« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の11件の記事

2008年9月30日 (火)

結縁寺 ご開帳ポタリング

28日の日曜日は、サスケハナさんが企画して下さった「結縁寺 ご開帳ポタリング」にご一緒させていただきました~。

9時半の手賀沼集合に向けて、8時半出発。

しかし、寒い!!!

日除け用のアームカバーとレッグカバーは着けているものの、真夏と全く同じ格好の私達。ちょっと、失敗したか??とにかく、体を暖めるために走ります。

手賀沼に到着すると、既に大勢の方が集まっていらっしゃいました。

いつも仲良しサスケ&ハナさんKAKAPOさんはいつもとちょっと違うカジュアルな格好がお似合いでした。で、この寒いのに、いつも元気な(二日酔いの)10さんは半袖、半ズポン!!bunaibuさんは、初披露のビアンキ号で今回も自走、すごい!!そして、横山さんは、ナリーニのジャージでカッコよく上下決めてましたね~。ヤマモトさんは、しっかり冬装備。ワンピースのジャージに見とれてしまいました。そして、飛び入り参加のギャンブルレーサーさん。手賀沼再発見ポタに引き続き、ご一緒でーす!!

そして、少しするとKENさんご登場。なんでも家を出てすぐにパンクしてしまったとか。でも、私達のせいじゃないですよぉ~。

ここで、サスケハナさん手作りの資料を頂き、初めて結縁寺の読みが「けちえんじ」であることを知りました(勝手に”ゆいえんじ”と読んでいました)。そして、今から訪れる場所の言い伝えも。予習は大事です。

そして、全員そろったら、早速出発!手賀沼サイクリングロードを走って、最初の訪問場所「滝田家」に向かいます。

この写真は、出発直後の隊列。アシストくんが、殺気(?)を感じて振り向いちゃいました。

この頃から既に私は千切れがち。この時、先頭を牽いてくださっていたのはサスケさんですが、

とにかく速い!!!

結局この日は一日中、「速すぎるよぉ~」と、心の中で叫びながらの走行となりました。

手賀の丘公園の前を走り、カンナの花が点々と植えてあるカンナ街道を抜けて、「滝田家」に到着!

私は「滝田家」の予備知識がほとんどなかったので、まずは、立派な茅葺屋根の大きな建物に驚きました。サスケ&ハナさんのおかげで、ご当主自らのお話を色々伺うことができました。

門構えについて説明を受けたら、まずはコレ↓。サスケハナさんのブログで拝見して気になっていた、一輪車風の道具。

bunaibuさんとサスケハナさんが導いた答えは、大正解!謎が解けてスッキリです。

次は、茅葺屋根の建物に実際にお邪魔して、お話を伺いました。現在も実際に住居として使われているこの建物。重要文化財であるが故の苦労話を伺いました。

下の写真は茅葺屋根を下から撮ったところです。

白く見えるのは、竹を節の部分で切って白く縫ったものが差し込んである「飾り」とのこと。昔の人は手間をかけて家を飾ったのですね。

最後に、土蔵の中のこれまた面白い品々の説明を受けて「滝田家」を後にしました。しかし、ギャンブルレーサーさんが土蔵を見て仰っていた「このフックは何だろう?」という言葉が気にかかっています。確かに、土蔵のいたるところにフック状の金具が取り付けられています。何をかけたのかなぁ??

JUSCOで美味しいトンカツを食べてお腹を満足させた私達は、次の目的地、今日のポタのタイトルになっている「結縁寺」に向かいます。

JUSCOがある千葉ニュータウン中央駅付近は、近代的な高層ビルがニョキニョキ建っていますが、信号だらけの道から少し入ると、昔懐かしい山里の風景。落ち着きますね~。そして、そんな風景の中、目の前に現れた鮮やかな赤。結縁寺の彼岸花です。

それにしても彼岸花の色は、他の花にはないような鮮やかな赤ですね。光を放っているかのようでした。

お寺に到着と同時くらいに、13時からのご開帳が始まりました。お不動様のご開帳に集まられたたくさんの方々を拝見し、地元の方々の思いを感じました。少しの時間でしたが、お話が上手なご住職の素敵な声に耳を傾け、「サボらない、怒らない、奢らない」という言葉が胸に刻まれました。思い当たることが多くて・・・反省。

そして、最後の目的地はすぐ近くの「頼政塚」。

京からこの地まで頼政の首を家臣が運んできたという言い伝えがあるそうです。ハナさんによると、頼政の首塚と言われている場所は他にもあり、龍ヶ崎にもあるとか。

実は歴史が全然ダメで、つい数年前まで「鎌倉時代の次の時代は江戸時代」と信じていた私(大河ドラマ義経のおかげで平安の次であることを知りました・・・)。当然、頼政って誰??という状態です(ゴメンナサイ)。でも、そんな私でも書物の中の出来事が遠い昔、実際に目の前の場所で起こっていたかも。なんて考えると、今現在も歴史の一部なんだな~、昔とつながってるんだ。と、ちょっと興奮してしまいます。

自転車に乗るようになってから、歴史に触れる機会も増え、ちょっと興味が出てきたような~??わくわくして楽しいです。そういう意味でも、今回のポタは本当に貴重な体験でした。

この写真は、頼政塚横の立派な竹林。塚を守っているかのようでもありました。

この後は、手賀沼に戻り休憩。お菓子を頂き、しばらくおしゃべりをしてから、道の駅に向かいました。

最後は有志によるスプリント争いが繰り広げられた模様ですが、私はのんびりモード。遅れて道の駅に着くと、なんとアシストくんがトップを取ったそうです。無理しちゃってぇ~。筋肉痛になっちゃうよぉ~。

別れるのが名残惜しかったのですが、空模様が少し怪しいこともあり、この場所でお開きとして、皆さんとお別れしました。その後雨がポツポツと落ちてきて、遠くから自走でいらっしゃったbunaibuさんのことが気にかかりましたが、ずぶぬれになることはなかったようで、良かった。風邪ひかないでくださいね~。

この日は一日曇天。気温も上がらず寒い一日でした。でも、最近購入したパールイズミのウインドブレーカーのおかげで、寒がりの私も快適に過ごせました。ウインドブレーカーの威力は絶大ですね。

あ、そうそう初サイコン記念日のこの日でしたが、使い方は分からないし、ピコピコうるさいし、まともに使えませんでした。というわけで、今回もアシストくんの記録を拝借。

  • 場所:おおたかの森-手賀沼-滝田家-結縁寺-頼政塚-手賀沼-おおたかの森
  • 時間:6時間16分(2007年8月11日からの累積:285時間)
  • 距離:75.1km(2007年8月11日からの累積:3848.1km)
  • 平均速度:18.2km/h

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

自転車、帰って来ました

15日の日にSwacchiさんに預けた自転車

ピカピカshineになって、きょう帰って来ました~。

チェーンとブレーキシューを交換してもらい、ワイヤー類も点検してもらって、これでまた一年間あっちこっち乗り回すことが出来そうです。

フレームもピカピカになっていましたが、一番驚いたのは、ディレーラー。新車のように光り輝いています。

この状態を維持できるように、アシストメカニックくん。頑張ってくれたまえ。

あ、そして、注文していたブツは、既に自転車にセットされていました。

そう、サイコンです。一年間サイコンなしで過ごしてきたのですが、ついに買ってもらっちゃいました~。誕生日プレゼントpresentでーす。

これでケイデンスが分かるようになるのが、ちょっと楽しみ♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

牛タンうまいぞ!

牛タンうまいぞ!
へへヘ。
牛タンを食べに仙台にきています・・・・

あ、まちがった。
レース観戦のために、仙台に来ています。
同じ趣味の仲間同士の出会いもあり、楽しい週末になっています。
仙台さいこ〜!!!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

シャカリキ!とハンスホールベック

前日、荒川をお腹も、心もいっぱいになるまで楽しんだ私達。

しかし!三連休の最終日は再び自転車でお出かけしました。

映画鑑賞+有名レストランでランチ

となれば、お決まりのデートコースにも聞こえますが、私達は自転車乗り。自転車三昧の一日でした。

まずは、シャカリキ!を観るために、おおたかの森に向かいます。上映は朝10時半の一回だけなので寝坊は出来ません。

シャカリキ!の原作コミックを読んだことはありませんが、自転車乗りとしてはやっぱり観に行かなくっちゃ!!ということになりました。

内容について書くことは差し控えますが、映画で使われている自転車、ウェア、小物などなど、色々なところに目がいって楽しめました。

また、撮影に使われている場所も気になりました。特に、昨年ジャパンカップを観戦するために訪れた宇都宮森林公園。撮影であの急坂を走ったんだ・・・と思うと、拍手でした。

上映が終わると12時半。お腹はグーグー音を立てています。おおたかの森SCでランチを食べたい欲望をぐっと我慢し、羊羹で補給をして守谷に向かいました。

そう!そうなのです。10さんサスケハナさんが訪れた記事を読んで、ずーっと行きたかったハンスホールベックにやっと行くことが出来ました。

お店の前には、数台の自転車が。自転車乗りさんの定番ランチのようですね。3種類のランチの中から、2人ともローストポークを選択。

前菜。

スープ、パン、メインディッシュ。

ローストポークは柔らかくてジューシー。本日の腸詰めは、ふわっとしてて優しい味。パンもスープも美味しくって、量も私にとってはちょうど良かったです。

こんな贅沢なランチ・・・・、いつも食べたい。また、来ようと誓って店を後にしました。

すぐ近くのTREKコンセプトストアOn the Roadに寄り道。たくさんの人で賑わっていました。特に、これから自転車を始めると思われる人の数に驚きました。皆さん、あれこれ試乗して楽しそう。

そんな中驚いたお客さんが一組。50万円ほどする高級ロードを物色しながら、店員さんに、

「こんな自転車を買ったら、外には置いたらかわいそうだねぇ。雨ざらしだからなぁ。」

おじさん、雨ざらしはありえないです・・・・。自転車ブームがこんなおじさんを生むのか??と考えされられる一言でした。

さて、今日の最後の目的地は小貝川の小目沼橋。なんでも、アシストくん情報によると、稲刈りも終わり、小貝川の水かさが減っているらしい。ということで、様子を見に行きました。沈下橋オタク(?)としては、様々な橋の姿を観察しなければ!ということで。

遠くから撮影すると、こんな感じ。8月の大増水時とは別の景色です。でも、まだ真冬ほどは水が引いておらず、残念ながら川岸に下りることはできませんでした。

当然、橋を渡りますが、今回は怖かった。つり人が向こう岸からこちらに向かって歩いてきてしまったからです。すれ違うときは、ドキドキです。何とか無事に渡りきれました。

ここからは、新大利根橋、利根川、運河、江戸川を通って戻ってきました。

途中、新大利根橋を渡りながらサイコンで川幅を計測。荒川の川幅一番の碑がちと納得いっていない私達。で、計測結果は・・・

約2.1キロ

完敗です。荒川さん、疑ってゴメンナサイ。

そして、家に戻らずにSwacchiさんに寄り道。この自転車に乗り始めてもうすぐ一年が経つので、泊りがけでメインテナンスをお願いしました。しっかり見てもらってね~。

そして、ひとつ注文しちゃいましたっ!!つっ、ついに。それが何かは・・・まだ、内緒です!

  • 場所:おおたかの森-新大利根橋-守谷-小目沼橋-利根川CR-運河CR-江戸川CR
  • 時間:4時間05分(2007年8月11日からの累積:279時間)
  • 距離:61.1km(2007年8月11日からの累積:3772.9km)
  • 平均速度:17.4km/h

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

海鮮丼→ジェラート→ソフトクリーム→やきトン&Beer!

なんてふざけたタイトルですが、立派な自転車ネタです。

日曜日は、横山さんの企画「ディープ荒川ツアー」に参加させていただきました。今月末にホノルルセンチュリーライドに出かけられるやじばばさんの壮行会を兼ねたサイクリングです。

江戸サイ組は朝8時に葛飾橋に集合。野田橋から超特急30分でとばしてきたKENさんに休む時間を全く与えることなく、小雨の中、横山さん&ゆるさん、10さんkaccinさん、KENさん、私達の7人で出発です。

水元公園、綾瀬を経由して荒川CRに出ますが、途中で道が・・・・・。横山さん、毎回美味しいとこを持っていってくださいます。前回パンク、今回は迷子。さいこーです!

この辺りに土地勘があるアシストくんが先頭に立ち(ちなみに、私も同じように土地勘はあるはずなので、私が先頭に立っても良かったんですけどぉ・・・ムリでした)、荒サイに到着。

都会の車が多い道から開放されて、ホッ。信号は多いし、道は細いし、車は多い。都会って・・・・、肌に合わないなぁ。

そんな細い道とはうって変わって広々とした荒サイ。脚に自信のある方は、そりゃ~とばしちゃいますよねぇ。という気持ちは分かるんですが、速いよぉ・・・・・!!KENさん。

戸田橋でbunaibuさんと合流。荒サイがホームのbunaibuさんと荒川をご一緒する夢がやっとかないました。嬉しい!!教えていただいた、私が嫌いな秋ヶ瀬公園内の道の避け方。今度ジェラートを食べに行くときに試してみます!!

秋ヶ瀬橋を越えて、秋ヶ瀬公園でYoshitakaさんご夫妻くろばいさん&くろばいBさんと次々に合流。ピカピカに磨いてあるベロンチョとルイちゃんに一同驚嘆。ブロクで見たままの修繕跡(知っていないと分からないほどのプロ仕上げでございました。)、ボトルケージ、ボトルなど等、本物のくろばいさんだ~(当たり前)と、勝手に興奮状態の私達。

一回目の自己紹介を終え、次の集合場所の上江橋に向かいます。そこで更に、やじさん、ぷにさん&ぷにじーさん、のむのめさんご夫妻と合流。・・・そろそろ、わけが分からなくなってきちゃいました。

17人で荒サイをホンダエアポートに向かいます。途中合流されたどなたかの行いのおかげで、この頃のお天気はピーカンsun。天気が良すぎるくらいです。

そして、ホンダエアポートに到着。ここで、本日最後の参加者、百舌さんと合流です。

ホンダエアポートにはたくさんの飛行機が停まっていました。そこに着陸してくる飛行機が一機。

おっ、着陸する飛行機の写真をかっこよく撮るぞ!!!

とシャッターを押した瞬間、飛行機ではない物体にピントが合ってしまいました。

どう見てもヘルメットですね。さぁ~て、誰のヘルメットでしょう??ね??10さん、分かりますぅ??

さて、いい具合におなかが空いてきました。今日のランチは遊膳館のスペシャル海鮮丼

怖いくらいに大きな海老とボリュームたっぷりのお刺し身を堪能しました。

が!当然のごとく、ちゃんと別腹は空いています。私の中では既に、「荒サイ=ジェラートを食べる場所」と記憶されています。当然、榎本牧場にデザートを食べに向かいます。KENさんも

別腹は女の人だけじゃない!!

と、力説していましたもの。

こんな感じで18人で行儀よく一列に並んで、荒サイを走ります。この辺り、榎本牧場の周りの荒サイ好きなんです。周りから隔離された場所のようで。

そして、榎本牧場は、家族連れ&自転車乗りさんで今日もにぎわっていました。

私達は、ブルーベリー&抹茶をチョイス。そして、な、なんと!!恐れ多くも、くろばいさんご夫妻の分まで「お連れ様ですね」ということで、スタンプ押してもらっちゃいました。くろばいさん&くろばいBさん、ありがとうございました~。でも、スタンプカード作らないんですかぁ??お得ですよ!!(榎本牧場の回し者・・・ではないのですけど)

と、楽しかった時間もあっという間。ジェラートを食べたら、荒川を下る組とさらに上る組の二手に分かれます。私は、まだまだ荒川を満喫できる上流コースを選択。半分の方々とここでお別れしました。また、どこかでご一緒しましょう!!

再びホンダエアポートを通過し、更に上流へ。どのくらい走ったでしょうか?

この写真は、桜の木に両側を覆われたさくら堤公園で休憩しているところです。脇には彼岸花がかろうじて残っていました。夏でも桜の木が日差しをさえぎってくれるので、やじさんはこの場所を何往復かするとのこと。このときも、涼しく気持ちよい風に包まれていました。が、、、桜といえば・・・け・む・し。気がつかなければ幸せだった。。。のに。被害にあわないうちに退散しました。

そして、次は吉見総合運動公園。ここでは屋根の下のベンチでまた休憩。荒サイ周辺は、休憩場所、トイレがたくさんあってよいなぁ・・・。

ここで、ぷにさん&ぷにじーさん、のむのめさんご夫妻とお別れしますが、お別れ間際に重大事実が発覚!のむのめさんの旦那様がレースにお詳しいとのこと。またご一緒して、レース談義に花を咲かせなければ!!また、よろしくお願いしまーす。

ここから先は、地元の百舌さん先導で、やじさん、横山さん&ゆるさんと道の駅「いちごの里よしみ」にソフトクリームを求めて走ります。え?さっきジェラート食べたでしょって?そんなのとっくに消化しちゃいました~。

途中、こんな面白い場所がありました。川幅日本一の場所だそうです。

対岸は・・・見えません。でも、新大利根橋付近の利根川も広いけどなぁ・・・と、地元の利根川を応援してみたりして。

そして、ソフトクリームに到着。これが危なかった。到着したのは、お店の閉店時間16時の4分前。お店閉めるの早すぎだよぉ~。食べられなかったら暴れて皆さんにご迷惑をかけてしまうところでした。ゲットできて良かった。

イチゴソフトとイチゴミルクソフト。イチゴの粒が残って甘酸っぱくって美味。感激でうるうるしながら食べました。

ここからは東松山の駅にまっすぐ向かうのだろう、と思っていたのですがこれが大間違い。吉見は本当に見所満載で、源範頼由来の息障院や吉見観音の三重塔、山肌に穴がたくさん開いている吉見百穴など、面白い場所を案内してくださいました。

写真は吉見観音の三重塔を見学する、ゆるさんとアシストくん。細部の造りまで見学したその後に待っていたのは・・・・・やぶ蚊に刺された、我慢しようのないかゆみだったそうです(アシストくん談)。

ここから東松山駅まではすぐ。ですが、途中でチェーンが外れてしまい、やじさんに元に戻していただきました。手を汚してしまって申し訳ありませんでした。こういうときのために専属アシストを雇っているのですが、今日はアシストくんも舞い上がっていたようで、一日中あまり役に立ちませんでした。あ、坂でお尻を押してくれたのだけが、唯一アシストらしいGood jobでした。

そして、東松山駅に到着!

どこかのホテルか??というような駅舎にビックリしました。

駐輪場に自転車を停め、東松山の名物やきとり屋さんで、やじばばさんの完走を祈ってかんぱーいbeerbeerbeerbeerbeer

「今まで、ずーっと聞きたかったんですけど!!!」

ネタで盛り上がりました。夜の部もたまには良いですね。

ほろ酔い気分で輪行袋に自転車を詰めて、東武東上線→武蔵野線で家路に着きました。

いや~、本当に楽しい一日でした。でも、人数が多いのでお話が出来なかった方もいらっしゃいます。また、別の機会にご一緒して、皆さんと色々お話したいです。昼の部も夜の部も♪

あ、最後にこれを書かせてください。一日中気にかかっていたのは、横山さん&ゆるさんの仲良しご夫妻がつけていらっしゃったこのフロントバッグ。今でも、私の脳裏に焼きついて離れません。これは、買いですかねぇ・・・。でも、お二人の邪魔をしちゃ悪いし。もすこし悩みます。

  • 場所:江戸川CR-荒川CR-東松山駅
  • 時間:8時間55分(2007年8月11日からの累積:275時間)
  • 距離:107.9km(2007年8月11日からの累積:3711.7km)
  • 平均速度:18.4km/h

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

快挙 ベッテル トロロッソの地元イタリアで初優勝!

今日も自転車三昧の一日でしたが、コレだけは書いておかないと。

前日のベッテルポールポジションを受けて、

一日ベッテル応援団

を宣言した私。

昨日、荒サイツアーから帰宅して録画した決勝を、ワクワク・ドキドキしながら見始めました。

決勝の展開を左右する現地の天気は。しかも、セーフティーカースタートです。これは、ベッテルに有利な状況。

2周のセーフティーカー先導の後、レースがスタートしましたが、大きな波乱もなく上位はそのままのスタートです。いや、ひとり残念ながらスタートできない車がありました。ベッテルのチームメイト、ブルデーです。結果を求められている今のブルデーにとっては痛いスタートミス。か、と思いましたが、マシントラブルのようでした。

その後も順調に走り続けるベッテル。

が、・・・眠いsleepy・・・・

結局、翌日の今朝。続きを見ることにした私達。情けないなぁ・・・。

そして、そして、

路面がどんどん乾く難しい状況の中、チームもドライバーも初優勝とは思えないほど、しっかりした走りで、なんと

ベッテル初優勝!!

SAF1がF1を去り、琢磨の走りが見られなくなって以来、ちょっと盛り下がり気味だった私の中のF1熱が、今日は燃え上がりました。

ベッテル、来年はレッドブルへの移籍が決まっていますが、今後、大活躍してくれそうなそんな気持ちよい、強い勝ち方でした。

とにかく、初優勝おめでとーーー!!!

そして、今週はこのトロロッソのマシンに乗って琢磨が走ることになっています。来年のシートが取れるのか?これもドキドキしながら見守ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

ディープ荒サイツアー、最高♪

横山さん発案の、ディープ荒サイツアー。

東松山オプションコースを楽しく終了し、先ほど帰宅しました。

何からブログに書いてよいか、悩むほど、盛りだくさんの楽しい一日でした。

が。疲れたので今日は寝ますsleepy

今日、ご一緒させていただいた皆さん。素敵な時間をどうもありがとうっございました!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

ベッテル ポールポジションおめでとー!!

久々にF1のエントリー。

雨のイタリア モンツァでの予選。

Q2で、ライコネンとハミルトンがノックアウトされるという波乱の展開となりました。

結果、21歳の若いベッテルが初のポールポジションを獲得!すごい!!ブルデーも4位に入り、トロロッソ大活躍の予選でした。

予選の最後は、2位につけたコバライネンに向かって、

抜くんじゃないぞ!!空気読んでよ!!

となぜか、ベッテルを応援している我が家の二人。だって、「初」って、何故か応援したくなっちゃうんですもの。

ベッテルの若い、さわやかな笑顔が印象的な初ポール。雨量が多い大変なコンディションの中、素晴らしい走りでした。

明日の決勝はドライという予報のようですが、明日も雨が降る天気になれば、ベッテルのカッコよい走りが見られそう。ちょっと、雨に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

なに!?!アームストロング現役復帰!!!

今日は驚き&個人的には嬉しいニュースを目にしましたhappy02

アームストロングが現役復帰し、来年のツールドフランスに出場するんだそうです。

http://www.cyclestyle.net/news/detail/2306.html

そんな、そんなことってあるのでしょうか?今日はエイプリルフールじゃないよなぁ・・・と考えてしまいました。でも、来年のツールがちょっと、いやかなり楽しみ♪

KENさんも喜んでるかな??

ついでに、ミハエルもF1に復帰しないかなぁ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

リハビリ走行のはずが・・・関宿まで行っちゃった

小貝川&那珂川ミニツーリング以来、自転車に乗っていなかった私達。

もう、丸三週間も自転車に乗ってないよぉ~、来週は横山さんにしごかれるしぃ~、大丈夫かなぁ・・・・

と心配な私。

7日の日曜日はお天気も良くなり、久しぶりの慣らし走行に出かけることにしました。

どのくらいの時間、走るつもり??

とアシストくんに確認すると、

うーん、3、4時間くらいかな??

えっ!!1時間の玉葉橋往復だと(勝手に)思ってたのに。そんなに走るんだ・・・・。

と、出発前から弱気な私。ちょっと貧血気味で体調が良くないんだよなぁ・・・。

でも、体調の悪さなんてペダルをこぎ始めちゃったらわかんなくなっちゃうんですよね。

関宿で向日葵を見て以来、ひと月ちょっとぶりのホームコース江戸川CR。あっという間に折り返し地点だったはずの玉葉橋を越え、野田橋はすぐそこです。

今日のお天気はこんな感じ。青い空に白い雲。秋も近いですが、まだ夏ですね。暑い!湿気をたっぷり含んだもわっとした空気の中を進みます。

幸い風はほぼ無風。いつものギアよりひとつ重いギアでも気持ちよくこぐことが出来ました。体調の悪さはどこへやら。3週間休養しただけあって、脚の調子は良さそうです。

野田橋を過ぎ、野田線、16号をくぐり、宝珠花橋にたどり着きました。ここで、

どうするぅ~、関宿まで行っちゃおっかぁ??

と、アシストくん。

ま、ここまで来たし、あとちょっとだから行っちゃおう!

と、私。ま、流されやすいタイプなんです。

何だか勢いで、関宿に向かうことになりました。しかし、関宿になんとなく行けるようになるなんて、私達も成長したなぁ・・・・。初めての関宿とは大違い。

そして、関宿に到着!

今日のアシストくんは張り切りすぎです。ここまで信号で止まった以外は休憩を取らず、平均時速は22キロ。一体どうしちゃったのでしょう?

この辺り、上流の江戸川の水は泥水。前日、群馬で降った雨のせいなのでしょう。毎週どこかで豪雨。怖いです。

関宿ではお決まりのアイスクリーム。だって、暑いんだもん!!ホント、暑い・・・。もしかしたら、ちょっと暑さにやられてるかも??(←もっと早く気付こうね。大変なことになるから。)

日陰で休憩しますが、関宿には昔の遊びということで、竹馬やベイゴマやこまで自由に遊べるようになっています。楽しそうにこまで遊んでいる親子の姿を見ていたら、私達もやってみたくなりました。

これは、こまを投げ出した瞬間のアシストくん。さすが、昔とった杵柄。上手上手。

じゃ、私も!と思ったのですが、うまくまわったのは一回だけ。あとは失敗。昔は遊んでたのになぁ・・・。また今度関宿でこっそり練習しよっと。

ついついこま回しに熱中してしまいましたが、そろそろ帰らなくっちゃ。と関宿を後にしました。

帰りは少し風が出てきました。それも少しずつ強くなってきます。天気が変わる予感・・・??

この日の江戸川CRからの眺めで一番印象的だったのはこの風景。黄金色に染まった田んぼです。

各所の田んぼが黄色に染まって、稲刈り真っ最中の田んぼも多かったのですが、関宿から右岸を下って少しの場所のここの色が素晴らしかった。写真は、逆光のせいで色がきれいに出ていないのが残念ですが、アシストくんも私も、

きれい!!

と、思わず自転車を止めてしまうほどの素晴らしい景色。関宿まで来て良かった~。それにしても、向日葵を見たときに稲の花を見つけたばっかりなのに、花が咲いたら稲刈りはすぐなのですね。

私達は自転車で走っているだけなのですが、耕され→水がはられて→田植えが終わり→鮮やかな緑の波→稲の花→そして金色の海。と、田植えから刈り取りまでの風景を見ていると、一緒に育てているような気分になります。農家の皆さんどうもありがとうございます。

そんな景色を眺めながらCRを下流に走りますが、この辺りからいつものようにおしゃべりが出来なくなってきました。空腹のためか、暑さのためか、疲労のためかは不明です。

龍Q館で休憩し、水や食べ物を補給しますがあまり調子は良くならない。ここからは、ただただ家を目指す走りとなりました。

が!鬼アシストくんは、運河に寄り道をしたいというのです。

鬼ぃ~!!

なんでも彼岸花が咲いてるかもしれない。とのこと。

「え~、お彼岸までまだあるから彼岸花はまだ咲いてないよぉ・・・・」

と心の中で叫びながらも運河まで寄り道。

割烹新川のすぐそばに、彼岸花は咲いていました。というか・・・・既に赤い彼岸花は終わりかけ。彼岸花っていう花の名前を裏切るんじゃないぞ!!彼岸花クン!!

ここから家までは30分ほどですが、途中で用事を済ますためにお店に立ち寄りました。すると、どこからともなく聞こえてくる音。

ゴロthunderゴロthunderゴロthunder

雷です。空を見上げると灰色の雲が近くに迫っています。まだ用事が残っている私を残して、アシストくんは先に家に戻り、車に乗り換えて私と自転車を迎えに来てくれました。前日、ピカピカにしたばかりの自転車を雨に濡らしたくなかったのです。

結局、雨は大したことなかったのですが、この時期の夕方の天気は気をつけなければいけませんね。

久しぶりの自転車走行。(私の勝手な)想定より距離も時間もかなり長くなりましたが、やっぱり自転車は気持ちいいですね。暑かったけど・・・・。

  • 場所:江戸川CR
  • 時間:3時間52分(8月11日からの累積:266時間)
  • 距離:73.1km(8月11日からの累積:3603.8km)
  • 平均速度:20.9km/h ←速すぎだから・・・だから疲れちゃったんだよぉ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

松田くん、2年連続チャンピオン決定!

先週末は、富士スピードウェイでFポンを観戦しました。

この週末で松田くんのチャンピオンが決まるかもしれない(というよりは、かなりのことが起こらない限り決まる)大事なレースです。

土曜日午前中は曇りcloud。松田くんのフリー走行での調子は良さそうで、チャンピオン決定間違いなし!と思っていたのですが、午後の予選はウェット路面。

う・・・松田くん大丈夫かなぁ??

・・・・と思っていたら、不安は的中。

ドライのときほどの速さが見られません。結局、連続ポール記録を伸ばすことは出来ず、KONDOレーシングのオリベイラがポールを獲得しました。松田くんは2位。ポールが取れなかったのは残念ですが、まずまずの成績です。

さて、翌日。前日の曇天とはうって変わって、良いお天気sunsunsun。強烈な日差しが照り付けます。

ドライセッティングが決まってる松田くんには有利!!

・・・・と思ったのに

第一レースのスタートでは、予選の順位通り2位で一コーナーを通過。

その後の追い上げを期待しましたが・・・

速くない。というより、遅い。オリベイラにどんどん離されてしまいます。それどころか、10位スタートのライバル、デュバルに抜かれ、小暮に抜かれ・・・結局4位でフィニッシュでした。優勝は、初優勝のオリベイラ。近藤(マッチ)監督も嬉しそうでした。

結果は4位でしたが、それでも今年のチャンピオンは決定です。それだけ今年の松田くんは強かった。

ちょっと盛り上がりに欠けるけど、おめでとーーーーーー!!

この後の第二レースで是非表彰台を!

と思っていたら・・・

酷い雨が降ってきて、結局第2レースはほとんど走ることなく中止となりました。残念。。。

最後は、雨がレースを台無しにしてしまいましたが、無事松田くんがチャンピオンを決めることが出来て、忘れられないレースとなりました。

次戦、最終戦のSUGOも応援に行くので、最後は優勝でカッコよく締めくくって欲しいな~。

(写真は整理が出来次第、あとで追加します)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »