« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の10件の記事

2009年9月27日 (日)

林を抜けて南船橋へお買い物に

昨日は南船橋へ自転車関連のお買い物に出かけました。久しぶりのクロスバイクでのお出かけです。

いつもは江戸サイをただただ下流に向かって南船橋に行くのですが、今回はちょっと違う道をということで、東葛人さんが作られたこの道を参考に走りました。

写真は途中一面に咲いていたコスモス。あちらこちらで可憐に咲いていますね。風に吹かれて柔らかく揺れる姿が大好きです。

ほとんどまっすぐには走らない道でどこを走っているのか全く分からず、アシストくんについていくのみだったのですが、途中驚くような道がありました。

この写真。どこの写真だと思いますか?以前アップした渡良瀬川沿いの山道でとった次の写真とそっくりですが、

上の写真は間違いなく千葉県市川市です。長くは続きませんが、空気がひんやりして気持ちよい道でした。

それにしても市川には梨園が多い。

右も左も、後ろも前も梨園が続いていました。

梨園のすぐ近くにある、少年自然の家の横の道も気持ちよかったです。

さすが、少年自然の家があるだけのことはあります。自然がいっぱい。

市川にもこんな場所があるなんて知りませんでした。今度はこの辺りを目的地にして走ってみようかな~。

ゆっくりゆっくり道を確認しながら走ったので3時間ほどかかって南船橋に到着しました。途中未舗装路もちょっとありクロスバイクにして正解でした。

南船橋では、諸事情で敗れてしまったレッグカバーやレッグウォーマーそして念願の冬物のジャージを購入し超機嫌。

帰路は、セオリーどおり江戸サイを走りました。

江戸川で船の衝突事故があったようで、途中サイクリングロードが閉鎖されているハプニングもありましたが、土手を上って閉鎖されている場所を避け、暗くなってきた江戸サイを走って無事に家に着きました。

  • 場所: 流山-松戸-市川-南船橋-江戸川CR
  • 【みくま:シラス】
    • 時間:4時間39分(2008年9月26日からの累積:277時間)
    • 距離:56.5km(2008年9月26日からの累積:1041.9km)
    • 平均速度:14.7km/h
  • 【アシスト:シラス】
    • 時間:4時間39分(2007年8月11日からの累積:569時間)
    • 距離:56.6km(2007年8月11日からの累積:4722.5km)
    • 平均速度:14.7km/h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

終わっちゃったな~、シルバーウィーク

突如現れた秋の大型連休。楽しみにしていましたが今日で終わりですね。

ちなみに我が家の5日間の過ごし方は、

19日、早朝(深夜)出発で、長野県霧が峰に移動。ビーナスラインを自転車で走りました~。

20日、同じくビーナスラインを今度は車で走り、美ヶ原と車山の散策を楽しみました。

21日八島ヶ原湿原を散策した後、三重県鈴鹿市に移動。

22日、鈴鹿サーキットで行われたスズカ8時間エンデューロの7時間ソロに参加。

23日、深夜に鈴鹿を経ちお昼過ぎに帰宅。自宅で睡眠sleepy

という、遊びまくりの日々を過ごしました。

大好きな自然、自転車、サーキットを大いに楽しんだ5日間でした。毎日が感動の連続で、社会復帰できるかなぁ。

各々の記事は、後日少しずつ書きたいと思いまーす。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

鈴鹿8hエンデューロ。お腹一杯走ったぞー

22日火曜日。

鈴鹿サーキットで行われたエンデューロに参加してきました。理由は、モータースポーツ観戦のために何度となく通っている鈴鹿サーキットを走ってみたい!ただそれだけです。

私達が参加したのは7時間ソロ。前半5時間走った後3時間休憩し、その後2時間走るという変わった種目です。7時間もサーキットを走れるなんて幸せ♪

【開始前】

朝4時半に会場入りした頃はまだ真っ暗。自転車を組み立てコース脇に場所を確保した後、受付を済ませました。

自転車に空気を入れたり朝ごはんを食べたりしていると、あっという間に試走開始になりました。今回は通常とは逆周り。ホームストレートは緩いのぼりになります。

シケイン手前でちょと勾配がきつくなりますが大したことありません(と試走のときは思いました。実際は大したことありありだったんですが。)

シケイン~130R~スプーンまでは緩い下りです。ただ、スプーンに向かって急に勾配のある上りになっているのは驚きました。コース脇から見ているだけでは分からないですね。

スプーン~まっちゃんコーナーはほぼ平坦(若干の上り?)。ここからヘアピンに向かって下り、デグナーに向かっては結構な下りでスピードが出ます。

そのままデグナーに飛び込むと、ダンロップまでは緩い上り、そしてその後逆バンクまでカーブしながらビューンと下ります。ちょっと怖かった・・・。

逆バンク~S字~2コーナーはもてぎのS字と同じような感じで下り、1コーナーを過ぎると緩やかな上りになりホームストレートに戻るという感じです。

【前半5時間】

試走が終わるとすぐにスタート準備。

7時3分のスタートに向けてスタートラインに並びます。ドキドキ。ちょっと緊張してるかなぁ。

そして、7時3分。5時間エンデューロと一緒に7時間ソロのスタートです。

1時間毎に休憩をとりますが、私達のピットはピット入り口脇の芝生の上。つまり、ピットレーンに入ることなくピットに入ることができます。このおかげでタイムロスなくピットすることができました。危なくないしとても良かったです。

最初の2時間は、上りは緩いし下りも多いので

結構ラク♪

と思って元気に走っていました。

が!

走行時間が3時間近くになるとシケインへの上りが段々きつくなり、

まだ2時間も走るのぉ~

と弱音をはく私。緩い上りでも確実に脚にきますね。

そして3回目の休憩でアクシデントが。トイレに行ったときに外したアシストくんのグローブが行方不明に。どうもどこかで落としてしまったみたいです。

グローブなしじゃ走れませんが、ラッキーなのかアンラッキーなのか、たまたまビーナスラインの寒さに備えてフルフィンガーのグローブを持ってきていたので、車まで取りに戻るアシストくん。

ここまで私に合わせてゆっくり走ってくれていましたが、アシストくんはもっと速く走れるので、アシストくんを待たずに私が先に出発することにしました。

それからマイペースで2周した頃、アシストくんを発見!

つまり、2周で追いつかれてしまいました。

列車に乗ったら楽ぅ~

と興奮冷めやらぬ様子ですが、ここで無理したのが後で脚にきたみたいです。

前半最後の休憩を済ませると、2人とも

もうユックリでいいよね~

と、やる気ない発言で1周のタイムが急に落ちました。それでも何とか前半5時間で20周を達成!距離にして116.5km。すごーい。100キロ越えちゃった!

【休憩3時間】

以前このイベントにエントリーしましたという記事を書いたときに、KAKAPOさんが3時間の休憩時間に何をするんだろう?と仰っていましたので、私達のケースをレポート。

まず、落としてしまったグローブを発見。落し物として届けられていました。よかったぁ。

そして昼ごはん!お腹ペコペコです。

その後は。。。ボーーー。とにかく、ボーーー。

ブースも出ているのですが、見て回ったり試走したりする余力は残っておらず、眠さに耐えながらただただボーーーとしておりました。

元気な方は抽選会に出かけたりしていたようです。

こうして私達がボーーーっとしている間も、10時間エンデューロの参加者は走り続けています。

【後半2時間】

10時間エンデューロの参加者がコース上をずっと走り続けているので、後半はコース脇から2時間ソロの方と一緒にこっそりスタートです(2時間かぁ・・・羨ましいなぁとちょっと思いました)。さて3時間の休憩で坂を上れるだけの体力が回復したでしょうか?

結果は、少しは回復していましたがやはり脚は辛かったです。辛い太ももをかばうために短いのぼりはダンシングでカバー。だましだまし走り続けます。

でも、1時間後の休憩のあとは2人でダメダメ走り。もうシケイン前の上りを上れません!!

後半2時間は私と一緒ではなく単独で走ろうかな~と言っていたアシストくんでしたが、前半遅れを取り戻したときの走りが脚に来たようで、無理~。と結局ずーっと私と一緒に走りました。

そして、ファイナルラップの周。やってくれましたアシストくん。

逆バンクでチェーンを外しブログネタを提供してくれました。おかげで貴重なコース内の写真が撮れたよ~。

放送で流れるカウントダウンを聞いて、

はぁ~やっと終わったぁ。よく7時間走った!

とちょっと感動。富士を100キロ走ったときには、もう終わっちゃうのかぁ。と最後に名残惜しさを感じましたが今回は。

もういいや。十分走った。

と満腹宣言。結局前半後半あわせて28周。なんと162.9kmのセンチュリーライドとなりました。2人の中では平均速度20キロとして140km越えを目指そう!と密かに目標にしていましたが、160キロ走れちゃうとはビックリです。まあ、サーキットなので追い風参考記録ということになりますが、思いがけず嬉しい初センチュリー達成となりました。

あたりが暗くなった中で行われた表彰式と抽選会に参加して会場を後にしました。それにしても、朝暗いうちから、夜暗くなるまで自転車に乗ってる私達って・・・ホント自転車○○です。

写真は、イベントを盛り上げてくれた仮装チーム。ちゃんとした表彰式です。

最後にラップチャート。前半、後半の最後の1時間サボってるのがバレバレですね。

  • 場所: 鈴鹿サーキット
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:7時間27分(2008年9月26日からの累積:272時間)
    • 距離:162.9km(2008年12月13日からの累積:2682.3km)
    • 平均速度:23.6km/h
    • 前半5時間(20周)→5時間15分、116.5km、平均時速24.1km/h
    • 後半2時間(8周)→2時間12分、46.4km、平均時速22.5km/h
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:7時間24分(2007年8月11日からの累積:565時間)
    • 距離:162.9km(2008年12月13日からの累積:2974.7km)
    • 平均速度:24.2km/h
    • 前半5時間(20周)→5時間15分、116.6km、平均時速24.7km/h
    • 後半2時間(8周)→2時間9分、46.3km、平均時速23km/h

---9/26記す

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

ビーナスラインのアルバム

20日、21日にビーナスライン周辺を散策しながら撮った写真を載せます。

【20日 美ヶ原高原】

牛伏山から綺麗に見えた北アルプスに恋をしました。

こんな素敵な場所で草を食んでいる牛や馬。羨ましいなぁ~。

【20日 車山】

車山肩から山頂まで歩いて登りました。

山頂から見える八ヶ岳。その右奥に見えるのは富士山です。車山から見える八ヶ岳にも恋してしまいました。惚れっぽいのかしら?

こちらは車山高原とその右奥に見える白樺湖。実は、車山高原側からリフトで車山山頂まで来れたみたいです。知らなかった・・・(ちなみに、鬼アシストくんは知っていたんですって。全然怒ってないけど・・・)。

真ん中より少し上の左側に移っているのが八島ヶ原湿原。鉄さびのような赤茶色が印象的でした。

このかわいい花はマツムシソウ。美ヶ原高原でも車山でもあちらこちらに見られました。

【20日 霧ヶ峰】

夕日を浴びて光るススキの原。写真にはうまく撮れませんでしたが本当に綺麗でした。

【21日 八島ヶ原湿原】

湿原の周りを90分かけてのんびり歩きました。低い山に囲まれた不思議な湿原です。

こんな感じのところどころに木が生えている緩い山々が不思議な雰囲気を醸し出していました。

時間が許せば、綺麗に整備されている遊歩道&登山道を制覇したかったです。

---9/27記す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

ビーナスラインに感動!

19日土曜日、シルバーウィーク初日。

深夜に家を出て目的地の霧ヶ峰には朝到着。宿に車を停めさせて頂いて早速自転車を組み立て、ビーナスラインに向かって漕ぎ出しました。

いきなりの上り坂。睡眠不足のせいか、空気が薄いのか最初の1キロで既にゼーゼー苦しい私。こんなので美ヶ原にたどり着けるのか?!?

ちなみに、今回の出発点霧ヶ峰は標高1600m程度にある高原。空気が薄いのです。ゼーゼー。

交差点を左折し、いよいよビーナスラインの始まりです。

最初は普通の山道のような道が続きますが、八島ヶ原湿原を過ぎたところで左側の視界が開けました。

うわ~、と自転車をとめて目をやると諏訪市街と諏訪湖が良く見えました。

諏訪湖の湖面が市街地より高い位置に見えたのは気のせいでしょうか?

ずーっとアップダウンが続きますが前半は基本的に下り基調。復路のことを考えるとちょっと不安になりますが、考えないようにして下り坂を楽しみます。

下りきったところが和田峠でした。ここからはぐねぐねの上り坂。4キロほどの坂をえっちらおっちら上ると、三峰山にたどり着きました。

一面クマザサに覆われて木が生えていない不思議なそしてとても印象的な山でした。

次の写真は三峰山に上るときに走った道です。こんな感じで、山の高い場所をつないで走っているのがビーナスラインです。

ここから少し下って少し上ると扉峠。ここでトイレ休憩を済ませて、下って~上って~下って~上って~下って~と短いアップダウンを過ぎてちょっと怖い橋を渡ると、やってきました美ヶ原高原への上り口。

ここから急に勾配が増し、距離は4キロとそれほどでもありませんが平均勾配8.8%の上りが始まります。

見上げると切り立った山肌に続いている道。あんなところにあがってくのかなぁ・・・と下がるdownテンション。。。

2キロくらい上ったところでしょうか?道の左側がひらけて上り口前の橋が良く見えました。

またもう少し上るとまた視界が開けたので写真をパチリ。

え?なんだんだ理由をつけて足ついて休んでるだろって??

違いますよぉ~。せっかくの景色だから写真におさめようととまってるんですって。

とか言いつつ、実はこの後、写真も撮らないのに足つき休憩しちゃったんですが、なんとか押し歩きなしで標高約1900mの美ヶ原高原に到着!

はぁ・・・。たどりつけてよかったぁ・・・。

これまた木がほとんど生えていない高原の景色にただただ感動。

日本じゃないみたい!

という感想と同時に、

Windows XPのデスクトップみたい!!

と思いました。

腹ごしらえをした後は牛伏山に上って眺望を楽しみ(風が強くて寒かった!)美ヶ原を後にしました。

勾配のきつい下り坂はちょっと怖いので、下りも休み休み。

写真は下ってきた道を見上げるアシストくんです。まだ1800m。上り口まであと200m下らないといけません。

ゆっくりゆっくり安全に下り、橋を恐る恐る越えたら、後は上って~下って~上って~下って~上って~(しつこい?)扉峠を越え、三峰山を上る頃には・・・私の気力はなくなってしまいました

ここで教訓。ビーナスラインのアップダウン侮れないぞ~!!

心拍はまだ低いのにすぐに息が上がってしまいます。やっぱり空気が薄いのでしょうか??

和田峠まで下った後は再び上り始めます。やっぱり前半の下り基調が最後の試練となりました。

でも、もうここまで来るとゴールはもうすぐ。周りの景色を見ながらのんびりと走りました。そして道の左側に見えてきたのが、八島ヶ原湿原。

なんとも言い表せない色彩でしばらく見とれてしまいました。

そして、最後まで続く上り坂に耐えゴール!!!

気持ちよかった~けど、疲れた!疲れた!!疲れた~!!!

記念撮影の後は、霧ヶ峰の自然を楽しみながら坂を下り

宿に戻りました。宿では温泉につかって一日の疲れを取って、美味しいビールと食事。幸せな一日でした♪

  • 場所: 霧が峰-美ヶ原-霧が峰(ビーナスライン往復)
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:5時間38分(2008年9月26日からの累積:259時間)
    • 距離:5.5km(2008年12月13日からの累積:2458.1km)
    • 平均速度:12.1km/h
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:5時間38分(2007年8月11日からの累積:551時間)
    • 距離:55.1km(2008年12月13日からの累積:2749.1km)
    • 平均速度:12.2km/h

---9/26記す

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

消えた4111kcal

週末のMt.Fujiエコサイクリングは距離115キロで途中アップダウンがあったため、ポラールのサイコンに表示された消費カロリーは過去最高の4111kcalでした。

こりゃ~痩せたね♪

と、翌日喜び勇んで体重計にのると

2キロ

エーーーーーー!!

この現象は、我が家で「消えた4111kcal」と言われています。

そりゃ~、バナナとか地ビールとかウインナーとかたらふく食べたり飲んだりしたけどさ、増えなくたっていいじゃん。せめて、横ばいとかさぁ、空気読もうよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

富士山1周!Mt.Fujiエコサイクリング

13日、日曜日。

いよいよMt.Fujiエコサイクリングの日です。朝4時に起床。朝食を済ませ、KENさん運転の車で5時前には宿を出発しました。とにかく寒いです。気温は11℃。標高1000メートルの山中湖、侮れません。

会場にはもうたくさんの人が集まっていました。早速自転車を組み立て、準備をしてスタート地点に移動しました。

富士山がくっきり姿を見せてくれています。それだけで嬉しくて、このイベントに参した甲斐があるってものです。まだ出発前なんですけど。

1400名の参加者がいっぺんにスタートすることはできないので、スタート地点に並んだ順番で小さなグループごとにスタート。私達は6時20分ぐらいのスタートだったでしょうか?

絹代さんと今中さんのカウントダウンで出発です!

ちなみにコース図はこちら。前半は下り基調、後半が上り基調のコースです。

まずは山中湖湖畔を気持ちよく走って体を温めます・・・。とその前に、湖畔で記念撮影&トイレ休憩。

『エイドステーションのトイレは混み混みなので、エイドステーション以外のトイレを使ったほうがいいですよ』

というのが昨年も参加したKENさんからのアドバイスでした。朝の冷たい空気の中、キラキラ光る山中湖を眺めて気を引き締め先を目指します。

山中湖を後にし、両脇を樹木に囲まれている気持ち良い下り基調の道を走っていると前を走っているアシストくんの手が挙がりました。

見事なパンクです。前日の雨のせいでまだ少し濡れていた路面。ここまで10数キロ走っただけですが途中トラブルで止まっているサイクリストを何組も見かけました。私達もそんなトラブル組みの仲間入りです。

無事パンク修理を終えて最初のビジターセンターエイドステーションに立ち寄り。実は既におなかが空いていて補給のバナナ目当てだったんですが、スタートから20キロ弱の距離のエイドステーションには水しかありませんでした。残念・・・。

アシストくんのパンクしたタイヤにフロアポンプでキチンと空気を入れたら、次のエイドステーションのバナナを目指し出発です。

緩やかな上り坂をマイペースでゆっくり上って道の駅なるさわで2度目のトイレ休憩(寒かったんですって)を済ませ、富士山に見守られながら精進湖エイドステーションのバナナに向かって快走!していたのですが、ここで2度目のハプニング。

西湖を過ぎた後、下り坂のあとの上り坂で車間が詰まったところで前の自転車にハスってしまい落車。膝を打ち、膝と肩を擦りむいてしまいました。Officialの方に擦り傷を消毒していただいて膝の様子を見ながら走り出しました。

幸い打ち身は大したことなかったようで自転車走行には問題ありませんでした。よかったぁ~。

そして精進湖エイドステーションでバナナを2本補給!元気になりました。

出発してすぐの本栖湖が見える橋で撮影休憩。

本栖湖だけでなく遠くの山々まで良く見えました。

山梨県と静岡県の県境まで緩い上り坂を耐えた私達を出迎えてくれたのがこの景色。

富士山が裾野まで良く見えました。

ここから富士ハーネスエイドステーションまでは本当に素晴らしい景色を楽しむことができました。

平原の向こうにそびえ立つ富士山、緑色の草原と近くの山々、緩い下り坂を気持ちよく下りながら数々の感動的な景色を心に焼き付けました。この区間は改めてのんびりじっくりポタをしてみたい場所です。

富士ハーネスエイドステーションでは富士宮焼きそばを食べる予定だったのですが、既に売り切れ。でも代わりに食べたシラスと桜海老がのった駿河丼が美味でした。

「足きりがあるので、そろそろ出発してくださーい!」

というOfficialの方にせかされて11時前にエイドステーションを出発しました。

少し下った後は、富士山こどもの国に向けた上りの始まりです。「富士山こどもの国まで8キロ」の標識のところから急に勾配を増す坂。いきなり自転車を押して歩いている方がちらほら見受けられました。自分の走りは自他共に認めるスロー走行ですが、「歩くよりは速いんだなぁ・・・」なんて考えて気を紛らわせながら辛い上りを耐えます。

途中勾配が緩くなりましたが、こどもの国まで1キロを過ぎたところから再び勾配がきつくなり、路肩が広くなっている場所でたくさんの人が休憩していました。

私達も休憩しよっか~

と後ろをついてくるアシストくんに提案してみましたが(当然ですが、KENさんは先に上ってエイドステーションで待ってくれていることになっています)、鬼アシストくんは

もうちょっとだからこのまま行こうよ

と却下。うううう・・・と思いましたが、何とか頑張って最後の数百メートルを乗り切り途中休憩なくエイドステーションにたどり着きました。待ってくれていたKENさんと再会。20分もお待たせしていたそうで、すみませんです。

このときの時間が12時半。16時までにゴールできるかどうかぎりぎりの時間です。ちょっと休憩したらすぐに出発しました。

ここからは少し上ったあと急な勾配を含む下り坂。道があまり良くないところもあり無理せずゆっくりと下りました。この区間はちょっと怖かったです。

道が悪い区間を抜けると、急に視界が開けて目の前に広がる大ススキの原。

なぁ~んにもありません。この何にもない場所から少し走ったお店が立ち並ぶ場所にたくさんのサイクリストさんが休憩していました。理由は、

このコロッケ。自転車乗りの間で有名という山崎精肉店で補給していたようで、アシストくんもあつあつコロッケを頂き大満足だったようです。

さて、楽しめるのはここまで。この後すぐに下りきり、籠坂峠までの20キロの上りが始まりました。車の通りも多い道で自転車は左に一列。中々自分の走りやすいペースで走れないせいか、ここから須走エイドステーションまでの区間がとても辛かったです。

でも、途中道案内をしてくださっているOfficialの方や、自転車で一緒に走っているOfficialの方が「頑張ってくださーい」と声を掛けて下さって力になりました。

桜公園エイドステーション、須走エイドステーションで休憩をしていよいよ峠道へ突入です。16時まで1時間半。ここまでの疲労がたまり結構太ももが辛くなってしまっていて時間内にゴールできるかどうか不安でしたが、ここからは人が減ってマイペースで走れたせいかそれほど辛くありませんでした。勾配も思ったほどきつくなく、軽いギアを淡々とまわしていれば上れる坂。淡々と上ること40分。静岡県と山梨県の県境の標識が見えてきました。この標識が見えると峠までもうすぐです。

実は、恥ずかしくて一緒に走ったKENさんにもアシストくんにも話していないのですが・・・ここだけの話ですよ。県境の標識が見えたとき、自分でも良くわからないのですが急に胸から熱いものがこみ上げてきました。普通に息ができなくなってちょっと迷惑だったのですが、峠にたどり着いたことにほっとしたのかな?

慌てて呼吸を整えて最後の500メートルを走りきり、KENさんの待っている籠坂峠にたどり着きました。KENさんに撮っていただいた記念写真。

私、笑ってませんね・・・。

坂を下るとすぐに山中湖でした。そして15時半。無事にゴール♪ヤッター!!

芝生の上に自転車を休ませ、私達もゴール後の補給をしました。ソーセージが美味しかったなぁ。

御殿場側からはきれいには見えなかった富士山が、ゴールの山中湖からは再び綺麗に見えました。

本当にこの周りを一周したんだろうか・・・。

山中湖の向こうに見える富士山と自転車の記念写真を撮りイベント会場を後にしました。

この後は、温泉と食事をしてKENさんの運転で家まで送っていただきました。

最後になりましたが、前に後ろに遅い私のサポートをしながら走ってくれたKENさん、アシストくんありがとうございました。KENさんには遅すぎて不完全燃焼の走りだったでしょうね~。

KENさんが誘ってくださったおかげで、思い切って憧れだったイベントに参加できて本当に良かったです。天気にも恵まれ気持ちよい自然を満喫しました。ありがとうございました!

あ、最後に番外編。前日のじゃんけん大会でアシストくんがゲットした戦利品。やっぱりお酒が商品だと気合が違うのね。

  • 場所: 富士山1周
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:9時間11分(2008年9月26日からの累積:259時間)
    • 距離:116.5km(2008年12月13日からの累積:2458.1km)
    • 平均速度:18.2km/h
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:9時間10分(2007年8月11日からの累積:551時間)
    • 距離:116.7km(2008年12月13日からの累積:2749.1km)
    • 平均速度:18.2km/h

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

Mt.Fujiエコサイクリング参加証届きました~

今週末は、いよいよMt.Fujiエコサイクリングです。

このイベントに備えて少し長い距離を走るようにはしてきましたが、途中峠もあり120キロを制限時間の10時間以内で走りきれるか心配です・・・。

届いた案内にも

『前半は下り基調で、後半が上り基調となりますので、余裕を持って走行してください』

との記述が。

は、はい。可能ならば余裕を持った走行を心がけたいと思います。できる限り。

KENさ~ん、色々お世話になります!

よろしくお願いしま~す。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

お好み焼きのためにエネルギー消費

4日、金曜日の会話。

アシスト:「今晩はお好み焼きが食べたい!!」

みくま:「苦しくなっちゃうから一枚は食べられないなぁ。あ、明日のお昼に食べようよ。自転車でお腹をすかせてから。」

というわけで、5日はお好み焼きを食べるために自転車に乗ってお腹をすかせることにしました。

ちなみにお好み焼きやさんは自宅から徒歩10分のひろしまやです。

関宿を目指して江戸サイ左岸を上流へ。

途中まで異常にとばすアシストくんに頑張ってついていっていましたが、無理。と休憩を志願。

稲刈りが進む田んぼを眺めながら

関宿を目指すのは諦めて(出発が14時過ぎだったんです・・・)、特に目的地は定めずに近場でのんびり走ろう!ということに決まりました。ほっと一安心。

利根運河に向かって右折したアシストくん。この時点で、あ!とピンと来ました。

やはり、向かったのはこの場所。

昨年、見頃を過ぎてしまっていた彼岸花でした。運河駅の近くです。今年も少し見頃は過ぎてしまっている様子でしたが(多分・・)、まだ赤と黄色に染まっていました。

多分というのは、実はここでカメラサークルの皆さんの被写体にされてしまい、お花をじっくり観賞することなくそそくさと逃げだしたのです。写真(写るの)嫌いの私を狙うなんて、、、

その後は、利根川まで走った後いつもの風景を見て

引き返し、玉葉橋で休憩です。

この休憩で、葛飾橋まで走ってからお好み焼きを食べに行こう!ということに決定しました。

江戸サイ右岸を葛飾橋に向かいますが、途中で何となくパワーがなくなってきてしまいました。間違いなくエネルギー不足です。本当は補給をすべきです

が!

今日の目的はあくまでもお好み焼きを美味しく食べること♪

ということで、補給は我慢して走りきりました。ビールを飲む前の2時間ほど水を飲まないのと同じ理由ですね。

最後の方は本当に糖分が枯渇して、ひろしまやにたどり着けるかどうか心配になりましたが、なんとかお店に到着(良い子は真似しちゃいけません!)。

焼きあがるまでの時間も我慢し続け、美味しい美味しいお好み焼きをぺろっと食べちゃいましたぁ~。作戦成功!?!

  • 場所: 江戸川CR-利根運河CR-江戸川CR
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:2時間48分(2008年9月26日からの累積:249時間)
    • 距離:50.7km(2008年12月13日からの累積:2341.5km)
    • 平均速度:20.7km/h
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:2時間49分(2007年8月11日からの累積:542時間)
    • 距離:50.8km(2008年12月13日からの累積:2632.4km)
    • 平均速度:20.8km/h

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

空き空きのディズニーシー

本当は真夏に出かけたかったのですが、夏休み中は人が多いかなぁ。と夏休み直後にディズニーシーに行ってきました。

これが、大正解♪

こんなに空いてるディズニーリゾートは見たことない。という空きっぷりでした。

おかげで、様々なアトラクションを体験し、ショーも場所取りなど必要なく余裕で鑑賞。食事もストレスなく取れて非常に充実した一日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »