« 今年の夏も自転車小旅行!渡良瀬川を遡る旅 | トップページ | 小旅行2日目 渡良瀬渓谷をひたすら上り、日光そして・・・ »

2009年8月18日 (火)

小旅行1日目 渡良瀬川CRを遡り桐生まで

15日、土曜日。

なにもここまで晴れなくても・・・・

と、ついわがままを言いたくなるくらいよい天気sunになりました。

眠い目をこすりながら何とか起き出し、9時半に出発。

外にでてみると日差しは強いですが、湿度は高くなく自転車で走ると気持ちの良い天気でした。しかし、停まるとどっと汗が吹き出て暑い暑い。日向で長く停まっての休憩はNGです。

江戸川CRをしばらく遡るとこんな風景が目にとまりました。

もう稲刈りをしています。ついこの前までまだ稲穂が見えないと思っていたのに、あっという間に収穫。遠目では詳しくはわかりませんが、冷夏にもかかわらずちゃんと収穫出来ている様子。良かったです。

東からの風に押され気持ちよく走っていると、何度となくアシストくんに近づきすぎて

煽ってるの??pout

とにらまれる私。

えっ??煽ってるなんてとんでもない!!

といいながらも、実はもうちょっと速く走りたい私。するするっとアシストくんの前に出てしばらく前を引きました。たまにはエースの力を見せつけなくっちゃね。

そうこうする内に、快調に関宿に到着。

お盆休みのせいか、良いお天気のせいか、関宿はサイクリストさんであふれていました。ゆっくりする場所もないほどで、私達はトイレ休憩だけですぐに出発しました。

利根川CRに出る途中、春に見事な花を咲かせる関宿のこぶしに赤い実がついているのを発見しました。

こんな実がつくなんて初めて知りました。複数の実がくっついたような面白い形をしています。

その後、利根川CRに出ると大混雑だった江戸川CRがウソのように誰も走っていません。私達の貸切状態です。

周りに気を使う必要のない快適な走行で、あっという間に渡良瀬川との分岐点に到着しました。

今回は渡良瀬川を遡る旅のため、ここでの記念写真を外すわけには行きません。上流に遡るにつれて川がどのように表情を変えていくのか楽しみです。

が、そろそろお昼。腹が減っては・・・とも言いますし、腹ごしらえをするために古河の街に寄り道です。

お目当ては

ウナギ!!

先月牛久沼でウナギを食べ損なったこともあり、古河ではウナギと決めていました。ただ心配だったのはお盆の真っ最中ということ。実際、第一候補のお店は閉まっていて先月の二の舞か??と嫌な予感が脳裏をよぎりましたが、前回訪れた「たたみ家」さんに近づいたときに匂ってきた甘辛いタレの香りにホッとしました。今度こそ食べられるぅ・・・。

美味しくウナギを頂き、隣のテーブルの方と自転車談義に花を咲かせ(自転車には乗られないのですがツールドフランスがお好きな方でした)、残り半分を走りきる元気をチャージしてお店を後にしました。

この日は終日東風の予報で、残り50キロの行程はすべて追い風に押してもらえることになります。このため少し余裕を感じていた私は

渡良瀬遊水地に寄り道するぅ~

とアシストくんに懇願。

暑いよぉ・・・・

と渋っていたアシストくんを何とか説得し、今まで何度か横を走っているものの横目で見たことしかなかった渡良瀬遊水地に踏み入れることが出来ました。

感想は、広い、暑い、迷子になる。です。あまり深くは聞かないで下さい。

渡良瀬川CRに戻り更に遡りますが、ここでアシストくんが

ここからは見所がないから飛ばすよ~

と、鬼牽き宣言。

しばらくは走ることに集中し、誰も走っていない渡良瀬川CRを2人で疾走(?)しました。

が、やっぱり暑い・・・。さすが日本一暑い町館林、侮れません。

しかし、橋の下の影で休憩をすると風が心地よく、秋が近いなぁと感じました。

次の写真は渡良瀬川の土手で直射日光を受けて草を食べていた牛達。

熱中症になっちゃったりしないんでしょうか?たくさんの鳥と仲良く一緒にいて不思議でした。

周りの建物が多くなってきて、足利市街地が近づいたな~と思っていると何だか対岸付近が騒がしい。

なんじゃ??

と思ってみてみると、

プールでした。

私達は暑さと戦いながらの走行のため、プールのキラキラ光る水面がオアシスのように感じられました。

このままの格好でよいから、水に浸かりたいぞぉ~!!

と思いましたが、叫ぶだけで我慢しました。気持ち良さそうだったなぁ。

そして、足利市といえばこの場所。

以前も訪れた渡良瀬橋の歌碑に寄り道し、日除けのマスクをしているのをいいことに大口をあけて気持ちよく歌わせていただきました。んー、気持ちよい。

足利市を過ぎたところでさすがのウナギパワーも切れてきたので補給。最後のひとふんばりです。

以前は長く感じた足利から桐生までの道のりは、一度走ったことがあるからか、追い風のせいかとても短く感じました。

サイクリングロードの先にそびえ立つ赤城山が見えてきたら

すぐにゴールの錦桜橋でした。

一日目はここまで。桐生で見つけたイタリアンのお店で、お料理とビールを楽しみ、次の日に備えて(私は)早く眠りにつきました。

  • 場所: 江戸川CR-利根川CR-渡良瀬川CR
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:7時間05分(2008年9月26日からの累積:227時間)
    • 距離:104.8km(2008年12月13日からの累積:2037.9km)
    • 平均速度:19.3km/h
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:7時間01分(2007年8月11日からの累積:518時間)
    • 距離:105.1km(2008年12月13日からの累積:2325.5km)
    • 平均速度:19.4km/h

|

« 今年の夏も自転車小旅行!渡良瀬川を遡る旅 | トップページ | 小旅行2日目 渡良瀬渓谷をひたすら上り、日光そして・・・ »

ロードバイクでお出かけ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

ウナギは古河でリベンジされたのですね~。
そうそう足利の渡良瀬川河川敷にあるプールは夏場に行くとプールに入っている人が羨ましく見えてしまいますよね。気持ちよさそうですから・・
という事で、今度トライアスロン用バイクウエアを手に入れて、プールに自転車を横付けして、いきなりドボン!というのはいかがかな~なんて

投稿: taro | 2009年8月19日 (水) 15時34分

みくまさん、こんばんは。サスケハナです。

恒例の泊まりがけツアーですね。いつも計画的に自転車を楽しまれていて、それがまた素晴らしいと思っています。
天気、風物、食べ物、そして何よりもパートナーに恵まれて、うらやましい限りのレポート、楽しく拝見しています。

投稿: サスケハナ | 2009年8月19日 (水) 17時33分

shadowtaroさん
コメントありがとうございまーす!!

はーい。古河でウナギリベンジしちゃいました。古河を通るのにウナギを食べないなんてという状況でしたぁ。思い出しても美味しい♪
渡良瀬川河川敷のプールご存知だったのですね。気持ち良さそうですよね~。トライアスロン用ウェアですか。Swacchiさんにお願いしちゃおうかな~?

投稿: みくま | 2009年8月21日 (金) 00時20分

shadowサスケハナさん
コメントありがとうございまーす!!

恒例と言っていただいて恐縮です。本当に恒例となるとよいな~と思っています。
当日はお天気には恵まれすぎて暑かったです。自転車の一泊旅行は、週末まで天気の様子を見てから決行するかどうか決められるのですが、予報ではもう少し涼しい予報だったのです。騙されました~。

投稿: みくま | 2009年8月21日 (金) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224807/45966969

この記事へのトラックバック一覧です: 小旅行1日目 渡良瀬川CRを遡り桐生まで:

« 今年の夏も自転車小旅行!渡良瀬川を遡る旅 | トップページ | 小旅行2日目 渡良瀬渓谷をひたすら上り、日光そして・・・ »