときゃいいのに。

少ししてやっと舗装されたCRになりました。あとはこのCRをただひたすら走ればゴールです。

が・・・・、序盤のアップダウンのせいか、一キロの砂利道のせいか、空腹のせいか・・・すっかり力がなくなりました。補給をして走りますが、自慢のおしゃべりも出来ない私。ちょっと辛かったです。

そんな私を、

駅に着いたら甘いものを食べようね!!

といって励ましてくれたアシストくん。ありがとーーー!!

おやつ!おやつ!!

の掛け声で前に進みます。

すると、前に水戸市街の高い建物が見えてきました。ゴールはもうすぐです。

今日のゴールは勝田駅。水戸を過ぎて少し走って駅はすぐそこ。という時に現れた坂を恨みながら上り、無事に勝田駅にたどり着きました。

アシストくんの顔も疲れきっていますね。

このあと、約束どおりおやつを食べて、常磐線-武蔵野線を乗り継いで家に帰りました。

初の泊りがけサイクリング。楽しい二日間でした。が、もう少しスピードをつけて、時間に余裕を持って走れるようになると良いなぁ。とも思いました。でも、まあ、ぼちぼちですね。

この日走ったルートはこちらです。

  • 場所:真岡-小貝川源流-大瀬-那珂川-勝田駅
  • 時間:9時間23分(8月11日からの累積:262時間)
  • 距離:103.4km(8月11日からの累積:3530.7km)
  • 平均速度:16.5km/h

|

« 小旅行1日目 小貝川CRを真岡まで | トップページ | 自転車仲間拡大の予感 »

クロスバイクでお出かけ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

け、け、けっこう走ってますね・・・ひゃ、百キロ越だ~~~!
僕は、8月は100kmこえてましぇ~~ん
ま、ともかく、お疲れ様っす!

投稿: NOB | 2008年8月26日 (火) 00時11分

みくまさん、おはようございます。

以前コメントした小貝川の源流については、「普通、湧き水とか山の中から流れ出すってのが多いんだけど、小貝川は『池』なんだよ~。拍子抜けしちゃったよ~」という情報を得ていたのです。
なるほど、研修ツアーでバスに乗って大挙して来ることが出来るような池なんですね(笑)。

しかし、このところのみくまさん夫妻のアクティブさはすごいですね。KAKAPOさんの1人センチュリー並ですよ。
そこで質問ですが、サイクリングのプランニングはどなたがされるのですか?ボクの予想では以下のような感じかな?

みくま(敬称略):「小貝川の源流ってさぁ、どうなってんのかな?」
アシストくん(なぜか敬称付):「ん~、知らない」
みくま:「ね、ねっ、行って見たくない?シラスで!」
アシストくん:「え~、遠そうだな~」(と言いつつまんざらでもない様子)
     *数日後*
アシストくん:「小貝川の源流ってさ~、そんなに遠くないよ。ただ1日じゃきつそうだな」
みくま:「(ゲッ!!!覚えてたの!?)へ~、そうなんだ。…じゃあさ、どっかに泊まればいいじゃん!」
アシストくん:「お、なるほど。それなら源流のちょっと手前に宿泊できるところがあるから、そこを中心にして帰りは那珂川経由で常磐線まで戻ってくるってのはどう?」
みくま:「いいね~、宿で酒盛りも出来るしheart
アシストくん:「帰り輪行だから電車の中でも飲めるぜ!」
みくま:「よし、乗った!」


スイマセン、勝手な想像でした~bleah

投稿: 103 | 2008年8月26日 (火) 09時04分

みくまさん、アシストさん こんにちわcat

 今回のツーリングレポート、アシストさんの勇姿が見れて楽しかったです。ナリーニのジャージもカッコいいし、グラサンも決まってるなー。やっぱ、走ってる写真はいいね♪

投稿: 横山 | 2008年8月26日 (火) 16時54分

みくまさん、こんばんは、カカポです。
素晴らしいの一言につきます。
まさに、私が理想とするツーリングのスタイルです。
源流を訪ねひたすら走る。
こんなレポートを拝見したら、サイクリングロードの終点まで行ったことで
満足なんてしていられません。
源流というか、スタート地点を見たことがあるのは、まだ江戸川だけなので、
今、頭の中にあるイメージが妄想のまま終わるのが恐いです^^;

投稿: KAKAPO | 2008年8月26日 (火) 21時12分

おはようございます
小貝川の源流、どんなんかな、と楽しみにしておりましたが、拍子抜けするような普通の池ですね(笑)
でも、制覇したという達成感がありますね。
私もいずれチャレンジしてみたいです。
日帰りは無理でしょうか?

投稿: 東葛人 | 2008年8月27日 (水) 09時26分

NOBさん
コメントありがとうございまーす!!

ありゃ、8月は夏ばてでしたか??
前半はとんでもない暑さでしたし、後半涼しくなったと思ったら天気が不順。サイクリストには厳しいひと月でしたね。
でも!来週からはもう9月です。気持ちよい秋風の中たくさん走りましょうね~。
あ!NOBさんは富士山遠征ですね。頑張ってくださいね!

投稿: みくま | 2008年8月27日 (水) 21時53分

10さん~、面白すぎです。コメント。
電車の中で笑いをこらえるのに必死でしたよ。

小貝川源流が池ということは知らなかったので、びっくりでした。拍子抜け・・・そうかもしれません。もっとうっそうと茂った山道の奥にある場所かと思っていましたから。でも、もしそうだったら私なんかが自転車でたどり着けるはずもありませんね。

KAKAPOさんの1人センチュリーは本当にすごいですよねぇ。でも、大丈夫です!!10さんの手賀沼周辺で200キロ走も十分すごいですからっ。
私達はただ単に遊び好きなだけです。日が長い今のうちに遠出をしておきたかったのです。
で、そのプランニングですね。
う~ん・・・・・despair
何故だsign01・・・何故なんだっsign03・・・・どうしてばれちゃってるんでしょ??
恥ずかしいことに、家での会話が再現されているようです。
でもぉ~!!今回の小貝川源流はアシストくんが言い出したんですよっ!!多分!!でもぉ、小貝川を制覇したい!!ってなことは言ったかもぉ??
那珂川をもてぎ辺りから下るルートは以前雑誌で見ていて、いつもサーキットに行くときに通る道なので、ここをのんびり走ると気持ち良さそうだな~と思っていたのです。で、ここ走りたいって・・・・自転車に乗り始めた頃に言ったかもぉ???
へへへ。ま、そんなんです。
次はどこに行きたいって口走ろうかな??

投稿: みくま | 2008年8月27日 (水) 22時05分

横山さん
コメントありがとうございまーす!!

横山さんに気に入っていただけたアシストくんの写真ですが、アシストくんには
「なんで、あんなに写ってるの??」
といわれてしまい、あまり評判が良くないようです。
でも、アシストの後ろをエースが走って写真を撮ったら、どうしたってああいう写真になりますよね~。
これからもこっそり写真を撮りますので、ご期待くださいませ。

投稿: みくま | 2008年8月27日 (水) 22時08分

KAKAPOさん
コメントありがとうございまーす!!

CR制覇、十分素晴らしいじゃないですか!!距離もすごいことになってますし。
私達はKAKAPOさんのように一日で200キロ走ったりは当分出来そうにないので、泊りがけで二日間かけて走ってきました。
川の源流を目指す走りは、ともに長い時間を過ごす川がとても親しく感じられて、源流から流れ出してゆく水に『下流からずっと走ってきたんだよぉ~』と自慢したくなるような旅でした。

投稿: みくま | 2008年8月27日 (水) 22時16分

東葛人さん
コメントありがとうございまーす!!

楽しみにさせちゃいました??小貝川の源流。ごめんなさい。かなり、普通の池でした。でも、あそこから水が流れ出すということは、どこかから水が補給されているはずなのですけどね。そこまで探索する余裕がありませんでした。しまった!また行かなくっちゃ(笑)

小貝川の源流は往復すると200キロを超えてしまうと思いますが、真岡鉄道で輪行で帰れば日帰りも可能だと思いますよ。あ、そうか、私達じゃないから、健脚の東葛人さんなら200キロ越えても往復日帰りOKですね!ファイトですぅ~。

投稿: みくま | 2008年8月27日 (水) 22時22分

みくまさん、こんにちは。bunaibuです。
素晴らしいツーリングですね。
自分もいつかはきっと・・・なんて想いながらレポートを拝見しました。

投稿: bunaibu | 2008年8月30日 (土) 13時32分

みくまさん 素晴らしいツーリングでしたね。みくまさんのレポートは旅情が感じられて素晴らしいです。アシストくんとのからみも最高ですね!

投稿: ピナ男 | 2008年8月31日 (日) 07時06分

bunaibuさん
コメントありがとうございまーーーす!!

bunaibuさんにはツーリングが似合いますね。大きな皮の鞄を自転車にぶら下げて、涼しげに走る姿を勝手に想像しちゃいました。
今回の私達のは、なんちゃってツーリングでしたが、私もいつかは立派なツーリングをやってみたいです。

投稿: みくま | 2008年9月 3日 (水) 23時11分

ピナ男さん
コメントありがとうございま~す!

思い出深い初ミニツーリングとなりました。今でも鮎の味が思い出されます!

アシストくんと漫才でもしながら走らなくっちゃ、100キロの道のりは私にはまだまだ長いです。だから、途中で道が行き止まりになるとちょっと嬉しくなっちゃいます。何故だか。

投稿: みくま | 2008年9月 3日 (水) 23時17分

突然おじゃまします.
はじめまして,μ-Tha:キャノンと申します.
自分も趣味で自転車に乗っています.

小貝川のことがたくさん書いてあって嬉しくなっちゃいましたよ〜.
栃木県の川だと鬼怒川や渡良瀬川のほうが有名で,小貝川はちょっとね〜.
いい川なんですけどねぇ〜.

自分はこのツーリングレポートのお泊まりしたあたりに住んでるので....
小貝川,愛着あるんです.
自分もよく走るんですよ〜.毎週のように走ってます.

先週,走りに行ったら連日の豪雨で小目沼橋と川又橋,
沈下してましたよ.

自分のブログにアップしているのでよかったらご覧下さい.
http://ameblo.jp/cycloholic/

また,おじゃまします.

投稿: μ-Tha:キャノン | 2008年9月 5日 (金) 17時38分

μ-Tha:キャノンさん(なんて読むんだろう・・・)
初めまして!!
コメントありがとうございまーす!!
お返事が遅くなってしまってすみません。

小貝川の近くにお住まいなのですね。
小貝川サイコーです♪
特に上流側の雰囲気が大好きです。のんびり時間が流れているようで。
μ-Tha:キャノンさんは毎週のように走っていらっしゃるのですね。小貝川CRはよく整備されていますが、サイクリストさんの数は多くなく、とても走りやすいですよね。二人で並走しても周りに迷惑をかけませんし。

私は春、夏の小貝川を楽しみましたので、次は秋、紅葉の頃に出かけてみようかな?
μ-Tha:キャノンさんのお勧めはどんな小貝川でしょうか?
小貝川でお会いしましょう!

投稿: みくま | 2008年9月 9日 (火) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224807/42273746

この記事へのトラックバック一覧です: 小旅行2日目 小貝川源流と那珂川の鮎:

« 小旅行1日目 小貝川CRを真岡まで | トップページ | 自転車仲間拡大の予感 »