« ゴールデンウイーク中に開花した花々 | トップページ | やっと出会えたぁ~ »

2009年5月11日 (月)

坂練三週目は筑波山縦走。今までで一番辛かった!

先々週はヤビツ峠。先週はいろは坂。と、Mt.富士ヒルクライムに向けた坂練を続けてきましたが、懲りることなく土曜日も山に出かけてきました。

今週出かけたはホームコースの筑波山。りんりんロードの藤沢休憩所に車を停めて自転車を組み立て、予定の10時から一時間遅れの11時に出発です。

まず最初に向かったのは、りんりんロードから右に見える山とは逆方向にあるこの場所。

筑波山の手前に広がっているのは・・・

レンゲ!

サイスタのお友達よっちゃんさんが紹介されていたレンゲ畑に寄り道しました。ほんわりレンゲの甘い香りに囲まれて、透き通るようなレンゲの花をしばらく楽しみました。前回に続き嵐の前の静けさです。

ひとしきりレンゲを楽しんだ後は、田んぼの中をまっすぐ伸びる道を走って大池公園を経由し不動峠に挑戦です。

上りはいつものように一人旅。今回は、

『腹筋を使って上るべし』

と自分に言い聞かせながら、ペダルをまわすたびに心の中で

腹筋、腹筋

ちょっと変な人・・・だったかな。でも、口には出していませんよ。多分。

と、腹筋に集中して上っていると・・・

あれ??何だかすごく楽。

サイコンをみるといつもと同じかいつもよりも良いペース(時速8キロ~9.5キロ)で進んでいるのですが、周りをキョロキョロしたり、勾配の変化を敏感に感じ取ったりする余裕があります。息もそれほどあがらない。

そして上り始めから3キロを過ぎ、いつもなら

10%勾配標識まだかなぁ~ (←もうすぐゴールの目印)

と、カーブを左に曲がる度に期待して裏切られの繰り返しなのですが、なっなんと!!

え?もう10%勾配標識なんだ

という余裕っぷり。自分でも信じられませんでした。そして、最後のきっつい左カーブを初めてインベタで上りきりゴール♪

タイムは、今までの最高記録より1分ほど縮まって25分47秒。すごーい!!楽だったのに速ーい♪アシストくんも、同じように楽だったのに速かったようなので、毎週末の坂練の成果なのでしょうか?いい歳して素直に嬉しかったです。

気分を良くした私達は足取りも軽く(?)表筑波スカイラインを通って風返峠に移動。途中、ヘビが道を横切っていてちょっとビックリしました。

いつもは風返峠からつつじヶ丘に上るのですが、今日はちょっと下って湯袋峠を目指しました。ここの下りは勾配が少しありましたが道が広く走りやすかったです。早速、この前KENさんに教えていただいた上手な坂の下り方を実践してみましたが、違いは・・・分かったような分からなかったような・・・。もっと精進します。

湯袋峠からは真壁に向かって2キロほど下り、湧き水で水の補給。

生水は飲まないで下さい

という注意書きがありましたので、利用は自己責任でお願いします。ちなみに、私達は柔らかい口当たりの甘い湧き水を、生のまま美味しく頂きました。

で、無駄に下って来てしまった道を約1キロ上って湯袋峠の手前を左に折れ、一般車が入れない林道を上曽峠に向かいます。この上りをALPUS LABで見ると、距離約1.5キロ平均勾配9%という私にとっては超激坂。

木々に囲まれた極狭い道ですが、

車が通らないので走りに集中でき、そういう意味では走りやすかったです。毎度のように、心が折れそうになりましたが、何とか足をつかずに頂上に到着ぅ~。頑張ったぜぃ。思ったより長かった・・・。

ここでちょっと休憩して上曽峠まで下り。どうもここから先は尾根沿いの道とのことで、峠は一番低い場所になるらしいです。一体私はどこを走っているのだろう・・・。

ちょっと下るとすぐに上曽峠に到着し、続くきのこ山への上りが始まりました。

きのこ山への上りは、約2キロ平均勾配8.5%ほど。どこを走らせるつもりじゃいい!!

いや~。この上りにやられました。先ほどの超激坂で足を使いきってしまったのか、ペダルを踏んでも踏んでも前に進まない。ついにケイデンスはかつて見たことのない30をマーク。足をついて休憩です。その後も、ダンシング~休憩~ケイデンス30~休憩。という形で何とかきのこ山山頂付近に到着!疲れたぁ・・・。

山頂からの眺めを楽しんだ後、再びマドンナに跨り走り出そうとなんとなくフトントギア付近を見ると・・・

フロントがセンターに入ってるんですけど。

目を疑いました。上り始めでフロントをインナーに落とすのを忘れてしまっていたようです。情けない・・・。

そりゃ~辛いよ。ノーマルクランクで上ってきたのと同じだよ!気がつかなかったのぉ??

と、あきれた様子のアシストくん。

いや~、気がつかないものですねぇ。違いが分からない女っぷりを余すことなく発揮しちゃいました。

気を取り直して細かいアップダウンを走っていると、石岡市方面に開けたパラグライダーの基地を発見。

木々が切ってあるので眺めは抜群です。

何名かの方がちょうど飛び立つ準備をしていらっしゃったので、しばし見学。

パッとパラグライダーを広げて、

ヒョイっと前を向いて、タタタターと飛び出すとあっという間に

大空に浮かんでいます。

気持ち良さそ~。話を伺うと飽きるまで4、5時間でも飛んでいることが出来るとか。気が向くままに走るサイクリストと似たようなものですね。

あ、サイクリストと似ているといえば、明らかに自転車用と思われるヘルメットをかぶっている方もいらっしゃいました。意外な共通点があるもんです。

ちょっと先にはハンググライダーの基地も。

そして振り返ると、道の反対側には桜川市方向に開けた別の基地があり、

今立っている場所が、山のてっぺんであることを実感しました。上ってきて良かった・・・かな?

ここからは緩い上りを上って足尾山を越えたあとは一本杉峠までちょっと下り。

一本杉峠からは本日最後の本格的な上りでしたが、先ほど己のミスで力を使い果たした私はもう上る力が残っていませんでした。今度は間違いなくフロントをインナーに落とし、休み休みしながら、山の上に立つ風力発電の風車のふもとに到着。

いや~、本当に高いところにいるんだなぁ。

加波山を越えて、採石場からのドカンという爆発音に驚きながら長くて割と勾配のある下りを下ると(道が悪くて疲れたぁ・・・)、急に木々がなくなり平地に着きました。

いやぁ~、山から脱出出来て良かったぁ。

だって、このときの時刻既に16時。予定より大幅に遅れちゃいました。

岩瀬駅近くで遅いお昼を済ませて、岩瀬からはりんりんロードで藤沢に戻ります。

りんりんロードを走りながら平地を走れる喜びを感じました。関東平野バンザーイ!!

道の左手に見える山を見上げると先ほど目の前にあった風車や、パラグライダーの基地が山のてっぺんに見え、さっきはあそこに居たんだねぇ。とちょっと信じられない気分。

また、道の右手には一面の緑。

麦畑です。きれいに植えられていて壮観でした。

また別の場所では少し黄金色に色が変わっている麦も発見。

緑の畑も、黄金色の畑もどちらも美しい。りんりんロードいい道ですね。

最後は暗くなってしまいましたが、声を掛け合いながら安全に走って藤沢に何とか戻ってきました。

この日の山道は今まで出一番辛かったけど(自業自得?)、今度は足をつかずにすべての坂を上れるようにリベンジするぞー!!

って、アシストくんに言ったんですが、アシストくんは

しばらくいいや

ですって。アシストくんも結構ヘロヘロだったようです。

今日走った山道はこのルートでーす。物好きな皆さんは是非お試しあれ。

  • 場所: 藤沢-レンゲ畑-不動峠-きのこ山-足尾山-加波山-岩瀬-りんりんロード-藤沢
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:7時間23分(2008年9月26日からの累積:185時間)
    • 距離:102.8km(2008年12月13日からの累積:1475.9km) ←ウソです途中で変になって長く出ちゃってます。
    • 平均速度:17.2km/h ←なので、これもウソです
    • 不動峠への上りにかかった時間:25分47秒(HR165/181)
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:7時間20分(2007年8月11日からの累積:465時間)
    • 距離:93.7km(2008年12月13日からの累積:1568.9km)
    • 平均速度:15.8km/h
    • 不動峠への上りにかかった時間:20分30秒(HR171/189)

|

« ゴールデンウイーク中に開花した花々 | トップページ | やっと出会えたぁ~ »

ロードバイクでお出かけ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

 すごいな~筑波山系縦走なんてやったことないよ。
 部分々では走ったことあるけど、今度道案内してよ。
 りんりんロードを単純に往復じゃあつまんないから尾根道ルートも良いね!

投稿: KEN | 2009年5月12日 (火) 01時16分

筑波山付近ていろんなコースが作れるんですね~。今度走ってみたくなりました。
それにしてもすごい!フロントミドルで休み休みとはいえ登坂を頑張ったのですから・・

投稿: taro | 2009年5月12日 (火) 01時30分

ひぇ~、スゴイじゃないですか~、みくまさん!
山道を90kmも走ったの?上り坂が1/3としてもすごい距離です。ましてやアシスト君が「もういいや」というほどお腹一杯になるまで走るとは・・・

そういえばりんりんロードの脇の麦畑。きれいでしょうね。また行きたくなりましたが、ボクの場合、坂はなしで(笑)

投稿: 103 | 2009年5月12日 (火) 05時21分

みくまさん こんばんわ!Boostです。
高度グラフも見て吹っ飛びました~!wobbly
見てるだけで鼻血が出そうです・・。
いろんな峠で鍛錬してメキメキと力を付けてきている様で頼もしい~!happy02 あとはbeerPowerでぶっちぎりですか・・(笑)

投稿: 我孫子boost | 2009年5月12日 (火) 22時56分

shadowKENさん
コメントありがとうございまーす!

筑波山系縦走、道を一本はいると人里はなれた感じでいつもとちょっと違った筑波山を楽しめました。が、私には勾配がきつかったです。
りんりんロード方面に出かけるときには、たまには走ってみても面白いかも。りんりんロードの平坦のありがたさを強く感じます!
アシストくんの中の辛い記憶が薄れた頃案内させますね~。

投稿: みくま | 2009年5月12日 (火) 23時39分

shadowtaroさん
コメントありがとうございまーす!!

筑波山は不動~つつじヶ丘で終わりだと思っていました、思いのほか先が長かったです。でもまだ行っていない峠もあるとかで、また出かけることになるのかなぁ??
taroさんも試してみてくださいね~。

投稿: みくま | 2009年5月12日 (火) 23時41分

shadow10さん
コメントありがとうございますぅ!!

山道を90キロじゃないですよぉ。半分はのどかなりんりんロードですから。純粋な上り距離とすると10~15キロくらいでしょうか?
途中MTB用のオフロードと思われる区間もありましたよ~。10さんもどう??

投稿: みくま | 2009年5月12日 (火) 23時43分

shadow我孫子boostさん
コメントありがとうございまぁ~す!!

若干、坂○○に足を突っ込みつつある私達ですが、あと数週間でこんな生活ともおさらばです!
あ、でも、我孫子boostさんの銚子まで走っちゃったレポートは結構鼻血でそうでしたよ。

Mt.富士クライム当日は、富士山麓のbeerパワーで完走をめざしまーす。

投稿: みくま | 2009年5月12日 (火) 23時47分

 あと数週間でおさらばしちゃうのぉ~?
 だいぶ登れる自信がついたでしょうから、これを機に山をからめたツーリングができるようになったのではないでしょうか。秩父・長瀞とか志賀草津高原ルートとかね!

投稿: KEN | 2009年5月14日 (木) 04時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224807/44984122

この記事へのトラックバック一覧です: 坂練三週目は筑波山縦走。今までで一番辛かった!:

« ゴールデンウイーク中に開花した花々 | トップページ | やっと出会えたぁ~ »