« もてぎ7時間エンデューロ! | トップページ | 間に合わなかった、今年の朝錬 »

2010年4月11日 (日)

ちょっとずるして、幸手の権現堂堤→行幸湖

桜を愛でるには今週末が最後のチャンス!と、もてぎの次の日でも出かけたかった場所がありました。

その場所は権現堂堤。

本当は運河を経由して自走で出かける予定でしたが、午後から東風が強くなるとの予報に恐れをなし、ずるして関宿城まで車載しました。

関宿橋から一般道に降り、適当に走っていると綺麗な桜並木に出ました。

少し散り始めている一番綺麗な桜並木。迷い(?)こんでラッキー♪

この場所から少し進むと急に車と人が増えて、権現堂堤に到着したことを感じました。

この桜のトンネルの先で、一人のサイクリストさんがたこ焼きを食べていました。

あ!taroさん!!

権現堂にいらっしゃるという話は聞いていましたが、お会いできるなんて~。

私達もお腹がペコペコだったので、大盛りのたこ焼きを食べながら少しおしゃべり。taroさんは既に散策を終了しこれから関宿城に向かわれるとのことでした。

私達は、初めての権現堂堤を堪能するため、菜の花畑に下りてのんびりと散策。

菜の花の黄色と桜の薄いピンク。そして顔を出してくれた青空のコントラストを大いに楽しみました。

菜の花畑を歩いた後は桜のトンネルに向かう予定だったのですが、あまりの人の多さに人ごみの苦手な私達が向かったのは、隣の行幸湖。

ラッキーなことに、桜並木を背景にして噴水を見ることができました。

行幸湖の周りの遊歩道は、先ほどまでの喧騒がウソのように人影がまばら。桜並木がずっと続いて綺麗なのに不思議です。でも、私達にとっては願ってもない好条件。

綺麗な桜並木の下で、のんびりと自転車散歩を楽しみました。

途中の公園では、綺麗な枝垂れ桜も堪能でき、贅沢な楽しいポタでした。

で、締めくくられれば良かったのですが・・・

この後、東からの猛風typhoonが吹き荒れ、利根サイを東に向かう私達はコテンパンにやられました。

やっぱり、もてぎの方がサイクリングロードより楽じゃないかぁ。

と、もてぎの上り坂以下にまで落ちた平均時速で、トロトロ、フラフラとやっとの思いで関宿城までたどり着いたのでした。

風のバカァ~~!!

  • 場所: 関宿城-江戸川CR-関宿橋-権現堂堤-行幸湖-利根川CR-関宿城
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:1時間47分(2008年9月26日からの累積:484時間)
    • 距離:23.0km(2008年12月13日からの累積:4869.9km)
    • 平均速度:15.0km/h
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:1時間47分(2007年8月11日からの累積:732時間
    • 距離:22.9km(2008年12月13日からの累積:5182.0km)
    • 平均速度:15.0km/h

------

4/12記す

|

« もてぎ7時間エンデューロ! | トップページ | 間に合わなかった、今年の朝錬 »

ロードバイクでお出かけ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

関宿から南下する頃風が強くなってきたので大丈夫かな~。とちょっと心配でしたが、やはり風に悩まされてしまったのですね。。
ホント風のバカァ~~!!ですよね~。(笑
行幸湖の周りの遊歩道は結構人もまばらでノンビリ走行するにはGoodですよね。
タイミングよく噴水が見れるなんてやはり日頃の行いの良さでしょう。

投稿: taro | 2010年4月13日 (火) 23時05分

あれ~?
この日もチームジャージで走ったの??

投稿: 103 | 2010年4月14日 (水) 09時00分

shadowtaroさん
コメントありがとうございまーーーす!

taroさんは猛風にはあいませんでしたか?
アノ風にはやられました・・・。
自走しなくて本当に良かったです。

権現堂で偶然お会いできて、楽しみ方を案内していただいてよかったです。
静かな行幸湖を十分に楽しむことができました。

投稿: みくま | 2010年4月14日 (水) 23時25分

shadow10さん

え~~~!
だって、ずーっと来ていたかったんだもん♪

投稿: みくま | 2010年4月14日 (水) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224807/48069601

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとずるして、幸手の権現堂堤→行幸湖:

« もてぎ7時間エンデューロ! | トップページ | 間に合わなかった、今年の朝錬 »