« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の12件の記事

2009年5月31日 (日)

アシストくん、ヒルクラに向けて調整

私の事故以来自転車に乗れていなかったアシストくん。

そんなんじゃ、ヒルクライム上れないよっ!!

と私に喝を入れられ、この日は少し走りに出かけたそうです。走り出すと天気が怪しくなったとかで、玉葉橋までの往復と距離は短いものの今までの最速記録で走ったとか。

一週間後のヒルクライムに向けてまずまずじゃないの。よしよし。

  • 場所: 江戸川CR
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:48分37秒
    • 距離:19.8km
    • 平均速度:24.6km/h ←すごい。立派なロード乗りみたいじゃないの!

--------

6/20記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

下顎骨観血的整復固定術

これが昨日行われた私の手術の正式名称。

読み方は「カガクコツ カンケツテキ セイフク コテイジュツ」 長い…。

最初に「カンケツテキ」と聞いたときは、おいおい、「簡潔的」じゃなくて「丁寧的」で頼むよぉ、と思いましたが、意味が全く違いました。観血的、つまり、血を観るという意味だったようです。医学用語は難しいゾ。

という訳で、昨日のこの難しい名前の簡単な手術は無事に終了しました。これから1週間程で口から物が食べられるようになり、それから少ししたら退院となる予定です。

おかげ様で術後の痛みもほとんどなく、今も先生に「手術の次の日と思えないくらい元気ですね」と言われた所です。

みなさんの温かいコメントに励まされ、日々治療に専念しています。どうもありがとうございます。みなさんとご一緒出来る日を楽しみに退院の日を待ちます。

代入力 アシスト

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

大好きな富士山にキス

15日 金曜日。Mt.富士ヒルクライムの試走をするため、会社の休暇をとって、スバルラインに出掛けました。スバルラインの料金所から、何度か休憩をはさんで、何とか3時間以内で新五合目に到着!すぐ後ろに見える富士山を眺めながら、お互いの健闘をたたえ合いつつアシストくんとお昼を済ませ、今度は下り。

あっという間に料金所に到着!…のはずでしたが、

実は私の不注意で下りの途中で転倒してしまい、救急車で運ばれてしまいました。あごの骨を骨折して、今は都内の病院に入院中です。

みなさんにご心配をおかけしてしまいますが、このまま更新が滞ってしまっても、結局ご心配をおかけしてしまうと考え、Upしています。

まだ今後の予定が立っていない状況ですが、私自身はいたって元気!です。退院したら何処に走りにいこうかと考えて入院生活を送っていますので、心配しないでくださいね。

それでは、また!

代入力 アシスト

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

富士スバルライン試走

Mt.富士ヒルクライムの試走をするために、富士スバルラインに行ってきました。

完走できるかどうかが微妙な貧脚の私にとっては、ドキドキの試走です。目標は3時間以内で上ること(遅っ)。さて、結果は??

北麓公園に車を停めて自転車を組み立て、綺麗に顔を出している富士山に向かって走り出しました。

すぐに始まる上り坂。今日はこの坂を25キロずっと走り続けなければなりません。本当に5合目にたどり着けるのか??心配です・・・。

料金所の先からタイム計測開始。

最初の3キロは勾配がきついので、目標時速は6キロ。でも、意外に調子よく走れて時速8キロ程度までは苦労なく出すことが出来ました。ただ、調子に乗りすぎて後で失速しないように、時速8キロは超えないように抑えた走り。

私が先に料金所を出発しましたが、途中で後でスタートしたアシストくんにかわされました。予定通りなのですけどちょっと悔しい・・・かな??

そして、まだかまだかと待ち続けた最初の休憩所「剣丸尾駐車場」に到着。ふぅ~、意外に長かった・・・。

先に到着していたアシストくんが出迎えてくれました。私は3時間切りのために、ちょっとだけ休憩してすぐに出発。この休憩所を出発してすぐに感じたのは、今まできつかった勾配が急に緩くなり随分楽ということ。ちょっと元気が出ました。

最初と同じように、アシストくんは少し遅れて出発です。

1合目を過ぎてちょっと走ったところで、アシストくんに再び抜かれました。

この辺りは新緑が綺麗でしたね~。小さくてかわいらしい花をつけた富士桜も所々に見られました。

緩急のある坂を黙々と走り続けながら、富士山や新緑を見つけては写真を撮り、気を紛らわせながら耐えつつ走りました。心拍数を上げないようにのんびりと走っているので思っていたより辛くはないのですが、距離が長い・・です。

次の休憩所「樹海台駐車場」では、カメラを構えたアシストくんを発見。

そして、そのカメラに撮られた私がこれです。

顔が・・・疲れてます。

景色を眺めたりしてちょっと休憩したら再び出発。まだ半分も走ってません・・・しつこいですが、長い。

12キロを過ぎたところでは、

やっと半分来たぞ~

と心の中で叫びました。まあ、まだ半分残ってるぞ~とも言えるのですが、気持ちは前向きに。

そして、大沢駐車場の手前ではついに高度が2000mを越えました。2000mですよ、2000m!随分上ったな~と自転車の威力に驚きながらの走りでした。

次の写真は、ヘアピンの先にある駐車場からアシストくんが私の写真を撮ったもの。

この辺りは新緑とは言えず、芽吹きといった具合。

大沢駐車場では補給をして残りの7キロに備えました。

北麓公園を出発したときはすごく良い天気ですが、5合目に近づくにつれて雲が出てきました。

写真の場所は、勾配がきつくて辛いのですが目の前の雲を流している風も少し強くなって、場所によっては向かい風。

もうすぐ平坦だぞ~!!

と自分を励ましながら走りました。

奥庭駐車場前、5合目ゴールの直前の勾配には泣かされましたが、ここまで上ってくると富士山頂はすぐそこ。

こんな景色が目に飛び込んでくるから、頑張らないわけには行きません!!

そして、無事に5合目到着ぅ~!!パチパチパチパチ。

目標としていた3時間を切ることができ、私も、

アシストくんも(焼酎ぅ~コールなので口の形が変)

ハイテンションです。

富士山の反対側を見ると少し霞んでいましたが本栖湖が見えました。何度みても気持ちよいです。

平日だというのに、5合目にはバスツアーなどで観光に訪れている方々が結構いらっしゃいました。皆さん口々に、

ここまで自転車で来たの??

女の人も走ってると思って、驚きながらバスから見てたのよ。

とか話しかけて下さって、これまた嬉しかったです。

5合目のランチは、噴火ラーメンと富士山ピラフ。

  

富士山らしいでしょ?

そして、デザートはソフトクリーム。ピンクはコケモモソフトです。

盛り付け(?)はいまいちというかダメダメですが、両方とも美味しかったです。

そして、次の写真はパンパンに膨らんだ補給食。

5合目の空気の薄さを感じました。そういえばのぼりの半分を過ぎたくらいから、少し空気の薄さを感じたような気がしました。だって2000m超えですものね。

と、5合目も満喫したので下り。

ですが、ここから先は以前ブログにアップしたように転倒して怪我をしたときに頭を強く打ってしまったので記憶が残っていません。途中で記念撮影したりしていたようなのですが。

アシストくんに聞いた話では、事故の直後は通りすがりの方々に色々と助けられたとのことです。住所やお名前を伺っていないので直接お礼を言うことができないのですが、この場を借りてお礼の気持ちを伝えたいと思います。

皆さんのおかげで、すぐに病院に送られ適切な処理を受けることが出来ました。本当にありがとうございました。

この先同じような場面に出くわしたら、私達も同じように力を貸すことが今回の恩返しになるかなとアシストくんと話しています。

こうやって書いてみると私はまだスバルラインを制覇してないですね。上るだけじゃなくって自力で下山して初めてスバルラインを制覇したと言えるはず。体力を回復させて、自転車に乗って、次こそはスバルラインを制覇するべく再チャレンジします!

  • 場所: 富士スバルライン
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:3時間36分(2008年9月26日からの累積:191時間)
    • 距離:33.5km(2008年12月13日からの累積:1537.0km)
    • 富士スバルラインの上りにかかった時間:2時間49分43秒(HR153/175)(休憩時間15分37秒を含む)
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:4時間22分
    • 距離:51.2km
    • 平均速度:17.6km/h
    • 富士スバルラインの上りにかかった時間:2時間45分21秒(HR160/218?)(休憩時間40分34秒を含む)

--------

6/20記す

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

やっと出会えたぁ~

5月10日、日曜日。

前日のハードな筑波山縦走の回復走と位置づけ、近場をのんびりポタリング・・・のはずだったのですが、

この方のスーパー先導のおかげで、結構なスピードで走行することになりました。

えへ~、そうなんです。先週日光に出かけてしまってお披露目会に参加できず、未だにRubyにお会い出来ていなかった私達。

この日はサスケ&ハナさんとご一緒させていただき、一足遅れのRubyプチお披露目会をやっていただいちゃいました!嬉しい♪

江戸サイを走った後は、お二人のお気に入りの場所という麗澤大学をご案内いただきました。

残念ながら期待していたナンジャモンジャの花は既に散ってしまっていましたが、その代わりバラ園できれいなバラを鑑賞することが出来ました(カメラが故障してしまい、写真は無しです)。

しかし、麗澤大学の構内は緑いっぱいで本当に素晴らしい場所でした。サスケハナさん達が季節毎に訪れているというのも納得です。

この後は、お茶をしながらのんびりとおしゃべり。あんなことやこんなことたくさんの話題で盛り上がりました。

ABYに乗ったサスケさんの健脚ぶり、既にRubyを乗りこなしているハナさんの美しい乗り姿を目にして、元気を頂いた日曜の午後でした。サスケ&ハナさん!色々とどうもありがとうございました。

  • 場所: 江戸川CR-麗澤大学
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:2時間04分(2008年9月26日からの累積:188時間)
    • 距離:27.4km(2008年12月13日からの累積:1503.4km)
    • 平均速度:17.2km/h
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:1時間59分(2007年8月11日からの累積:468時間)
    • 距離:27.8km(2008年12月13日からの累積:1596.8km)
    • 平均速度:17.4km/h

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

坂練三週目は筑波山縦走。今までで一番辛かった!

先々週はヤビツ峠。先週はいろは坂。と、Mt.富士ヒルクライムに向けた坂練を続けてきましたが、懲りることなく土曜日も山に出かけてきました。

今週出かけたはホームコースの筑波山。りんりんロードの藤沢休憩所に車を停めて自転車を組み立て、予定の10時から一時間遅れの11時に出発です。

まず最初に向かったのは、りんりんロードから右に見える山とは逆方向にあるこの場所。

筑波山の手前に広がっているのは・・・

レンゲ!

サイスタのお友達よっちゃんさんが紹介されていたレンゲ畑に寄り道しました。ほんわりレンゲの甘い香りに囲まれて、透き通るようなレンゲの花をしばらく楽しみました。前回に続き嵐の前の静けさです。

ひとしきりレンゲを楽しんだ後は、田んぼの中をまっすぐ伸びる道を走って大池公園を経由し不動峠に挑戦です。

上りはいつものように一人旅。今回は、

『腹筋を使って上るべし』

と自分に言い聞かせながら、ペダルをまわすたびに心の中で

腹筋、腹筋

ちょっと変な人・・・だったかな。でも、口には出していませんよ。多分。

と、腹筋に集中して上っていると・・・

あれ??何だかすごく楽。

サイコンをみるといつもと同じかいつもよりも良いペース(時速8キロ~9.5キロ)で進んでいるのですが、周りをキョロキョロしたり、勾配の変化を敏感に感じ取ったりする余裕があります。息もそれほどあがらない。

そして上り始めから3キロを過ぎ、いつもなら

10%勾配標識まだかなぁ~ (←もうすぐゴールの目印)

と、カーブを左に曲がる度に期待して裏切られの繰り返しなのですが、なっなんと!!

え?もう10%勾配標識なんだ

という余裕っぷり。自分でも信じられませんでした。そして、最後のきっつい左カーブを初めてインベタで上りきりゴール♪

タイムは、今までの最高記録より1分ほど縮まって25分47秒。すごーい!!楽だったのに速ーい♪アシストくんも、同じように楽だったのに速かったようなので、毎週末の坂練の成果なのでしょうか?いい歳して素直に嬉しかったです。

気分を良くした私達は足取りも軽く(?)表筑波スカイラインを通って風返峠に移動。途中、ヘビが道を横切っていてちょっとビックリしました。

いつもは風返峠からつつじヶ丘に上るのですが、今日はちょっと下って湯袋峠を目指しました。ここの下りは勾配が少しありましたが道が広く走りやすかったです。早速、この前KENさんに教えていただいた上手な坂の下り方を実践してみましたが、違いは・・・分かったような分からなかったような・・・。もっと精進します。

湯袋峠からは真壁に向かって2キロほど下り、湧き水で水の補給。

生水は飲まないで下さい

という注意書きがありましたので、利用は自己責任でお願いします。ちなみに、私達は柔らかい口当たりの甘い湧き水を、生のまま美味しく頂きました。

で、無駄に下って来てしまった道を約1キロ上って湯袋峠の手前を左に折れ、一般車が入れない林道を上曽峠に向かいます。この上りをALPUS LABで見ると、距離約1.5キロ平均勾配9%という私にとっては超激坂。

木々に囲まれた極狭い道ですが、

車が通らないので走りに集中でき、そういう意味では走りやすかったです。毎度のように、心が折れそうになりましたが、何とか足をつかずに頂上に到着ぅ~。頑張ったぜぃ。思ったより長かった・・・。

ここでちょっと休憩して上曽峠まで下り。どうもここから先は尾根沿いの道とのことで、峠は一番低い場所になるらしいです。一体私はどこを走っているのだろう・・・。

ちょっと下るとすぐに上曽峠に到着し、続くきのこ山への上りが始まりました。

きのこ山への上りは、約2キロ平均勾配8.5%ほど。どこを走らせるつもりじゃいい!!

いや~。この上りにやられました。先ほどの超激坂で足を使いきってしまったのか、ペダルを踏んでも踏んでも前に進まない。ついにケイデンスはかつて見たことのない30をマーク。足をついて休憩です。その後も、ダンシング~休憩~ケイデンス30~休憩。という形で何とかきのこ山山頂付近に到着!疲れたぁ・・・。

山頂からの眺めを楽しんだ後、再びマドンナに跨り走り出そうとなんとなくフトントギア付近を見ると・・・

フロントがセンターに入ってるんですけど。

目を疑いました。上り始めでフロントをインナーに落とすのを忘れてしまっていたようです。情けない・・・。

そりゃ~辛いよ。ノーマルクランクで上ってきたのと同じだよ!気がつかなかったのぉ??

と、あきれた様子のアシストくん。

いや~、気がつかないものですねぇ。違いが分からない女っぷりを余すことなく発揮しちゃいました。

気を取り直して細かいアップダウンを走っていると、石岡市方面に開けたパラグライダーの基地を発見。

木々が切ってあるので眺めは抜群です。

何名かの方がちょうど飛び立つ準備をしていらっしゃったので、しばし見学。

パッとパラグライダーを広げて、

ヒョイっと前を向いて、タタタターと飛び出すとあっという間に

大空に浮かんでいます。

気持ち良さそ~。話を伺うと飽きるまで4、5時間でも飛んでいることが出来るとか。気が向くままに走るサイクリストと似たようなものですね。

あ、サイクリストと似ているといえば、明らかに自転車用と思われるヘルメットをかぶっている方もいらっしゃいました。意外な共通点があるもんです。

ちょっと先にはハンググライダーの基地も。

そして振り返ると、道の反対側には桜川市方向に開けた別の基地があり、

今立っている場所が、山のてっぺんであることを実感しました。上ってきて良かった・・・かな?

ここからは緩い上りを上って足尾山を越えたあとは一本杉峠までちょっと下り。

一本杉峠からは本日最後の本格的な上りでしたが、先ほど己のミスで力を使い果たした私はもう上る力が残っていませんでした。今度は間違いなくフロントをインナーに落とし、休み休みしながら、山の上に立つ風力発電の風車のふもとに到着。

いや~、本当に高いところにいるんだなぁ。

加波山を越えて、採石場からのドカンという爆発音に驚きながら長くて割と勾配のある下りを下ると(道が悪くて疲れたぁ・・・)、急に木々がなくなり平地に着きました。

いやぁ~、山から脱出出来て良かったぁ。

だって、このときの時刻既に16時。予定より大幅に遅れちゃいました。

岩瀬駅近くで遅いお昼を済ませて、岩瀬からはりんりんロードで藤沢に戻ります。

りんりんロードを走りながら平地を走れる喜びを感じました。関東平野バンザーイ!!

道の左手に見える山を見上げると先ほど目の前にあった風車や、パラグライダーの基地が山のてっぺんに見え、さっきはあそこに居たんだねぇ。とちょっと信じられない気分。

また、道の右手には一面の緑。

麦畑です。きれいに植えられていて壮観でした。

また別の場所では少し黄金色に色が変わっている麦も発見。

緑の畑も、黄金色の畑もどちらも美しい。りんりんロードいい道ですね。

最後は暗くなってしまいましたが、声を掛け合いながら安全に走って藤沢に何とか戻ってきました。

この日の山道は今まで出一番辛かったけど(自業自得?)、今度は足をつかずにすべての坂を上れるようにリベンジするぞー!!

って、アシストくんに言ったんですが、アシストくんは

しばらくいいや

ですって。アシストくんも結構ヘロヘロだったようです。

今日走った山道はこのルートでーす。物好きな皆さんは是非お試しあれ。

  • 場所: 藤沢-レンゲ畑-不動峠-きのこ山-足尾山-加波山-岩瀬-りんりんロード-藤沢
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:7時間23分(2008年9月26日からの累積:185時間)
    • 距離:102.8km(2008年12月13日からの累積:1475.9km) ←ウソです途中で変になって長く出ちゃってます。
    • 平均速度:17.2km/h ←なので、これもウソです
    • 不動峠への上りにかかった時間:25分47秒(HR165/181)
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:7時間20分(2007年8月11日からの累積:465時間)
    • 距離:93.7km(2008年12月13日からの累積:1568.9km)
    • 平均速度:15.8km/h
    • 不動峠への上りにかかった時間:20分30秒(HR171/189)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

ゴールデンウイーク中に開花した花々

ゴールデンウィークには長期の旅行に出かけることが多く、ちょうどこの頃に開花する花は毎年見ることが出来ずにいました。

今年は旅行に出かけなかったので、何年ぶりかで花の写真を撮影。

スズラン。あっという間に満開です。

クレマチスのビビアンペンネル。八重咲きのはずなのですが、今年は全部一重咲きでした。肥料が足りなかったかな?

エビネ。6鉢ありますが、やはり手入れが良くなかったのか花をつけてくれたのは一鉢だけでした。

多肉植物の花。見落としがちですが、良く見るといろいろな多肉植物が花をつけています。

そして、購入してから数年。初めて花をつけた胡蝶蘭。昨日咲きました~。上から落ちてくる洗濯物にも負けず、花をつけてくれた胡蝶蘭。嬉しい♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

日光ビール

転んでもただじゃ起きない私達夫婦。って、別に転んだわけじゃないんですが・・・

先日日光に出かけた時にまたもや地ビールを仕入れてきました。

私達のツボを心得ているKENさんが、目の前に日光ビールのお店がある公園をデポ地に指定してくださったんです。

帰りにちゃっかり仕入れてきました。

数種類のビールが用意してある地ビールが多い中、日光ビールは一種類だけ。このビールにかける意気込みを感じますね。

そして、気になるお味は・・・

美味しい♪

いつも、美味しいって言ってるだろ!

って突っ込まれそうですが(その通りかもしれないけど・・・)、本当に美味しいビールでした。

あっさりした中にも適度な苦味があり、たださっぱりしただけではない旨みがありました。

恒例の星は、

☆☆☆☆

です。

あとひとつ足りないのは、私が地ビールに勝手に期待している個性がちょっと足りなかった分。でも、ビールとしては美味しいと思いました。

また坂練に行って地ビール仕入れてこよーっと。

ん??KENさんの罠にまんまと引っかかった感のある私です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

『いろは坂』を上って、日光観光

昨日は、KENさん、taroさんとご一緒させていただき、日光に出かけてきました。

といっても、全行程90キロ超、登坂標高差約1900mというとんでもない山岳コースに挑まれるお二人とずっとご一緒できるはずはなく、途中までをご一緒させていただきました。

早朝に家を出発し、デポ地の小倉山森林公園に8時頃到着。人がほとんどいないこの公園の新緑が素晴らしかったので少しの間園内を散歩しました。嵐の前の静けさといったところです。

その後、自転車を組み立てて出発の準備をしているとKENさんとtaroさんが到着。

出発地から最初の20キロは苦しい上り坂。KENさん、taroさんと私達の能力差が大きすぎるので、私達は1時間早く出発させていただきました。お二人に見送られていざ出発です!

車が大渋滞している日光東照宮周辺の道を抜けると、なだらかな上り坂がずーっと続きます。後に待ち構える『いろは坂』の上りを考え、心拍数を上げることなく走るよう心がけました。

中心地を過ぎて、途中の交差点を右に折れるといよいよ勾配がきつくなってきました。

辛いよぉ・・・。休みたいよぉ・・・。こんなのでいろは坂上れるのかなぁ・・・。

と不安になりつつ、もうダメかもと思った時、左手にいろは坂手前の休憩所、馬返が見えてきました。ここでトイレ休憩です。

この場所からは、山頂付近に雪が残っている男体山の姿をほんの少し見ることが出来ました。冬の良く晴れた日に江戸川CRからも目にすることができる男体山。うわぁ~近いなぁ。と感動。

のんびりしているとKENさん、taroさんに追いつかれちゃうし、覚悟を決めていろは坂にむけて走り始めます。

いろは坂を走り始めて少しすると、意外にも下り坂。

ラッキー♪このまま下るといいのにな~

と思っていると、目の前には急坂が現れ現実に引き戻される私です。

これは、上り始めてすぐの場所で振り返って撮った写真。写真を撮るために少し止まりました。決して辛かったから止まったんじゃないですよ。眺めが良かったから止まったんです!!

最初は新緑が本当にきれいで、きれいな緑に両脇を囲まれながら走れました。

でもぉ、新緑からもらう元気にも限界があり、辛い・・・辛い。

いろは坂は平均4%の坂だよ~

と、アシストくんから聞いていたのですが、4%ってこんなにきついの??やっぱり富士ヒルクライムは無理かも・・・。と、この前のヤビツとは正反対。今度は不安になってしまいました。

でも、3キロほど上ったところから勾配が緩くなったようで少し楽になり、これなら何とか上まで上れるかなぁとちょっと安心。

途中、猿を見かけたり、抜いていく車の中の方々やサイクリストの方々に、がんばれ~と励まされたりしながら上を目指しました。

そして、左手に見える景色が素晴らしい場所でもう一度停止。ここも眺めが良かったから写真を撮るために止まったんですってば!

その後、ヘアピンをひとつ曲がるとそこは黒髪平でした。

ここで待ってくれているはずのアシストくんは・・・いませんでしたが、一人で記念撮影。

海抜1173mのこの場所から下を眺めると、ペダルのひと漕ぎひと漕ぎで進む距離と高度は極わずかでも、ずっとペダルを回し続けていれば確実に上ることが出来るんだなぁ・・・と感慨深い思いに浸ってしまいました。

そこからの2キロ先は勾配が更に緩くなり、なんとか明智平に到着ぅ~!!

いろは坂のぼれたぞぉ!!!

辛かったよぉ・・・と話していると、少ししてKENさんとtaroさんが現れました。さすがにお二人は速いですね~。大して疲れている風でもありませんでした。すごいなぁ。

KENさんに撮っていただいた記念写真。男体山もほぼ顔を出してくれてよい記念になりました。KENさんどうもありがとうございました。

ここからは4人揃って、トンネルを抜けるとすぐに中禅寺湖に着きました。渋滞している車列の横をすり抜けていくのは気持ちよかったです。自転車の特権ですね。

実は私達が日光を訪れるのはほぼ初めて。ここから先はすっかり観光モードです。

中禅寺湖畔を走りぬけると再び坂が現れました。私のことを気遣ってお二人はゆっくり走ってくださっているのですが、それでもついていけない私。お二人は竜頭ノ滝を見下ろす橋のところで待っていてくださいました。ありがとうございました。

なだらかな岩肌を流れる竜頭ノ滝は素晴らしく、すべり台のように滑り降りたい衝動にかられました。奥に見えているのは中禅寺湖です。

ここから少し走ると戦場ヶ原。

お二人はこの後も長い行程が待っているのに、日光観光モードの私達に合わせて観光ポイントで止まって下さいました。ご迷惑をおかけしてしまい済みませんでした。

そして、おなかが空いた4人が向かったのは光徳牧場。

ここで、私達は牧場ランチ(左、湯気でレンズがくもっています)とハンバーグランチ(右)。

 

別腹用にアイスクリームを頂きました。どれも美味でしたぁ~。

エネルギー補充も終了し、お二人は急に勾配を増す坂道を山王峠に向かって上っていかれました。

頑張ってね~とお二人を見送って私達はここで離脱。もと来た道を引き返し、湯元方面へ向かいました。

後はのんびり観光・・・という私の思いは届かなかったようで、ここでも私達の前に立ちはだかったのは坂。日光はどこを走っても平坦はない・・・。

でも、この坂を上った先にあった湯滝に目を奪われました。

先ほどの竜頭ノ滝と同じく緩い岩の斜面を流れている滝でしたが、下から眺めることが出来、その迫力に圧倒されました。湯滝という名前の通り辺り一面硫黄の匂い。これもまた驚きました。

そして、ここから更に少し上って滝の上に出てみると、そこは湯ノ湖という静かな湖でした。

この湖の雰囲気が素晴らしい。白鳥のボートなどで賑わう中禅寺湖とは違い、人工物が何もない湖面。釣りを楽しむ方々が静かに釣り糸を垂れている様子が非常に似合う場所でした。木々に青が戻った頃、再び訪れたいと思うほど気に入った場所です。次回は奥に見える金精峠にチャレンジできるかしら・・・?

この日、私達の最高到達点はこの湯ノ湖、海抜1,475mです。スタート地点が約600mですから、850m以上上ってきたことになります。頑張ったぁ~。

ということで、ここからは下り。今まで頑張ってきたご褒美の下り道は、勾配が適度で道もきれいだったので恐怖を一切感じることなく楽しめました。

厚い雲が現れ、ポツポツ雨が落ちてきた時にはやられたぁ~と思いましたが、幸いすぐに青空が顔を出し、高原らしい風景を楽しみながら下ることが出来良かったです。

下りでも観光スポットで休憩したり、滝を眺めたりのんびりすごし、本日最後の観光スポット華厳の滝に到着。

超有名な華厳の滝のスケールはすごかったですが、個人的には今日一番の滝は湯滝。滝好きのアシストくんも同意見でした。

ここからは、明智平からきれいに見えた第一いろは坂を下ります。

この下りが・・・・めちゃくちゃ楽しかった!happy02

ヘアピンカーブを曲がるにつれて木々に少しずつ緑が戻ってきて、冬から春への季節の移り変わりを見ているようでした。

また、スピードを出すのが怖くて下りが苦手な私でしたが、いろは坂からの下りも非常に楽しむことが出来ました。理由は良くわからないけれど、道が良かったせいでしょうか?後でスピードメーターを確かめると最高速は50キロほど出ていたようです。まっすぐ続く下り坂で記録されたものだと思います。

いろは坂が終わってからも、ずーっと続く下り坂。

上り坂、下って初めて勾配を知る(超字余り)

という感じで、朝走った道がいかに上っていたかを下ってみて初めて知ることが出来ました。

相変わらず大混雑している東照宮付近の車列をすり抜け、あっという間にデポ地に到着。

しばらくするとKENさん、taroさんも到着。温泉、夕飯をご一緒して家路につきました。ご一緒させていただいて楽しい一日を過ごすことができました。どうもありがとうございました!!

ところで、いろは坂の勾配を家に帰ってからALPUS LABで見てみると、実際には馬返~明智平までで5.7%だそうです。4%なんて嘘っぱち。アシストくんにはめられたぜぃ。どうりで辛いはずです。

======================================

さて、最後に今日のクイズです。この写真にひとつ間違いがあります。その間違いとは一体なんでしょうか?

見事正解された方は・・・次回是非日光をご一緒しましょう!皆さんふるってご応募ください。

  • 場所: 日光市街-いろは坂-中禅寺湖-湯ノ湖往復
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:4時間48分(2008年9月26日からの累積:178時間)
    • 距離:62.9km(2008年12月13日からの累積:1373.1km)
    • 平均速度:15.9km/h
    • いろは坂の上りにかかった時間:51分16秒(HR159/169)
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:4時間11分(2007年8月11日からの累積:458時間)
    • 距離:60.8km(2008年12月13日からの累積:1475.2km)
    • 平均速度:17.0km/h
    • いろは坂の上りにかかった時間:37分40秒(HR165/176)

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

今日はホントに理窓会記念林自然公園

出かけるのが夕方になってしまったのですが、KENさんからお借りしたこのホイール

を試すために、ちょっと走ってきました。

目的地は、昨日行くはずだった・・・理窓会記念林自然公園。

江戸川CRは昨日と同じく南風。あっという間に到着です。

大分傾いた夕日の中でしたが、色々な鳥の鳴き声やカエルの鳴き声を聞きながら、のんびり散策。

以前訪れたときにはほんのちょっとしか入らなかったのですが、歩いてみると広い!というか・・・わけが分からん。一人だったら迷子必須です。

というのも、周りの自然が素晴らしくて景色を眺めながら気の向くままに歩いちゃうんです。その結果行き止まりだったり、未知の場所だったり。生還出来て良かった。

途中上を見上げると、

立派な自然の藤や、

木の幹を緑で覆っているツタ、

竹とんぼのようなモミジの種

など、様々な植物が目に付きます。

一方で、足元に目を向けると、(多分)ナルコユリや、

マムシグサ(茎の模様が毒々しい・・・)。

そして、キンラン(開いた花の形は紛れもなくランでした)。

これら以外にも様々なかわいい草花が花をつけていました。

実は最近草花の植物図鑑を買ってしまいました。そのせいか小さな草花が気になっちゃって。今日見つけた花もすべて知らない花だったのですが、帰ってから図鑑で名前を確認しました。生態も知ることが出来てなかなか面白いです。

でも、運河周りでたくさん見られるこの木の名前が分かりません。どなたかご存知でしたら教えていただけないでしょうか?

特徴的のある白い花をたくさんのつけて本当に見事でした。

今日はほんの少しの時間でしたが、マクロレンズをつけたデジイチと植物図鑑があれば、一日中この公園で過ごせそうなくらいたくさんの植物が見られました。素晴らしい公園が近くにあることに幸せを感じました。

え?植物の話もいいけど、ホイールはどうだったんだって???

えーっと、どうだったんでしょ?と尋ねてみると、

「踏み出しが軽くていい感じ」

だそうです。明日の坂練ではもっと違いが分かるのかなぁ??

というわけで、明日の坂練に備えてそろそろ寝ます。コメントのお返事が遅れちゃいますが、ごめんなさい!

  • 場所: 江戸川CR-利根運河CR-江戸川CR
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:1時間17分(2008年9月26日からの累積:174時間)
    • 距離:25.2km(2008年12月13日からの累積:1310.2km)
    • 平均速度:20.6km/h
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:1時間18分(2007年8月11日からの累積:454時間)
    • 距離:25.6km(2008年12月13日からの累積:1414.4km)
    • 平均速度:20.9km/h

| | コメント (10) | トラックバック (0)

変な工具

一年少し前、まだ私がスポーツ自転車屋さんに足を運び始めて間もない頃、

これは何??

と思った妙な工具がありました。

短い中途半端なチェーンが2本ぶら下がっていて、何に使うものかさっぱり見当がつきません。

その工具はこれ。

スプロケット外しです。

自転車関連工具の中でも、1、2位を争うと思われるこの妙な工具がついに我が家にやってきてしまいました。

その理由は・・・

このケースに入れられた一組のホイール。

新しいホイールが欲しいよぉ~という我がままなアシストくんのために、優しいKENさんがお試しにと貸与してくださいました。どうもありがとうございます!

昨日ホイールを受け取ったときには、少年のような満面の笑みhappy02のアシストくん。もう長い付き合いですが、あんな笑顔は過去に何回も見たことはありません。

そのアシストくんは、現在上記の工具を使ってせっせとスプロケットを装着中。午後は、新しいホイールで近場を走ってみまーす。

さて、違いは分かるのか??乞うご期待!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

目的地は、理窓会記念林自然公園のはずが・・・なぜか関宿

今日は我が家にとってGWの初日。どこに走りにいこっかな~と思っていたところ、どうも10さんとカーさんが理窓会記念林自然公園に行くという情報をゲット。

10さんが新しく手に入れたあの自転車を見に行くべく、私達も理窓会記念林自然公園に出かけることにしました。

近場なので、今日もシラスでお出かけ。

準備万端整って、さて出かけるぞ!というとき、携帯電話にメールが・・・。

(理窓会記念林自然公園に)到着しました。カーさんの調子が良いので、関宿まで行っちゃおっかな~。

ゲゲゲ。関宿に行くんだったらロードで出かけたのに。と思いながらも、準備してしまっていたので、シラスで10さん、カーさんを追いかけることにしました。

江戸川CRに出ると、追い風。簡単に時速27~30キロ出ちゃいます。帰りが恐ろしいなぁ・・・と思いながらも、10さん達に追いつくべく一生懸命ペダルをまわしました。

玉葉橋を過ぎ、野田橋を過ぎ、16号を過ぎ、もうすぐ宝珠花橋というところで、

見えてきました、自転車3人組み。10さんとカーさんだけでなくKAKAPOさんもご一緒でした。こんにちは~と挨拶して合流です。

10さんの後ろでニューバイクをじろじろじろじろ観察していると、風に押されてあっという間に関宿に到着しました。

これが10さんのニューバイクです。

bunaibuさんのNC7号と同じダブルレバー(でいいんですっけ?)です。カッコイイですねぇ~。こんな素敵なバイクを手に入れたら、10さんがまた速くなっちゃいます。困ったなぁ。

お腹が空いた私達は橋を渡りキンカ堂で昼食。私達はお寿司屋さんのランチ。

だってずーっとお寿司食べたかったんですもの。やっと食べられて満足でしたぁ。

もてぎのことや、ジャージのことを話しながらランチを済ませると、13時過ぎ。そろそろ帰らなくてはならない時間です。

帰りは利根川CRを走りますが、予想通り向かい風が・・・

辛いゾ!

でも、ニューバイクに跨った10さんが・・・・

すっごく、速いぞ!!

ついていけませ~ん。

そんな苦しい思いをしながらも周りをキョロキョロしてみると、水が張られて田植えが済んだ田んぼや、

刈り取られた牧草など、

何も観察せずに走ってしまうと退屈にも思える河川敷のCRですが、色々な変化があるんだなぁと感じました。

利根川CRと利根運河CRの交わったところで、10さん、カーさんとお別れ。

カーさんは後半向かい風という厳しい条件の中、今日の合計100キロ弱の走行となったようです。まだ乗りなれないMTBでも、ママチャリよりずっと楽!!(そりゃそうだ)と、元気なカーさん。いやぁ~、本当に参りました。

利根運河の途中でKAKAPOさんとお別れし、最後に江戸川CRを下りますが・・・・これまたすっごい向かい風。全くスピードが上がらないまま、何とかかんとか家にたどり着きました。

『ちょっとそこまで』のはずの今日のポタ。終わってみると80キロ弱の結構ガッツリサイクリングでした。誰に、とは言わないけれど・・・騙された。

  • 場所: 江戸川CR-関宿-利根川CR-利根運河CR-江戸川CR
  • 【みくま:シラス】
    • 時間:4時間39分(2008年9月26日からの累積:172時間)
    • 距離:78.2km(2008年9月26日からの累積:985.3km)
    • 平均速度:19.7km/h
  • 【アシスト:シラス】
    • 時間:4時間49分(2007年8月11日からの累積:453時間)
    • 距離:78.2km(2007年8月11日からの累積:4665.8km)
    • 平均速度:19.6km/h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »