« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の9件の記事

2008年8月28日 (木)

自転車仲間拡大の予感

先週の土曜日は、つくばの友人宅に招かれて遊びに行きました。

というのも、友人の旦那様が先月ロードバイクを購入したという話を聞きつけ、

それは、見に行かなくっちゃ、失礼だわ!!

ということで、無理やりセッティングしてもらったわけです。どこまでもずうずうしい私達。

お天気がよければ、自転車で押しかけて一緒にサイクリングでも・・・と思っていたのですが、残念ながら天気は下り坂down。大人しくTXで出かけました。

次々にご馳走を頂き、旦那様とも自転車談義で盛り上がり、とても楽しい時間でした。

で、私が気になっていたのは、友人(=奥様)が自転車を始める気があるのかどうかです。

え~、私には無理ですぅ~~

なんて、いつも逃げられていたので、長期戦(何故、私は戦ってるのだ??)になりそうだなぁ。と思っていたところでした。

と・こ・ろ・がっ!!

そろそろ、車種を選定して誕生日までには買おうね~

と買う気満々の旦那様。

なーんだ、私(?)の完勝(???)だわ♪

近々自転車仲間がまた1人増えそうです。ここ数年、ママチャリにさえも乗っていないという彼女、どんな自転車が良いかしら?? ←別に頼まれてないのに、かなりおせっかい。

でも、ついこの前まで、

(旦那様が)自転車を家の中に入れるって言うんですよぉ~。家が汚れるじゃないですか、信じられない!!

と言っていた彼女が、あっさり自転車購入とは。これが自転車の魔力ね!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

小旅行2日目 小貝川源流と那珂川の鮎

【小貝川&那珂川ミニツーリング 2日目】

18日、月曜日。天気は曇りcloudの予報。

朝6時に起床。軽くサンドイッチを食べて、前日にお風呂場で洗濯した少し湿っているウェアを身につけ、朝8時に出発です!

前日に小貝川を離れた田野橋まで戻り、更に上流を目指します。ここから先はCRが無いので、一般道を走りました。

すぐに益子町に入り、水田や集落を横切る道を走ると少し大きな道に出ました。

ここまで30分程度なのですが・・・・

トイレに行きたいなぁ・・・・。

と私。

まだ開店前の外池酒造さんが、快くトイレを貸してくださいました。どうもありがとうございました。

おいしそうな日本酒を試飲したいのは山々ですが、自転車ではそうも行きません。後ろ髪を引かれながら、先を目指しました。

このあとも一般道を走りますが、少し走るとこんな標識がありました。

おっ!サイクリングロードがあるじゃん!!

やっぱり、サイクリングロードは川のそばを走れて気持ちが良いし、走りやすくてよいなぁ~と思ったのですが・・・・、小貝川が支流の桜川と分かれる場所で舗装されたサイクリングロードはすぐに終わってしまいました。やっぱり・・・。そんなにうまくはいかないですね・・・。

この先は、小貝川がどこを流れているのか全く分からない場所をひたすら走ります。橋がある毎に近寄って目にする小貝川は、どんどん細くなって行きました。

小貝川源流にたどり着く前に既におなかが空いてしまった私達。私達が見た小貝川最上流のこの橋で休憩し、途中のコンビニで仕入れたおにぎりを食べました。

小貝川源流まではあと少しです。

この辺りは水田だけでなく、畑にも色々な作物が植えてありました。たわわに実った梨、背よりずっと高いとうもろこし、たくさんのナス、トマト、きゅうり、かぼちゃ。懐かしい風景で、眺めているだけで何故だか笑顔になります。

が、この辺りのアップダウンにちょっとやられ気味の私。実は、出発直後からずーっと上っている気がしていたのですが、アシストくんに

気のせいだよぉ~

とサラッといわれ、そうなのかなぁ・・・と信じていたのですが、やはり道はずっと上っていたようです。じわりじわりと脚にきていたのですがここにきて目に見えるアップダウン。ちょっとつらい・・・。

と、目の前に見えたのは一台のバスとそこから降りてくる人々。

小貝川源流に来た観光バス???

そんなに有名な場所なの???

私達の頭の中には大きなクエスチョンsign02がたくさん。

近寄ってみると、確かにそのバスは小貝川源流に停まっていました。どうも福岡堰に関係する方々が研修に来ていたようです。小貝川源流は予想外ににぎわっていました。

そして、小貝川源流、小貝池の碑の前で記念撮影。

ここまでよく来たぞ~。

そして、小貝川の始まりは・・・・

こんな池でした。普通・・・・岩の間から水が湧いて出たりするもんじゃないのぉ??と思いましたが、そんなことを言ってもコレが源流なのです。

この池から漏れ出した水が、このように流れ出し、小目沼橋を飲み込んでしまうくらい大きな川になるのです。

小貝川を制覇した余韻に浸る暇も無く、私達は次の目的地に向かって出発しました。

来た道を途中まで戻って、茂木町に向かい那珂川を目指します。ここの道が・・・・・上るんだなぁ・・・。でも、茂木町との境を越えたらその先は下り基調で助かりました。

そして、きもちよぉ~く下ると橋にたどり着きました。那珂川に到着です。

橋から川を眺めると、こんな風景。ここ、大瀬には鮎とりの大きなやなが仕掛けてあります。この仕掛けの上で鮎をつかみ取りできるそうなのですが、川が増水していたせいなのでしょう、今日は人がいませんでした。

下に降りてこの仕掛けをじっくり見る前に・・・・、もちろん食事です!!当然鮎ずくしの昼食を頂きました。

鮎飯、鮎の塩焼き、鮎のフライ♪中でも鮎の塩焼きが絶品でした。鮎どころか川魚を食べることも最近はほとんど無いですが、本当に美味しかったです。子供の頃、父が釣った川魚をその場で焼いて食べたのを思い出しました。

鮎のつかみ取りが出来なかったのは残念でしたが、那珂川のひんやり気持ちよい流れに手をつけて、川遊びを少し楽しみました。河原には何人もの人が遊んでいました。あ~、私も川に入りたかったなぁ~。

のんびり過ごした後、記念撮影をして出発しました。

このあとは、那珂川をひたすら下るだけ。下り基調でしょう!!と思っていたのですが・・・・江戸川や荒川のように整備された川沿いのCRがあるわけは無く、那珂川に沿って走る一般道は・・・アップダウンの宝庫でした。

しかし、橋から眺める那珂川の流れは、あまりにも雄大で上りの疲れなどすぐに忘れさえてくれました。

石ころがたくさんの河原がある川。子供の頃川で遊んだ経験からか、そんな川が大好きな私。河原で遊んでいる家族連れやカヌーで川下りをしている人たち、1人船に乗って釣りをする釣り人。すべてが微笑ましくて、とても嬉しい時間でした。

途中工事中の砂利道がありちょっとビックリしましたが、眺めを楽しみながらアップダウンを頑張って越えて、下流まで下ってきました。那珂川も下流にはCRがあるので、そろそろCRがあるかなぁ??と期待して土手を観察しながら走ります。

が、土手がこんな風にいきなり終わってしまったり、なかなか整備されたCRを目にすることが出来ません。

やけくそになった私達は、土手の横の砂利道を一キロほど走りました。

が、コレがあとできいてくるんだなぁ・・・。やめときゃいいのに。

少ししてやっと舗装されたCRになりました。あとはこのCRをただひたすら走ればゴールです。

が・・・・、序盤のアップダウンのせいか、一キロの砂利道のせいか、空腹のせいか・・・すっかり力がなくなりました。補給をして走りますが、自慢のおしゃべりも出来ない私。ちょっと辛かったです。

そんな私を、

駅に着いたら甘いものを食べようね!!

といって励ましてくれたアシストくん。ありがとーーー!!

おやつ!おやつ!!

の掛け声で前に進みます。

すると、前に水戸市街の高い建物が見えてきました。ゴールはもうすぐです。

今日のゴールは勝田駅。水戸を過ぎて少し走って駅はすぐそこ。という時に現れた坂を恨みながら上り、無事に勝田駅にたどり着きました。

アシストくんの顔も疲れきっていますね。

このあと、約束どおりおやつを食べて、常磐線-武蔵野線を乗り継いで家に帰りました。

初の泊りがけサイクリング。楽しい二日間でした。が、もう少しスピードをつけて、時間に余裕を持って走れるようになると良いなぁ。とも思いました。でも、まあ、ぼちぼちですね。

この日走ったルートはこちらです。

  • 場所:真岡-小貝川源流-大瀬-那珂川-勝田駅
  • 時間:9時間23分(8月11日からの累積:262時間)
  • 距離:103.4km(8月11日からの累積:3530.7km)
  • 平均速度:16.5km/h

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

小旅行1日目 小貝川CRを真岡まで

【小貝川&那珂川ミニツーリング 1日目】

17日、日曜日。天気は曇りcloudの予報。

今日の目的地は栃木県真岡市。小貝川CRをひたすら上流へ向かって走ります。

空は厚い雲が覆っていますが、雨は落ちていません。夏とは思えないような涼しさの中、朝9時に出発です!

おおたかの森→新大利根橋→守谷→稲豊橋で小貝川CRに入る予定です。

しかし30分も走らないうちに、おおたかの森辺りで雨rainが降ってきてしまいました。

雨降らないっていったじゃん!!

幸いなことに雨は小雨程度。豪雨だけはやめて!と祈りながらの走行です。守谷のコンビニでトイレを借りて準備万端。小貝川CRのスタートです。

稲豊橋から見た久し振りの小貝川は、前日夜の豪雨の影響で大増水していました。茶色く濁ったすごい量の水で埋め尽くされています。ということは・・・、気になるのは沈下橋の小目沼橋です。沈下してしまっているのでしょうか?

少し走って見えてきた小目沼橋はかろうじて水面から顔を出していました。2月の様子4月の様子とはまるで違います。

前の晩は浸かってしまっていたかもしれませんね。

今日はさすがに渡るのはやめて、上流へ向かいました。

お天気は、弱い雨が降ったり止んだり。止んだかな??と思うとまた降り出します。結局一日中こんな感じでした。

2つ目の沈下橋、川又橋を渡ってすぐの水海道のコンビニで昼食のおにぎりを仕入れてリュックに詰め込み、CRに戻りました。

4月に走ったときにとても印象に残った小貝川の周りの風景ですが、8月の風景は・・・普通でした。普通の土手の風景。景色は断然春の勝ちだなぁ~。

3つ目の沈下橋、常総橋を渡り福岡堰に着きました。

福岡堰を渡るアシストくんです。堰の大きさが分かりますね。

堰を渡って少し走ったところでお昼にしました。このおにぎりの美味しいこと。でも、2個じゃ足りなかったなぁ・・・。ぐうぅ。

再び走り出したCRの上に見えてきた黒い雲。今度こそ雨がきそう・・・。大丈夫かなぁ。

下妻の小貝川ふれあい公園でトイレ休憩。コスモスが咲いていました。

このふれあい公園には国蝶オオムラサキを観察できる場所があります。ここでオオムラサキを見るのを密かに楽しみにしていた私、だったのですが・・・残念ながら見つけることが出来ませんでした。またリベンジします!

小貝大橋を超えて、今まで走ったことの無い小貝川に入りました。ここから先、小貝川がどうなっているのかワクワクです。

小貝大橋を過ぎると、遠かった小貝川がこんなに近くを流れていました。この辺りは土手の高さが低く、時には土手が無いことも。

上流にきたなぁ~。という感じです。

その少し上流に、おや?

沈下橋だ!!

少し疲れていた私は一気に元気が出ました。沈下橋を見ると元気が出ませんか?

この橋(名前が分からないのですが)の長さを最初の小目沼橋と比べてください。川幅が全然違いますね。どんどん支流が分かれ、小貝川は細くなってきています。

沈下橋スタンプラリー続行中の私達。この橋も当然渡ります。木の上にアスファルトが載せられていた形跡があるのですが、既にはがれてボロボロ・・・。車輪を取られないように気をつけて渡りました。

沈下橋を渡って元気が出た私達は、CRを快走!しますが・・・・

砂利道になって行き止まりです。水戸線の線路が横切っています。仕方なく一般道に降りて線路を回避。階段を歩いて上って再びCRに戻りました。

この辺りからは、残りの距離ばかりが気になります。

あと何キロ?あと何キロ?

と何度もアシストくんに尋ねました。もう少し、もう少しと自分を励まします。

ん??んん???

そんな私の気持ちを知ってか目の前にもうひとつ沈下橋、川澄橋が見えてきました。

よし!渡ろう!!

と、橋を目指しますが何だか様子が変。

老朽化のため、既に通行止めでした。悔しい。渡りたかったなぁ・・・。こんな感じで、小目沼橋や先ほどの沈下橋も渡れなくなってしまうのでしょうか?沈下橋ファンの私としては残念です。

このあと少し強く降ってきた雨。でも、その雨が上がるとき、虹を見ることが出来ました。ミスチルの「蘇生」が私の頭の中に流れます。そして、曲の歌詞の通り、カメラを向けたら虹は消えてしまいました。

もうすぐ今日のゴールという地点で、山肌から湯煙のように立ち上る水蒸気をたくさん見ることが出来ました。

こうやって雲が生まれるのかなぁ??

最後は橋の数を数え、ゴールまでカウントダウン。やがて土手は無くなり、今日最後の橋田野橋にたどり着きました。バンザーイ!

小貝川○○キロ

という標識の下で証拠写真を撮らなくっちゃ。と思って、標識を探しますが・・・ありません。あの標識は土手の上にしか存在しないもので、既に土手が無くなったこの場所にはその標識が立っていないのです。

ということで、ちょっと格好悪いですが、

小貝川78キロ地点!!おめでとーーー!

ここから真岡駅に向かって走り、

さきほど小貝川と別れた五行川と再開。この川のすぐ近くの宿に泊まります。

チェックインを済ませたあと、ちょっと散歩。

残念ながらSLは見られなかったけれど、ちょうど一両走ってきました。派手な車両です。駅舎もSLをかたどってありました。

近くで食事と買い物を済ませ、宿に到着。建物の中に自転車を入れさせてもらい今日の旅は終了。

明日はいよいよ、小貝川の源流に向かいます。

  • 場所:おおたかの森-新大利根橋-守谷-小貝川CR
  • 時間:7時間58分(8月11日からの累積:253時間)
  • 距離:100.3km(8月11日からの累積:3427.1km)
  • 平均速度:17.1km/h

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

自転車で初の小旅行 小貝川&那珂川

昨日の月曜日に休みを取って、17日、18日に自転車で一泊二日の小旅行に出かけました。

詳しい旅の内容はまた日を改めて記事にしたいと思います。今日は概要を。

初日は小雨の降る中、小貝川CRをひたすら上流に向かいます。前日夜の大雨で異常増水した小貝川を眺めながら、以前訪れた下妻よりももっと上流の真岡まで行き、宿に泊まりました。夏の暑さはかけらも感じられず、涼しさを通り越して少し寒く感じました。ただ、雨は降ったりやんだりで、降っても小雨程度。熱中症を恐れながらよりも良かったです。

二日目は、小貝川をさらに上流に向かい、小貝川の源流まで走りました。いくつかの町を抜けた田園風景の途中にそれはありました。小貝川制覇!です。そのあとは、那珂川に向かい、美味しい鮎を食して大満足。小貝川とは全く姿が異なる雄大な流れを眺めながら川を下ります。川を下るんだから基本下り基調でしょう!と思っていたのですが、そんなに甘くなかった・・・。ゴールの勝田駅にたどり着く頃にはヘロヘロになっていましたが、何とか到着。

一日100キロずつ、合計200キロの小旅行を無事に走りきりました。

まだまだ自分の実力不足も感じましたが、なんとも充実した二日間、思い出に残る夏休みとなりました。

あ、そしてひとつ嬉しいことが。実は今、久々の筋肉痛に襲われています。ももの前と横の筋肉痛が主なのですが、ももの裏とお尻の筋肉もちょっと痛い。引き足を少しは使えたのかなぁ??と、ちょっと嬉しい筋肉痛です。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

2レース制のもてぎラウンド

先週の週末は、もてぎでフォーミュラニッポン観戦でした。

今シーズンから取り入れられた、第1レースの結果を受けてリバースグリッドで第2レースを戦う2レース制。なかなか面白かったです。私は好きだな~。ちょっと慌ただしいけれど、現地観戦したときの楽しみが倍増!一日中盛り上がれます。

土曜日の予選は、ドライブミスのためQ1でロッテラーとブノワがノックアウトされてしまいちょっとびっくりしました。が、予選で一番盛り上がったのはQ3での小暮と松田のポール争い。

小暮がアタックのためにピットアウトすると、

すぐ後を追って松田もピットアウト。

ドキドキさせる展開です。アタックラップでは、序盤は小暮がリードしていましたが、最後に松田が逆転!

ヤッター、ポール!!

とS字コーナー横でカメラ片手に喜ぶ私。が、しかし、場内放送から

小暮が2周目もアタックを続けて、全体のベストで来ています!!

との実況が聞こえてきました。星野監督のインタビューにも書かれていましたが、私も、

やられたっ!!

と、思いました。この週末はずっと小暮の調子が良く、ポールを取って当然という走りを見せ付けていましたから、やっぱり小暮か??と思ってしまいましたが、最後の最後で松田のタイムに後れを取り、松田くんの6戦連続ポールが決定しました。ふぅ~。驚かさないでよぉ。

そして、日曜日第1レース。

ポールの松田くんは、スタートをうまく決めて先頭で1コーナーに突入。一方の小暮はスタートを大失敗して大きく後退しました。後で聞いた話ではクラッチトラブルがあったそう。週末ずっと調子が良かっただけにかわいそうな小暮。今年はついていません。

その代わりに最高のスタートを決めたのが金石。2番手に上がりました。

実は、この日の第1、第2レースの鍵を握ったのはこの金石でした。

第1レースでは、3番手のデュバルを抑えます。このおかげで松田くんは後方との差を広げることが出来ました。しかし、少してこずったものの金石をパスしたデュバルは、すごい勢いで松田くんを追い上げてすぐ後ろにつけました。

このときに起こったのが平手くんの大クラッシュ。マシンが宙を舞いました。肋骨を骨折してしまったらしいのですが、その程度の怪我で済んで本当に良かったと思わせる事故でした。

この事故で出たセーフティーカーがピットに戻ると、再びデュバルが松田くんを追い立てます。なんとか逃げ切れるか?と思いましたが、明らかにデュバルのスピードの方が速く、松田くんは90度コーナーでパスされてしまいました。この後は順位を守り2位でフィニッシュ。でも、笑顔はありませんでした。

このレースの終盤を盛り上げてくれたのは本山でした。序盤のフロントウイング交換で最後尾に下がっていた本山は、SCのおかげで離れた前とのタイム差を詰めただけでなく、この間にタイヤ交換を行いました。この作戦は素晴らしかった。新しいタイヤで前をどんどん追い抜き、第2レースのポールポジションとなる8位まであとひとつにまで迫りました。しかし、後一歩及ばず9位フィニッシュ。すごくいい作戦だったのに惜しかったなぁ。

このあと2時間ほど間があいて第2レースです。1レース目の結果、ポールは土屋、2番手は荒、3番手は金石。なんだかすごい顔ぶれです。いぶし銀な感じ??松田くんは7番グリッドからのスタートです。

ドキドキのスタートは・・・・

土屋が痛恨のエンジンストール。初優勝の夢は消え去ってしまいました。土屋を横目にトップに立ったのは荒でした。

そしてここでも登場するのが金石。抜群のスタートを決めて3位にあがった松田を抑えます。抜きにくいもてぎのコースでは、少々マシンが速くても簡単に前を抜くことは出来ません。松田が金石に抑えられている間に、荒はどんどん逃げてしまいました。

荒との差が決定的に離れてしまった頃、金石のマシンにトラブル。そのおかげで松田はやっと2位に上がりました。しかし、前戦に続いてマシントラブルで表彰台を逃した金石。こちらもつかないなぁ・・・。

2位にあがった松田くんは、一周で1秒ずつタイムを縮めて前を追います。が、時既に遅し。すぐ後ろまで追いついたときにはもうファイナルラップでした。

荒選手がフォーミュラニッポンで初優勝です。おめでとー!

リバースグリッドでの勝利なのでちょっと微妙です。と言っていましたが、表情は本当に嬉しそうでした。

そして、ポール&二つのレースで2位を取って、この週末13ポイントを積み上げた松田くん。第2レースが終わった後はニコニコ良い顔をしていました。

次の富士で、松田くんのチャンピオンが決まるかな??

あ、そういえば、この週末の松田くんは足を少し引きずるようにして歩いていました。ブログによると左膝を痛めているとのこと。大したことが無ければ良いのですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

IMPULサポーターチケットで週末を満喫

先週末は、ツインリンクもてぎでフォーミュラニッポンを観戦しました。

レースも色々なことが起こり大変楽しむことが出来ましたが、いつものようにレース展開のブログアップは写真の整理が終わってから行います。

今日はIMPULサポーターチケットで楽しんだ週末の出来事を書くことにします。

前回出かけたもてぎラウンドに引き続きIMPULサポーターシートのチケットを購入しました。松田くん、今回も頑張ってよぉ~。ということで。

土曜日にはミニピットツアーが行われました。幸運にも抽選に当ったので、私達も参加することが出来ました。普通は入れないピットに入れるなんて夢のよう♪

ツインリンクもてぎエンジェルに連れられてたどり着いたのはIMPULのピット裏。普通は入れないパドックエリアです。ここまで来る途中で、

あ、ブノワだ!

普通にドライバーが歩いたり、くつろいだりしています。これがパドックエリアなのねぇ~。

IMPULのピットでは、メカニックの皆さんが予選に向けてマシンのセットアップ中。何が何だか分かりませんが、かっこいーぞぉ~。

こんなに近くで作業を見せていただけるなんて、ありがたいです。

そして、その横には

マシンから取り出されたシートが。これに松田くんはスポッとはまってドライブするのですね。本当に狭そうで、膝なんて全く動なさそう。こんな場所で過酷なレースを戦うなんて、すごいですね。

この後、忙しい中星野監督が現れて、少しお話を聞かせてくれました。いい人だぁ~。

時間は短かったですが、いつもは経験できない楽しい経験をさせていただきました。

そして、ピットの裏ではこのような光景がありました。

タイヤの天日干しです。F1と違ってタイヤウォーマーの無いFポンでは、こうやって少しでもタイヤの温度を上げようとしている・・・のだと思います。

その後、グランドスタンドに戻るときに、先ほどファンサービスをしてくれた星野監督が自転車に乗っている姿を目にしました。

サーキットは広いですから、移動は自転車なのですね。

さて、この星野監督。次の日の日曜日にもファンサービスをしてくれました。

観戦席に来てくれて、またもお話をしてくれました。でも・・・・周りがうるさくてほとんど聞こえなかったのですけど。

たくさんの人にサインもしてくれていました。

星野さん、本当に良い人です。星野さんがレースをしていた頃のことは知りませんが、ファンになってしまいそうです。

土曜日、日曜日といくつかのイベントのおかげで楽しい2日間になりました。

ところで、今回のツインリンクもてぎにはちょうちんが・・・・。

近く行われる花火大会に向けたものだと思いますが、何だかちょっとレースには似合わないなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

サイクリストの見分け方

先日、会社の会議中(暇だったので)ボーっと人を見るでもなく見ていたら、手首から先だけ妙に白く腕は真っ黒に日焼けしている人を発見。

おっ、これやもしや!!?!?!

と思って後で確かめたら、やはりサイクリストさんでした~。

この時期、手首から先を見たら自転車仲間をすぐに見つけることが出来ますね。

あっ、でもアームカバーをしている方はこの方法では分かりませんねぇ。そういう私もサイクリストの目印はついていません。そういえば。

皆さんの手首にはくっきり印がついていますか?

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

手賀沼の昼と夜

記事が前後してしまうのですが、昨日の記事の前日の土曜日。手賀沼の花火大会を見に、車で手賀沼に出かけました。

が、手賀沼に車で出かけるだけなんてありえな~い!!

ということで、当然自転車を車載です。

昼は自転車、夜は花火。そして、花火の後は温泉。というハードスケジュール。

市役所横の臨時駐車場に車を停め、自転車を組み立てて出陣です。

普段は手賀沼の南側を走ることが多いですが、今日は北側の遊歩道をのんびり走り始めます。

走り始めてすぐに、「花蓮」の案内板がありました。10さんが以前教えてくださったのは、コレだ!!

と、脇にそれてみると花蓮の畑がありました。もう、ピークはとっくに過ぎてしまっていて、豚っ鼻(と、家では呼んでいる花の跡)ばかりでしたが、少し花も残っていました。

もう夕方なのに、咲いていてくれて感謝です。

すぐ横にある野菜の直売所にも惹かれましたが、荷物は持てません。諦めて、遊歩道に戻りました。

今日は夜に花火があるので自転車で走れるかどうか心配でしたが、手賀大橋より東側は、所々に場所取りをしている人がいるくらいで、普通に走ることが出来ました。

途中で休憩すると、沼で鳥が運動会をしていました。急に水面を走り出す(飛ぶのではなく走るのです)小鳥達と、それについていく親鳥。

鳥は忍者のように水面を走るのですね。愛らしい運動会をしばし見学しているとお腹が空いてきました。

お腹が空いたねぇ・・・・

と、道の駅を目指します。

が・・・・、道の駅のレストランは2時にて閉店。花火に向けて貸切り状態になっていました。

が、がーーーーーーん

かろうじてパンは残っていたので、数個のパンと屋台で焼きそばを仕入れて、蓮の群生まで戻り、補給しました(予想外に美味しかった焼きそばに感動!)。

お腹が満たされて落ち着いた私達は、蓮の様子を観察。

つぼみはたくさん見られますが、どれも閉じています。明日は咲いた蓮を見られるはず!!と期待に胸が膨らみます。

まだ花火開始には時間があるので、もう一度手賀大橋の東側を半周してくることにしました。

曙橋からはこのような夕日を見ることができました。もうすぐ、花火が始まります。

手賀大橋から道の駅に戻り、花火の観賞場所を探します。

橋の西側はすごい人だったので、橋の東側の蓮の群生のちょっと先でちょうど良い観賞場所を見つけました。自転車を停め、花火が始まるのを待ちます。

10さんサスケハナさんは何処にいるのだろう。でも見つけられるはずも無く・・・・

花火が始まると、1時間半きれいな花火に見とれました。

あ、魚。あ、蛙だ!!

と、恥ずかしげも無く声を上げる私達。寝転がってでも花火を見られるゆったりとした贅沢な花火鑑賞になりました。

花火鑑賞の後はゆったりと温泉につかり、翌日の手賀沼ポタの予習は終了です。

初めて訪れた手賀沼の花火は、混雑とは無縁の場所で鑑賞が出来て大満足でした。

  • 場所:手賀沼CR
  • 時間:1時間53分(8月11日からの累積:235時間)
  • 距離:21.4km(8月11日からの累積:3254.4km)
  • 平均速度:15.1km/h

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

手賀沼新発見ポタ

昨日の日曜日、10さん企画の手賀沼再発見ポタに参加させていただきました~happy01

最初に感想を。

すっごく楽しくって、すっごく興奮して、すっごく暑かった~

そして、10さんの庭の手賀沼のことを私はまだ何も知らないことが分かりました。だから、再発見ポタではなく、私にとってはすべてが新発見のポタでした。

まず、10さん。いつものことですが、すべての取りまとめと当日のお世話、どうもありがとうございました。おしゃべりに熱中している私をさりげなく促してくださったこと、本当に感謝しております。そして、ご迷惑をおかけしました。

ということで、既に皆さんが詳細を報告されていますが、いつものように書いてみたいと思いまーす。

集合は、朝9時に道の駅しょうなん。

今日は、珍しく余裕!と大堀川沿いを走っていると、すごいスピードのサイクリストさんがびゅーんと追い越して行かれました。私はつい「はや~い」と叫んでしまったのですが、そのお方が実は後でお会いすることになるたすけさんだとはこの時には知りせんでした。

しょうなんに到着すると、既にすごい数の自転車と人。このグループだよな~と思って近づくものの、

ん??知らない人ばっかり。別の団体かも・・・?

と逃げようかと思いましたが、かろうじて10さんを発見。別の集団ではなかったようです。だって、KAKAPOさんもヘルメットが変わり、ジャージも新しく、全くの別人なんですもの。全然分かりませんでした。後で10さんも騙されちゃってました。

bunaibuさんtomoさん、tomoさんJr.とご挨拶していると、サスケハナさんご夫妻の登場です。ブログで拝見していた飴の交換などなど、早速おしゃべりに花が咲きます。が、そうこうするうちに全員そろった様子。

今日は総勢18名。遅れて参加の横山さんご夫妻を除いて16名がここに集合。初めてお会いする方も大勢いらっしゃるので、まずは簡単な自己紹介です。

まっちさん東葛人さん、たすけさん、ギャンブルレーサーさん、taroさん、ヤマモトさんと初めましてです。そして、以前OBでご一緒したkaccinさんを加えて16名です。すごい人数。

16名の車列で向かうのは・・・・、道の駅から目と鼻の先のハスの群生地。朝寝坊が得意の私達は咲いたハスはそうそう見ることが出来ませんcoldsweats01。とても楽しみにしていました。

透き通って向こうが見えそうなハスの花。大きくて見事でした。

この後はCRから離れ一般道を10さんの後ろについて走ります。方向感覚が欠損している私は、何処を走ったのか分かりませんでしたが、とにかく坂が・・・・上っては下り、下りては上り・・・。細かいアップダウンが私(達?)を苦しめます。

10さんも坂練好き?!?!なのか??と疑ってしまいましたが、日差しが強く、暑いので木々が日差しをさえぎる道を選んでくださったのだそうです。10さんの優しさの結果生まれた坂練だったのですね。後ろで、

うわぁ~また坂だぁ・・・

なんて、騒いでませんでしたよ。坂練が終わると、田んぼの中を走り・・・・・・・・・気がつくと川めぐりの出発地、印西市中央公民館に到着していました。なんでも、この時に通ったルートがツインレイクで通る道だとか。ゴメンナサイ。10さん・・・・全く思い出せません・・・です。

川めぐりの出発時間まで、補給をしながらしばし休憩。ここで横山さんご夫妻と合流です。が、ゆるさんが熱中症だそう。今日は本当に暑くなってしまったから、大変そうです。ふらふらの状態でご登場でした。そして、サプライズはE-ponさん。あれれ??いつの間に???

こうして、全員+スペシャルゲストで印西ぶらり川めぐりです。

皆さん、口々に仰っていましたが、川めぐりは最高でした。普段土手から見下ろしている川も、船から見ると全く別の世界です。川を吹いてくる風は涼しく、全く暑さを感じませんでした。気持ちよい風のせいか、船のあちらこちらでおしゃべりが盛り上がります。

メインイベント(?)の船頭さんの網上げで、盛り上がりは最高潮に!!

船で過ごした一時間は本当にあっという間でした。

このまま鳥善まで連れてってーーー!!

と、我がままを言いたい気持ちをぐっと抑えて再び自転車にまたがり、自転車で鳥善に向かいます(当たり前ですね・・・)。

手賀沼までは最近開通したばかりの手賀川沿いのCRを走ります。風は強いもののまーっすぐで走りやすい道。となれば、始まるのはスプリント競争。トップを取ったのは誰だったのかな??

手賀沼に戻っても強い向かい風との戦いは続きましたが、この強風に耐えて走ってきた私達を待っていたのは、鳥善のランチでした。私は親子丼を頂きまーす!

驚いたのはその大きさ。家で食べる2人分以上の量があると思われるご飯の量。美味しかったですが、最後は完食するためにちょっとムリをしました。ふぅ~、満腹。でも、デザートは別腹なんだな♪

横山さんの楽しいお話を楽しく伺い、大量の水を消費して生き返った私達は、再び10さん先導で、今度は手賀沼の北側にあるハケの道に向かいます。

この道は初めてでしたが、面白そうな場所でした。昨日は、志賀直哉邸跡を訪れましたが、

これ以外にも、たくさんのスポットの案内板が立っていました。再びのんびり訪れたい場所です。もちろん、お煎餅屋さんが開店している時に!ね、10さん!!

最後に最高のオチを用意している辺り、さすがプロのツアコンです。

手賀沼の南岸に戻って、スタート地の道の駅に到着。予定の行程は終了、解散です。

少し涼んだ10さんとKAKAPOさんは、2人で浅間橋まで走りに行ってしまいました。私も是非ご一緒したかったのですが、

暑さのせいか?鬼の坂練のせいか?向かい風のせいか?

自分でも不思議なほどのバテぶり。とてもご一緒することは出来ませんでした。

ゆずソフトクリームを食べる元気もあまり無く(重症ですね・・・)、家までの15キロをトロトロと帰りました。家にたどり着けてよかったぁ~。

もっと、走りこんで、体力をつけて臨みますので、皆さんまたご一緒させて下さい!そして、昨日は楽しい一日をどうもありがとうございました♪

  • 場所:大堀川CR-手賀沼CR・・・不明・・・手賀沼CR-大堀川CR
  • 時間:9時間34分(8月11日からの累積:245時間)
  • 距離:72.4km(8月11日からの累積:3326.8km)
  • 平均速度:17.2km/h

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »