« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の14件の記事

2009年12月31日 (木)

来年はどんな年でしょう?

いい年になるか、そうでもないか、私は感じ方次第だと思っています。

今年、個人的に色々あった一年でしたが、今まで以上に自転者を大事に思った日々でした。
でも、何より大事だったのは間違いなくは仲間です。

こんな、遅くて、わがままで、とうしよもなく下手な私を支えてくれる仲間がいました。

本当にどうもありがとうございました。

来年は、こけないように楽しみますね。誰よりも!

よりたかく、よりとおく、楽しい一年を綴ります!

来年も、よろしくお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

関宿往復・走り納め

今日は関宿を往復してきました。

今年の走り納めです。

お昼は、宝珠花橋から下りたところにあるラーメン屋さんまる王で食事。

一年の走行を締めくくりました。

関宿に向かう途中、KENさんに遭遇して年末のご挨拶をすることもできたし良かった。

----

いつもブログを読んでくださっている皆さん、今年一年どうもありがとうございました。

また来年もドタバタの一年になると思いますが、よろしくお願い致します。

それでは、今から帰省してきまーす!!

  • 場所: 江戸川CR
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:3時間43分(2008年9月26日からの累積:362時間)
    • 距離:70.6km(2008年12月13日からの累積:3871.0km)
    • 平均速度:21.1km/h
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:3時間44分(2007年8月11日からの累積:656時間)
    • 距離:70.8km(2008年12月13日からの累積:4241.7km)
    • 平均速度:21.2km/h

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

ミハエル復帰!

いやぁ・・・驚いた。

アームストロングが復帰したときに、

ついでに、ミハエルもF1に復帰しないかなぁ・・・。

という記事を書きましたが、

本当になっちゃいましたね。

いや~びっくりした

来年1月で41歳になるらしいですね。ミハエル。

どんな走りをしてくれるんだろう。

正直この所ちょっとつまんないなと思っていたF1ですが、ミハエル復帰とあっては来年はTVに釘付けだな。

可夢偉、ミハエルときたら、次は琢磨!!こい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

古河の代わりに野田でカレー麺

風邪をひいて体調を崩して以来、まともに自転車に乗れていない私。

今日も本当は古河の七福カレー麺を食べに行こうと思っていたのですが、ダメでした。

起きられなかった・・・・down

疲れていて起きられませんでした。

結局、昼寝までしてやっと元気になった私。

13時過ぎに家を出ました。

まだお昼ご飯を食べていない私達はとにかくお昼を求めて、江戸サイを遡ります。

いつもはアシストくんの後ろを走っている私ですが、今日は南からの追い風を気持ちよく受けて先頭を走ります。

追い風の中ケイデンスを上げる練習までしちゃいました。もう体調も万全です!嬉しい♪

ペダルを回したら回しただけ進む感じがして、とても気持ちよく走ることができました。

そして向かったランチは、久しぶりの野田橋ちかくのゆでたて家。

頼んだのは、古河の七福カレー麺の代わりのカレー汁うどんです。

しっかりしたカレーで私好みでした。美味しかった~。満腹。

思わぬ追い風でまだ15時。日暮れまであと2時間あります。

とりあえずいけるところまで行ってみよう。

と江戸サイを走って、追い風に運ばれてたどり着いたのは・・・

宝珠花橋何故、アシストくんは腰に手をあてて妙な方向を向いてるのだろう・・・???

こんなところまで来ちゃって大丈夫かなぁ。流山橋まで25キロの道のりを向かい風の中1時間半で走れるか・・・うーん。微妙。

ま、きちゃったものは考えてても仕方がないので、橋を渡って右岸を急いで引き返します。

問題の向かい風は、幸いなことに大したことはなく22~23キロ程度で無理なく走れました。

大丈夫だ、帰れそう!

とちょっと安心。

帰りは引き足と腹筋を意識しながらの走行。今日は終始走りに集中できて、本当に気持ちよかった。

そして、玉葉橋に近づくと再び三脚を構えたアマチュアカメラマンさんがいっぱい。

そう、今日もダイアモンド富士を狙っていたようです。

ただ、残念なことに今日は富士山の上に雲がかかっていて、先日のような綺麗なダイアモンド富士は見られませんでした。

雲、邪魔だよぉ。

そして、玉葉橋を渡り江戸川左岸を流山橋に向かって走っていると、いつもの江戸川が夕焼けを映して光り輝いている姿が目に飛び込んできました。

思わず脚を止めてしばらく眺めました。自然が醸し出す色って本当に素晴らしい。

江戸川が一層好きになった今日の走行でした。

  • 場所: 江戸川CR
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:2時間57分(2008年9月26日からの累積:358時間)
    • 距離:52.2km(2008年12月13日からの累積:3800.4km)
    • 平均速度:20.5km/h
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:2時間57分(2007年8月11日からの累積:652時間)
    • 距離:52.4km(2008年12月13日からの累積:4170.8km)
    • 平均速度:20.5km/h

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

江戸サイからのダイアモンド富士

風邪が治りきらない上に、ちょっと疲れがたまっていたせいか体調を崩した土日。

家でゴロゴロして過ごしていましたが、こんな記事を書いていたことが気にかかっていました。

やはり体調はいまいちですが、午後になってからちょっとだけでも自転車に乗ろうと外に出ました。

強い寒気のせいで寒い日が続いていますが、太陽が出ていれば体が冷たくなることはありませんでした。風も強くは吹いておらずサイクリング日和。

ただ・・・体調が悪いせいか、バランス感覚が最悪。いつもはなんてことなく抜けられる車止めを抜けるのが怖くて、いちいち足をついてしまいました。

それに、なんだか全くスピードが出せません。怖くて。

若干の追い風が吹いているはずなのに時速20キロを越えられませんでした。アシストくんにもマドンナちゃんにも申し訳ないと思いながらも、ママチャリ走行で江戸サイ左岸を上流に走り、利根運河に入りました。

運河駅近くの橋の下は、

氷・氷・氷。

かろうじて自転車が走る部分は氷が溶けていましたが、これからの季節気をつけないといけませんね。

高校のグラウンドまで走って、コブシの芽を観察。

来年の春、また今年のように素敵な花を咲かせてくれそうですね。

さて、太陽も大分傾いてきたので利根運河を引き返します。

江戸サイまで帰ってくると、たくさんのアマチュアカメラマンさんが三脚を構えています。

なにごと?!?!

と思ったのですが、理由はコレでした。

ダイアモンド富士。

この時期江戸川から富士山に沈む太陽が見えるんですって。

実は、アシストくんも今日はダイアモンド富士を見ようと計画していたらしいです。

だったら一眼レフ持って来なさいよ!!

と私にこっぴどく叱られるアシストくんでした。

しかし、綺麗だったな~。富士山の稜線沿いに沈んでいく夕日。

太陽に照らされた雲も黄金に輝いていました。

そして、いよいよ太陽が沈むと、

空に富士山の影が現れて、富士山の大きさを感じました。

今日は終始、ママチャリスピードしか出せない辛い日でしたが、ダイアモンド富士が見られたから辛さも吹っ飛びました。

  • 場所: 江戸川CR-利根運河CR-江戸川CR
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:2時間13分(2008年9月26日からの累積:355時間)
    • 距離:32.2km(2008年12月13日からの累積:3748.1km)
    • 平均速度:16.7km/h
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:2時間12分(2007年8月11日からの累積:649時間)
    • 距離:32.3km(2008年12月13日からの累積:4118.3km)
    • 平均速度:17km/h

----

12/23記す

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

可夢偉、シートゲットおめでとう!

トヨタがF1を撤退して来年のシートが気になっていた可夢偉。
ザウバーからの参戦が決まりましたね。

おめでとー!

あとは、琢磨だ‼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

今週末も乗るか

今週に入って、急に気温が下がりましたね。

寒いなぁー

と、この中自転車で走るのは無理かも…と、密かに思っていた私。

でも!

今朝、通勤電車の窓から見えた雪化粧した日光の山々。

そうだ!冬はこの楽しみがありました。

風邪を治して、すんだ空気の中、今週末も自転車に乗るぞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

アシストくん、関宿往復無理をして・・・

休日出勤の私。

優しいアシストくんは、一人楽しく自転車を楽しんだそうですpout

私がいないのをいいことに無茶しちゃって。

関宿往復70キロ、平均25キロ越えで走っちゃって太ももパンパンですって。

そういう走り方はどうかと思うなぁ。

  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:2時間44分(2007年8月11日からの累積:647時間)
    • 距離:69.8km(2008年12月13日からの累積:4086.0km)
    • 平均速度:25.4km/h

----

12/16記す

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

風邪ひいたぁ〜

いやぁ〜、やられました。
咳、咳、咳!
こんな時に限って会社を休めず、会社でコンコンやってました。申し訳ない。
でも、今日はだいぶ咳もおさまり一安心。

まだ、日曜日のポタ日記書いてないのにもう週末だぁ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

あ!誕生日だった。

双子のロードバイクが生まれてからそろそろ一年だよな~と思って過去のブログを見てみたら、12/6が誕生日でした。

もう過ぎてるじゃん!!

しまった、誕生日のお祝いするの忘れてた。

マドンナちゃん&ルーベくん。ごめんよぉ~。

ちゃんとお祝いしてあげなくっちゃ。

ちなみに、この一年で走った距離は、

マドンナ:3715.9キロ

ルーベ:4016.2キロ

私達にしてはよく走りましたね~。

ロードバイクに乗るようになって一年。随分行動範囲が広がったな~と感じています。

さ~て、来年はどんな楽しいところに行こっかな~。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

今年は自走で!利根川の鮭

昨年は関宿まで車載して見に行った利根大堰の鮭。

今年は、自走で見に行くぞ!!

と決めていました。

家から往復すると140キロ。今年の目標のこの記録は、KENさんのおかげで先日達成しましたが、もう一度チャレンジしてみようということになったのです。

朝6時発のはずがいつものように寝坊して朝8時に出発。ちゃんと戻ってこられるのか?

青空の下江戸サイをペダルをクルクル走り始めますが、

ダメだ。ダメ。

最初っから何だか上半身が決まらず、ペースは上がらないし背中は痛くなってくるし、調子最悪です。

のっそりのっそり走る私は何人ものサイクリストさんに抜かれながら、やっとのことで関宿にたどり着きました。遠かったよぉ。

ここまでの距離35キロ。今日予定している距離のまだ1/4しか走っていませんが、うーん。クタクタ。でも、予定より時間がおしているので、トイレだけ済ませてすぐに利根川CRに向かって走り出しました。

栗橋付近でサイクリングロードが途切れたところで一般道に降り、先日KENさんが教えてくれた走りやすい道を辿って加須未来館を目指します。

驚いたのは、先日KENさんに教えてもらった道をアシストくんが迷わずトレースすることができたこと。くさっても男の子ですね。見直しました。

さて、関宿までは綺麗に晴れていて青空だったのですが、関宿を過ぎる頃から空に雲が立ち込め、栗橋辺りからはモヤが出ていました。

晴れるって言っていたのに・・・・

と思いながら走っていると、モヤの理由が分かりました。

一面の農地が太陽で暖められ地面からモウモウと水蒸気が立ち上っていました。このせいで局所的にモヤが出て、雲に覆われてしまっているようです。おかげで日光がさえぎられて寒かったなぁ。

道の駅おおとねに着くころには、2人ともお腹ペコペコ。ちょっと休憩して、すぐに食べられるアメリカンドッグを補給。

加須未来館から利根川CRに戻り、

あとはひたすら上流に向かって走ります。少し走るとドヨ~ンとしていた空がだんだん明るくなり、やっと太陽が顔を出してくれました。

太陽の力は偉大だ・・・。一気にポッカポカです。

更にヘタレた私を後押ししてくれたのは若干の追い風。利根大堰に近づくと風が後ろから押してくれて本当にうれしかったぁ。

そんな太陽と追い風のおかげで、一年ぶりの利根大堰に到着!めでたい!!

心なしか、アシストくんの後姿が疲れてますね。

早速地下にもぐり鮭ちゃんたちとご対面ですが・・・

数が少ない上になんだか元気が無い。

どうも鮭の遡上のピークは11月中旬のようで、どちらかというとちょっと間の悪い鮭ちゃん達だったようです。来年はピークの元気いっぱいの鮭を見にこよーっと。

と、鮭ちゃんの姿を眺めたら、昨年に引き続き今年もとんぼ返り。というのも、お腹がペコペコで

早くお昼食べさせろ~!!

状態だったのです。

数キロ下ったとこにある道の駅羽生で食事をとりました。

何のことは無いラーメン&チャーハンのセットだったのですが、美味しかったぁ。幸せ♪

お腹を満たしたら、後はひたすら家を目指して走るのみ!

結局一日中絶不調で、前を走るアシストくんにピッタリと着いてゆくことができず、後ろを振り向いたアシストくんが離れている私に気がついて脚を止めた回数は数え切れず。

申し訳ないです・・・

でも、輪行袋を持ってこなかったので何としても自力で帰るしかありません。家に帰れるかな?と不安に思いながらも休まずペダルを回します。

どんどん傾いていく太陽と競争しながら、関宿を過ぎ、関宿橋を過ぎ、宝珠花橋を過ぎ、野田線をくぐり、野田橋を過ぎたところで太陽はゴール。日は沈んでしまいました。

沈んだ太陽の照らし出す富士山。

ああ、冬だなぁ。綺麗だなぁ。

日は沈んでしまいましたが、野田橋を過ぎると自分のテリトリーに帰ってきた気がして妙にホッとするのを感じました。家までたどり着ける気がする・・・。

そして、利根運河を越えようとするとき、利根運河から走ってきたサイクリストさん2名とすれ違いました。

あれ??

KENさんとtaroさんでした。ツインレイクの引率をする10さんを応援してきた帰りとか。少しお話して来週会いましょう!とお別れしました。

ここまでくれば家まであと8キロ程度。暗闇の中のランナーや歩行者に気をつけながらゆっくりゆっくり走って、無事うちに到着しました。

結局走行距離は138.4キロ。140キロには少し足りませんでしたが、2度目の140キロ達成!ということにしてやって下さい。

やはり140キロは長い。侮ってはいけませんね。長距離を余裕で走れるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。

  • 場所: 江戸川CR-利根川CR-利根大堰-利根川CR-江戸川CR
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:8時間28分(2008年9月26日からの累積:353時間)
    • 距離:138.4km(2008年12月13日からの累積:3715.9km)
    • 平均速度:18.9km/h
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:8時間26分(2007年8月11日からの累積:644時間)
    • 距離:137.6km(2008年12月13日からの累積:4016.2km)
    • 平均速度:19.0km/h

----

12/16記す(やっと風邪が治りましたぁ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

モミジ、もみじ、モミジ!

曇りcloudのちrainの予報の今日。皆さんはどのように過ごされましたか?

雨が降るから自転車に乗らなかった? 賢明ですね。

午後から雨らしいから近場を少し走った? 本当に自転車が好きなんですね~。

車載して房総まで出かけちゃった? 自転車バカですね。

って、そんな人いるわけないか・・・。

・・・・

お察しの通り・・・居るんです!コ・コ・に!

というわけで、雨が降るって天気予報が教えてくれているにもかかわらず、

坂が走りたいぃ~~(みくま)

アクアラインを走りたいぃ~(アシスト)

雨が降ったらドライブってことでもいいぃ~(みくま&アシスト)

と、出かけちゃいました。誰か止める人は・・・我が家にはいませんでした。

めでたくアクアラインを初めて走って向かったのは、先週E-ponさんが走られたハードコースのごく一部。主な目的地はもみじロードです。

みんなみの里」という道の駅のような施設に車を停め、車の整理をしている方に、「自転車で出かけてきたいんですが車を停めておいても良いですか?」とお聞きすると、「良いですよ」とのお答え。お礼を言って、早速自転車を組み立てて走り出しました。

最初は県道を走りますが、それほど車も多くなく、また、アップダウンも程ほどでとても走りやすい道でした。

途中で道を右に折れて、いよいよ峠へと向かう上り坂が始まりました。

坂が走りたいぃ~~

といった本人なので、弱音を吐くわけにはいかなかったのですが、幸い勾配はきつくなく、周りの景色を楽しみながら気持ちよく久しぶりの登坂を楽しみました。

そして峠を越えると苦手の下り。
しかしこれも、適度な勾配で道も綺麗。私でも余裕を持って下れる道で、

紅葉が綺麗な場所や、

ダム湖にかかる赤い印象的な橋に寄り道。

また、のんびり~と時を過ごしている牛さんに挨拶しながら、気持ち良く下りました。

そして途中で気になり、わき道にちょっと寄り道したのがこの場所。赤い橋からすこし下ったところです。

左の柵の下は崖になっていて、下には川が流れています。この上にせり出した岩も川が削ったんでしょうが、自然の力はすごいですね。上に岩がせり出していて立っているのが怖いので、早々にこの場所から逃げ出しました。

緩い下りを下りきると、道を左に2回折れ、今日の目的地もみじロードに入ります。

ここから綺麗なモミジを楽しむぞー!!

と思っていたのですが、正午の時報が鳴った直後からポツポツと雨が降り出してしまいました。こんなときだけ天気予報が良くあたります。

でも~、雨宿りもこんなモミジの木の下。

ぜいたくぅ~!

雨は最初ザーっと降ったものの、その後弱くなってくれたので上にウィンドブレーカーを羽織って走り続けました。

そして少し走ると、前方の鮮やかな色が目に飛び込んできました。

この大きな大きな、とても鮮やかな色合いのモミジの木です。奥に小さく写っている自転車の後輪と比べるとその大きさが伝わるでしょうか?

あまりに美しかったので、マドンナちゃんを被写体に色々な写真を撮ってしまいました。

この場所以外にも、もみじロードはその名の通り、いたるところがモミジで染まっていました。

橋から覗き込んだ地蔵堂の滝の横も、

里山の田んぼの奥も。

でも、おなじモミジでも木ごとに、葉ごとに、微妙に色が違ってそれらがうまく合わさってなんとも言えない色彩を生み出していました。

困ったのは、どこを走っていてもモミジが綺麗なので、何度も何度も止まりたくなること。この場所はたっぷり時間の余裕を持って走るべき道ですね。

また、モミジの素晴らしさだけでなくもうひとつ感動したのは、地元の皆さんのお心遣い。各所に休憩所や仮説トイレが設置してあり、紅葉狩りに訪れた方が気持ちよく楽しめるように工夫してありました。

私達も無料休憩所として開放されていた山中公民館でトイレを借り、温かいお茶を頂いて、少し強くなってきていた雨に負けずに走り続けることができました。本当にありがたかったです。

公民館脇のモミジも綺麗だったし、

何もいうことはありません。

休憩した後は、これまたちょうど良い勾配の下り基調の道をずーっと下るとデポ地に戻ってきました。

本当は近くにある千枚田にも寄りたかったのですが、雨が降り続いていたので今日は諦め。また次の機会に訪れたいと思います。

さて、もみじをお腹いっぱい楽しんだものの、所詮モミジはモミジ。本当のお腹はペコペコです。

雨に濡れた自転車を拭いて車に積み込んだ後、みんなみの里で遅い昼食をやっと頂きました。

私は左の焼肉セット(豚の味噌漬け)。アシストくんは右の牧場の牛丼。共に1000円です。

  

両方ともすごいボリュームでしたが(分かりにくいですが、丼の大きさが異常です)、美味しく、ぺろっと頂いちゃいました。

お腹が満たされた頃には日没も近くなってしまったので、お土産を買って帰路につきました。

今日のコースは距離も短めで、アップダウンも適度。良いお天気だったらとっても気持ちよいコースだと思います。ちょっと地元からは遠いですが、TEAM_STROLLERの皆さんと訪れるといいかな~なんて思いました。

  • 場所: みんなみの里-もみじロード-みんなみの里(ルートはこちら)
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:3時間16分(2008年9月26日からの累積:344時間)
    • 距離:40.4km(2008年12月13日からの累積:3577.4km)
    • 平均速度:17.3km/h
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:3時間15分(2007年8月11日からの累積:636時間)
    • 距離:40.4km(2008年12月13日からの累積:4722.5km)
    • 平均速度:17.6km/h

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

筑波の友人と初!サイクリング

28日の土曜日、以前このブログに書いた筑波の友人とやっと一緒にサイクリングを楽しむことができました。

何でも、彼女のだんな様はストイックに淡々と走るのが好きらしく、一緒に走っていても彼女が頼まなければ止まることなく走り続け、ドリンクすら飲めないらしい。

そんな彼女に本当の自転車の楽しみ方を教えるべく、筑波に遠征してきました。

彼女の家の近くまで車載し、つくば駅近くから走り出しました。

この日は、「北関東自転車散歩」の09「学園都市つくばから筑波山の参道へ」を参考に、筑波山の麓、北条に向かいました。

途中道に迷って迷い込んだのがここ、藤右エ門

味のある門の奥に見える茅葺屋根の建物で食事ができるようです。う~ん、気になる・・・・。今度訪れたい場所です。ただ、たどり着けるかどうか・・・。

この場所を過ぎるとすぐに一面の田んぼ。そして、ほどなくりんりんロードにたどり着きました。

藤沢休憩所で少し休憩した後りんりんロードを走り出しました。

ここで気になったのは、近くの山々の紅葉です。筑波山自体は緑であまり色づくような木はない感じでしたが、それより低い位置の山々が見事に色づいていました(写真じゃあ良くわかりませんね)。

少し前を向いては山を見て、ちょっと前見てまた山を見て、という走行でした。

そして大池公園に向けてりんりんロードを外れる直前の駅の跡では、立派な銀杏の木が散らした黄色い絨毯を発見。

まだ大して走っていませんが、今日4度目の休憩。休憩するたびにおしゃべりが楽しくって。

この先でりんりんロードを外れ、大池公園近くの平沢官衛遺跡に自転車を停めて(寝かして)遺跡を少し散歩しました。

遺跡に立ち入ったのは初めてでしたが、建物の向こうに見える紅葉と一緒にのんびりと散策しました。

さてこの後、予定では北条に向かうのですが、その前に友人にとっておきの場所を教えてあげるべく北条とは逆方向へ連れて行きました。

そう!不動峠です。

つくばに住んでいればいつでも行けるんだよなぁ、いいなぁ~。

入り口を教えてあげるね~

と言って向かったのですが、先頭を走るアシストくんは入り口を過ぎて坂が始まっても

ずんずん

と走り続け、すぐに見えなくなってしまいました。

そんなアシストくんにけなげについてゆく友人。坂嫌いになってはいけないと、私は慌てて友人の前にでてゆっくりゆっくりと、数百メートル走って眺望が開ける場所で止まりました。

そう、この場所に連れてきたかったんです。

私自身、不動峠を上るときこの場所から下が見えると、

もうこんなに上がってきたんだ~

と毎回感動を覚える場所。ここからの眺めを経験することで坂嫌いを克服してもらえるといいな~と思ったのですが、これが・・・大当たり!

来年の目標は不動峠を上ることですって。

きゃ~、作戦成功だわ♪

私達がおしゃべりをしている間にアシストくんはちゃっかり不動峠にタッチして帰ってきました。タイム更新したかもぉ~と本人大喜び。

3人揃った私達は、坂を上ったご褒美の場所に向かいました。

北条の岩崎屋。ここでは地元の北条米がたっぷり入ったアイスクリームが食べられます。

面白いのは、冷凍庫から出したてはお米の成分がカチンコチンに固まっていて硬いので、掌で温めないと食べられないこと。夏で10分、冬で20分くらい食べられるまでにかかるとのお話でした。この待ち時間がこの日の私達にはちょうど良いおしゃべりタイムになりました。

お店の奥の古い民家に座ってのんびりと頂くことができますが、嬉しいのはトッピング。

 

ゆず、黒蜜、きな粉、抹茶と自分の好きなトッピングでアイスクリームを頂くことができます。

一口食べて、この味どこかで経験したことがある・・・と一生懸命、一生懸命思い出したのは、雪見だいふく。中に混ぜ込まれているお米が白玉団子のような風味を出し、用意されたトッピングが良く合う。出していただいた温かいお茶と一緒に美味しく頂きました。

さて、別腹は満たされたけれど本腹はペコペコということで、つくば方面に戻る途中の珈琲哲学で食事。

 

チェーン店のようですが、ここで頂いた明太子パスタが美味でした!明太子の粒がプチプチしてて、程よくピリ辛で、麺はアルデンテで、イカはぷりぷりしてて。幸せ~。

ゆっくりとランチを済ました後走り出すとちょっと道に迷いましたが、畑の中の道を走って市街地に戻ってきました。

たった36キロの短距離ポタでしたが、寄り道いっぱいで充実したサイクリングでした。

友人はこんな楽しみ方もあるんだ~と、本当に楽しんでくれた様子でこちらまで嬉しくなっちゃいました。(私に言わせると、コレが!自転車の楽しみ方なんだけどなぁ。違うのかなぁ。)

またいつでも遊びに行くからね~。ストイックな旦那さまは置いて私達と不動峠上りに行こうね~。

家に帰って、友人に頂いた北条米を早速頂きました。もちもちで美味しかったでーす!ありがと♪

  • 場所: つくば-藤沢-りんりんロード-不動峠入り口-北条-つくば
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:3時間57分
    • 距離:36.3km
    • 平均速度:15.0km/h
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:4時間55分
    • 距離:43.1km
    • 平均速度:15.7km/h
    • 不動峠への上りにかかった時間:19分27秒(HR183/197) ←記録更新おめでとう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

秋の遠足@第7回東葛ポタ

29日の日曜日。

東葛人さん企画の東葛ポタに参加させていただきました。

チーム東葛の皆さんとは、別の企画や飲み会(笑)で何度かご一緒させていただいたことがありますが、東葛ポタに参加するのは初めて。しかも、今回は30名を越える参加者とのことで、年甲斐もなく人見知りな私はドキドキしていました。

【集合場所まで】

心配されたお天気も大丈夫。お日様sunが出てポカポカ、予想以上に気温が上がりました。

早起きして集合前に少し走ってから行こうか~

なんて計画があったにもかかわらず、何故か家を出たのは集合時間の30分前。

それでも30分あれば集合場所までは余裕です。

ゆっくりでいいよ~

というアシストくんの優しい言葉を真に受けて江戸川の土手に上りました。

しかし、残念なことに横風~向かい風typhoon

確かにスピードはゆっくりでしたが、心拍数はヒルクライム並みでした。

良い子はもっと早く家を出ましょう。

【集合場所で】

何とか時間ぎりぎりに集合場所に到着すると、もうすごい人・人・人!

自己紹介をしてから出発しますが・・・総勢30名以上。とても覚えられません。覚えたはしから忘れていきました。。。情けない。

そして、出発!というタイミングで江戸サイを上流から走ってきたサイクリストさんが・・・KENさんでした。

可哀想に(?)KENさんは見事に捕獲され、急遽東葛ポタに参加することになりました。

【清水公園・旧花野井家】

人数が多いので、3つのグループに分かれて最初の目的地清水公園に向かいました。

清水公園に行った目的は・・・

コレ!モミジです。

恥ずかしながら知らなかったのですが、清水公園には紅葉谷という場所があるそうで、この場所の紅葉を愛でようという趣旨です。

赤やオレンジの紅葉がきれいでしたが、中には全く色づいていない青々とした紅葉もあり不思議でした。

昨年の紅葉ポタのときにも書きましたが、モミジはこの角度の眺めが大好きなんです。何と言うかカオス(じゃないか)な空がたまりません!

さて、次の真っ赤に染まった木は何の写真だか分かりますか?左下に写っている人の大きさと比べてもらえると大体の大きさが分かると思います。

答えは・・・ドウダンツツジ。私の常識を大きく外れてデカイ。このドウダンツツジにかわいい花が咲いたらどうなるのか春に見てみたいな~と思いました。

次に向かったのは、清水公園のすぐ横にある旧花野井家住宅。チーム東葛といえば茅葺屋根ですよね。

この門、薬医門の佇まいが魅力的で肝心の家の写真を撮るのを忘れてしまいました。

家の中は

こんな感じ。薪を焚いて屋根を燻していたので中がモクモクしてちょっと幻想的な写真になりました。と同時に、私達も燻されて「いぶりがっこ」な匂いが染み付きました。

【不老庵】

お昼は不老庵。ここも、チーム東葛といえば!の茅葺屋根です。

そして、この貴重な茅葺屋根の下でお食事ができるのです。

私達は麦とろ定食を注文。

とろろがねば~っと粘って、おいしゅうございました。

ここでは当然自転車談義に花が咲きます。E-ponさんが前日参加された房総山登りサイクリング(勝手に命名)や、KENさんの震える榛名湖ヒルクライム(これまた勝手に命名)の話を伺いました。何だか坂を走りたくなってきちゃったなぁ・・・。

そして、私がお隣に座らせていただいたsakakazeさんは、ナント!ブルベを走られる健脚者。全く違う人種の私は恐縮しながらも、ブルベの話を楽しく聞かせていただきました。

【理窓会記念林自然公園】

お腹を満たした私達が向かったのは理窓会記念林自然公園。利根運河沿いにある公園というか林というか・・・限りなく「自然」な公園です。

私も過去に何度か訪れている大好きな場所。

もちろん、この日の目的は紅葉。

歩き回ると結構な広さなのですが、この日は花よりおしゃべりという感じで歩きもそこそこにぺちゃくちゃぺちゃくちゃおしゃべりに花が咲きました。

この間、MTBの皆さんは水を得た魚のように生き生きと走り回っていらっしゃいましたね~。楽しそう。

ここでは、超ご近所さんのお二人に初めまして。同じスーパーで会っちゃったら恥ずかしいなぁ。。。でも、もし会ったらよろしくお願いします!

遠くからいらしている方もいらっしゃるので、ここで一度中締め。何名かの方がここでさよならでした。

【旧吉田家】

残りの一行が向かったのは、旧吉田家。コレが曲者でした。

ここまでの場所は始めての場所も何となくどこにいるかを頭に描けていたのですが、ここからは・・・ダメ。

途中堤防のような場所の横を抜けたのですが、

運河?利根川??まさか江戸川じゃないよねぇ・・・??

という状態(帰りに確認したところ、利根川だったようです。みんな分かってるのね。すごいなぁ)。

東葛ポタらしい道を走って、たどり着いたのはどうやら柏にあったらしい旧吉田家。

こちらも、チーム東葛といえば!!!(しつこいですね・・・)の茅葺屋根第3弾。

驚いたのは住宅の大きさ。外から見てもとんでもない大きさでしたが、中に入ってお姉さんに説明していただきながら見学をしてみると、

どこまでつながってるんだ・・・

と呆れてしまうくらい巨大でした。

東葛人さんから聞いた話では、吉田家の土地だけ通って江戸まで行けたとか、行けなかったとか。すごいの一言です。

住宅の中を見学すると各所に凝った装飾がなされていましたが、富士山好きの夫婦である私達が気になったのはこれ。

富士山から透けて外の光が入るようになっていました。吉田家の先祖の方々も富士山が好きだったんですね~。

【解散】

この頃には、日の光が弱弱しくなり、空には雲が増え、気温が大分さがってきました。

ここで本当の解散です。

手賀沼方面に向かう一行と別れて、私達は東葛人さんに導かれておおたかの森方面へ。

相変わらず、ここではぐれたら、一人では帰れない!という道を連れて帰っていただき、最後はE-ponさんと3人でSwacchiさんへ。

ある目的があったのですが、その邪な考えを知ってか知らずかSwacchiさんは臨時休業日。E-ponさんには遠回りをしていただいて申し訳なかったです。

今回、初めて東葛ポタに参加させていただき、改めてこの自然あふれる場所で生活を送れることを幸せだと思いました。

改めてマイペースで東葛の軽井沢辺りを走って見たいなぁ~。

企画していただいた東葛人さん、第2グループを先導していただいたはんぞうさん、そしてご一緒させていただいた皆さん。どうもありがとうございました!

  • 場所: 江戸川CR-清水公園-不老庵-理窓記念自然公園-(中略)-旧吉田家-帰宅
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:4時間57分(2008年9月26日からの累積:341時間)
    • 距離:62.5km(2008年12月13日からの累積:3537.0km)
    • 平均速度:17.2km/h
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:3時間59分(2007年8月11日からの累積:633時間)
    • 距離:56.6km(2008年12月13日からの累積:3838.1km)
    • 平均速度:16.6km/h

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »