« 私達の富士チャレンジソロ100キロ | トップページ | サイクルモード・エコクラシックに参加しま~す »

2008年11月 5日 (水)

富士山はやっぱり高い!

富士チャレが終わった次の日。

富士吉田に宿泊した私達は、富士山に登ることにしました。

って、もちろん登山じゃないです。5合目までですよ。あ、しかもドライブです。自転車でもないですよ。

なんだ5合目か。と言わないで下さい。富士山とは縁のない地方出身の私達。5合目に行くのさえ初めて。今までで一番富士山の近くに行ける!!(っていうか、富士山の途中だし)。とにかく嬉しいのです!!

何ていったって、富士山5合目まで車で行けるのを私が知ったのは、数年前。

え?非常識だって??

いや、南国出身者なんてそんなもんですって(多分)。富士山は遠い遠い存在なのですもの。下から歩いて登山するしかないのだと思ってました。

朝、宿の駐車場から見えた富士山。

あのどこら辺までいけるんだろう。

えっ!あんなところまでいけるの???

と、わくわく、そわそわ。2人とも落ち着きません。

5合目まで上るのに走るのはスバルライン。自転車のヒルクライムレースが行われる道路でもありますね。

少し自転車で走ってみよっかな~

なんて、言っていた身の程知らずが居たとか居なかったとか・・・・。結局前日の疲れと、当日の寒さで断念されたようです。良かった。

スバルラインの上り口はこんな感じです。

両側の落葉樹がちょうど色づいていますね。ただひたすらまっすぐな道を上って行き、富士山は近づいてきます。(だから、今富士山に居るんだって・・・)

1合目下駐車場(1,294m)から見えるのはこんな富士山。

ちか~い!!山頂に手が届きそう!!すごい!!

ううう・・・感動!!

高度が上がると周りの木々の様子も全く変わりました。

落葉樹は完全に葉を落とし、つんつんした葉っぱをオレンジ~褐色に染めた樹木(名前は分かりませんでした)が立ち並んでいます。

そして、寒い!!

持って行っていたダウンを着込み、ショールをぐるぐる巻いて、手袋をして・・・それでも寒い。さすが富士山。

5合目に行く前に、手前の奥庭駐車場(2,227m)に車を停めてちょっと散策しました。

空気は確実に薄くなっているようで、ちょっとした坂がぜーぜー苦しくって、辛かったけど

振り返ると、

ジャーン!!

すぐそこに富士山が!!

山肌の凹凸や、赤い色がはっきり見えます。森林限界がすぐそこに迫っていますね。

ビュービューtyphoonゴーゴーtyphoon吹き荒れる強風の中、寒いのも忘れてずっと見入ってしまいました。感動で言葉も出ません。

また、この辺りにはかわいい植物が見られました。

コケモモというそうです。名前があらわしているように、コケのように小さなびっしりと生える植物が、モモのような味がする赤い小さな(植物の大きさの割には特大だと思いますが)実をつけていました。この実で作ったジャムが売られていました。

奥庭駐車場から少し走ると、スバルラインのゴール地点5合目(2,305m)に到着です。

駐車場から登山道に向かう道を散歩し、見えてきた下界の風景に絶句しました。

手すりも何も無いその場所の眼下に広がるのは、想像を絶する大パノラマ。

樹海の先に見えるのは、山中湖。

こちらは、河口湖(ちょと分かりにくいですね)。

いつもは見上げている山々がこんなに下に見えます。こんな経験は初めてで、とても不思議な体験でした。

まだ富士山の5合目なのに、富士山のとてつもない高さを感じました。

そして、

いつか山頂から見下ろしてみたいぞーーーー!!!

と、心に誓ったのでした。だって、山頂までの道のりは、5合目からたったの6.3キロ

あの、すごぉ~く高い富士山の山頂まで6.3キロなんですよっ!!

体力つけて戻ってこなくっちゃ。

ずっと見ていたい感情を抑えながら下山しようと車に乗り込んでエンジンをかけようとすると・・・・

かからない。

一瞬凍りつく私達。

富士山5合目でJAFかい??

と思いましたが、再度チャレンジすると弱弱しくもエンジンが回ってくれました。これも、薄い空気と寒さのせいでしょうか?

そして、スバルラインの途中でちゃっかり地ビールを購入し、川口湖畔でほうとうを頂いて、中央高速を走って家に戻りました。その道中も、見えなくなるまで富士山にバイバイを言いながら。

富士山5合目まで行ったことで、今まで以上に富士山を好きになりました。

いつか、自転車+登山で富士山を完全人力制覇したいな~。

|

« 私達の富士チャレンジソロ100キロ | トップページ | サイクルモード・エコクラシックに参加しま~す »

独り言」カテゴリの記事

コメント

う~ん、追加でうらやましい。
やっぱり地ビールはお土産としてはずせなかったのですね(←そこか!)。
そして五合目でのエンジントラブル、富士山がみくまさんたちを帰したくなかったのでしょうか・・・それとも青木ケ原の樹海から何かが・・・Σ(゚д゚;)

>いつか、自転車+登山で富士山を完全人力制覇したいな~。
スタート地点はSwacchiですか?

投稿: 103 | 2008年11月 6日 (木) 05時17分

shadow10さん
いつもコメントどうもありがとうございます。

とーぜんじゃないですかっ!!
地ビールbeerを買わずに帰るなんて、考えられません!!!!!!!!

5合目のエンジントラブルは、本当にちょっと凍りつきました。そうか、あれは、富士山が
「山頂まで登っておいでよぉ~」
って誘ってくれてたのかな?でも、その誘いに乗ったら・・・・間違いなく凍死です。

確かに・・・・。
富士山完全人力制覇するためには、自宅から自転車で出かけなくっちゃいけないんだ。Swacchiさんに企画をもちこもっかな??

って、そんなわけないっしょ!

投稿: みくま | 2008年11月 6日 (木) 23時23分

みくまさん ばんわです

富士山には大学の地質学ゼミで一度だけ登りました。山頂のお鉢巡りではもの凄い強風で飛ばされそうになりましたが、でもあの時の感動は今でも鮮明に残っています。
一度は登頂されることをおすすめしますよ♪

高校生の時に流山から高尾山までは自転車で自走したことがあり「次は富士山までだ!」
と友達と話してから既に30数年過ぎてしまいました^^;
なので、私の自転車遠征最大の目標は富士山までの自走なのですが、箱根越えの体力が残っているうちに早くせねば..とこの記事を読ませて頂いて決意を新たに致しました^^;

投稿: たすけ | 2008年11月 7日 (金) 03時11分

shadowたすけさん
あら、まあ!すごい時間に、コメントありがとうございまーす!

大学のゼミで富士山に登れるのなら、私も参加したかったな~(よこしまな理由ですが)。自転車に乗り始める前は、富士山登山なんて夢のまた夢でしたが、自転車に乗るようになり少し足に筋肉がついて、いつかは登れるかも!と淡い期待を抱いています。
やはり日本人としては、一度は登らなくてはなりませんね。

しかし、流山から高尾山まで自走とは、すごい!何キロくらいあるのでしょう?
たすけさんの健脚なら、箱根の山なんて楽勝じゃないですか!!富士山まで自走&山頂登山しちゃってください!

投稿: みくま | 2008年11月 7日 (金) 21時27分

みくまさん、こんにちは。bunaibuです。
サーキット走行、富士山ドライブ、ビールと色々満喫されましたね。
スバルライン~5合目なつかしいです。
登ると段々と大きく見えてくる富士山、ワクワクしてきますよね。

投稿: bunaibu | 2008年11月 8日 (土) 10時43分

shadowbunaibuさん
コメントありがとうございまーす!!

休みは、遊んでばっかりですみません。休日出勤を余儀なくされているお忙しい方もいらっしゃる中、遊びすぎだよなぁ・・・とちょっと良心が痛んだりしています。
でも、サーキット走行、富士山ドライブ、ビール×2のどれも楽しかったです。

スバルライン、bunaibuさんも行かれたことがあるのですね。高度を増すに従って大きくなって来る富士山を、いつかは自転車に乗って自力で登りながら感じてみたいと思っています。
bunaibuさんも、ご一緒にどうですか~??

投稿: みくま | 2008年11月10日 (月) 21時19分

みくまさん、こんばんは。
遠慮なんかしてはいけません。休日はいっぱい楽しんでくださ~い。
スバルラインは春夏秋冬、過去に何度もクルマで走行しています。もう何年もご無沙汰してますが。
そうですね。いつかは自転車で走ってみたい道の一つです。どうせ走るなら、皆さんと行ってみたいと思っています。

投稿: bunaibu | 2008年11月10日 (月) 22時00分

shadowbunaibuさん
再訪、ありがとうございま~す!

では、お言葉に甘えて、これからも休日をめいっぱい楽しみたいと思います!!

bunaibuさんは、スバルラインの四季をご存知なのですね。私は新緑が大好きなので、新緑の時期にのんびり訪れてみたいです。

自転車で、みんなでワイワイ、遅い人も速い人もそれぞれ楽しめる仲間と一緒に上れたら楽しいでしょうね~。そのうち実現しましょうね!

投稿: みくま | 2008年11月10日 (月) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224807/43022380

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山はやっぱり高い!:

« 私達の富士チャレンジソロ100キロ | トップページ | サイクルモード・エコクラシックに参加しま~す »