« スバルライン完全制覇成る! | トップページ | 富士五湖コンプリート!! »

2010年5月25日 (火)

Mt富士ヒルクライム、試走完了ぅ~!

21日、金曜日。

休暇を取って、Mt富士ヒルクライムの試走のため富士スバルラインに出かけてきました。一年ぶりの走行です。

9時走行開始!のつもりが、渋滞にはまり(中央道工事してるんだもん・・・)11時半の走行開始となりました。

天気は快晴sun、気温もぐんぐん上がり標高の高い富士吉田でも25度を越える勢い。夏のウェアでも暑いです。

料金所下からタイム計測を開始し、アシストくんは料金所の先で時差スタートのためストップ。私はそのまま走り続けます。

最初の3キロはきつめの勾配が続くのですが、まだまだ脚が元気なせいか気がつくとスピードを出しすぎて心拍が170を越えてしまっています。

いかん、いかん。

と心拍計をみながらスピードを抑え、心拍数を160台に保って走りました。単独で走ってこうなんだから、イベント当日はもっととばしすぎちゃうかも。気をつけなくっちゃいけませんね。

平日にも関わらず結構な人数の方が自転車で走られていて、結構な人数の方に抜かれました・・・。その内のお一人が抜き去りながら、

「上まで行くんですか?」

と話しかけて来られました。

「ハイ!のんびりのんびり走ります!」

とお返事。

「頑張ってください!」

とスーッと走り去っていかれましたが、その後しばらく私は

上まで行くの?と思うくらい、辛そうにあるいはスローペースで走ってるのかなぁ・・・なんて気になっちゃいました。ニコニコ話しかけて下さったので、悪気は無いんだと思うんですけどね。

そんなことを考えていると、最初の休憩所一合目下駐車場に到着。私のすぐ後ろでアシストくんも到着しました。

ここまでで私に追いつけないなんて、アシストくんちょっと調子が悪そうです。私は鼻をかんだり、ドリンクを飲むだけですぐに出発しました。アシストくんは再び時差スタートです。

一合目下駐車場の先は、緩急がはっきりした区間になります。ちょっと辛いな~と思うのぼりでも少し走ると勾配が緩くなり13~14キロで走れたりして、私はわりに好きな区間です。

しかし、上の写真のように木が日光をさえぎってくれないので、暑い!

熱中症になっちゃうよぉ・・・。と5月の富士山にあるまじき状態で、走っている最中に頭から水をかぶりたいほどの暑さでした。意識的に水を補給して何とか体温を下げながらの走行です。

もう少しで樹海台駐車場、約10キロの休憩地点というところで、アシストくんに抜かれました。

樹海台駐車場でちょっと休憩。陽射しが強いので日焼け止めをぬりなおしていざ出陣です。いや~まだ半分以上残ってます・・・。

のんびりのんびりカメさん走りの私は、とにかく走る時間が長いので走りながら色々なことを考えました。

そのうちのいくつかをご紹介しますね。

★その1★ 「速い選手達より私の方が偉いわ!」説。

何度も言いますが、私の走りはとても遅いので24キロのスバルラインを走りきるのに3時間近くかかってしまいます。一方、Mt富士ヒルクライムのアスリートクラスで走るような速い選手達は、1時間ちょっとで走りきっちゃうんです。

つまり、速い選手達が苦しいのは1時間そこそこ。それに比べて、私は心拍数160~170台を3時間持続しているわけですから、私の方が3倍偉い!という結論です。

ね?そう思いません?

悔しかったら、あと3倍同じペースで走ってみろぉ~~!!!

なんて心で叫びながら走っていると見えてきたのが、この標識。

ゴールまであと10キロです。

わ~い!!あと10キロだぁ!!!

とかなり喜びましたが、今になって冷静に考えるとあと「ヤビツ一本分」ですね。でも、そんな冷静な感覚は持ってられなくなるんです。スバルラインはそんな恐ろしい場所です。

大沢駐車場の休憩ポイントの手前で再びアシストくんに抜かれ、そのアシストくんに撮られた写真がコレです。

冷静な感覚を失ってそうな姿でしょ?ああ、恐ろしや・・・。

ちょっとお腹が空いてきた気がしたので、ゼリーを補給して最後の7キロに向かいます。アシストくんはここでも時差スタート。

最後の7キロがどんなところだかあまり覚えてなかったのですが(きっと、前回もいっぱいいっぱいだったんでしょうね)、ある程度の勾配が続いている箇所が何箇所かあり、結構へこたれた走りになってしまいました。

心拍は170を越えてるのに、スピードが全然出ない。

そんな場面で私が考えていたのは・・・・

★その2★ 「2週間後もまたここを走るの?」

辛い記憶は残らないんだな、と普段から思ってはいましたがここまでとは・・・。

走ってる最中はとにかく辛かった!

走っても走ってもゴールは遠いし、陽射しは強くて暑いし、心拍は上がるし、脚も辛くなってくるし。

来年は試走してまで臨まなくてもいいや。

と考えがかなり逃げ腰になっていた私。その時大事なことに気がつきました。

「あ!2週間後にまたここを走らなくっちゃいけないんだぁ~」

う~ん、結構スバルラインお腹いっぱいかもcoldsweats01

でも頑張らなくっちゃなぁぁぁぁ。。。

そんなこんなで、

あと1キロ~!!

この辺りは平坦なので私でも20キロ程度で走っています・・・が!

この次に見えてきた五合目まで500mの看板のあとが地獄でした。

何で最後にあんなに急に上るんだよぉ。

たくさんの観光客に見守られながら(冷たい視線をおくられながら?)、何とか五合目にゴール!今回も何とか3時間は切ることができ、完走はできるかも!です。

そして、そのあとすぐにアシストくんもゴールしてきました。

この顔がすべてを物語っていますね。

五合目ではお決まりの記念撮影。

真っ青な空に雪をたたえた富士山。最高の景色です。

やっぱりアシストくんは調子が悪かったようで、タイムも伸びなかったようです。ダメダメモードで記念撮影。

アシストくんと比べて元気な私は、ダメ押しでこんなポーズまで取っちゃったりして。やっぱりハイテンションです。

五合目についたのは既に14時をまわっていたので、軽食を食べて下山することにしました。

有名な富士山メロンパン。ほとりはカリカリ、中は柔らかで美味しかったです。ヒルクラの当日も食べられるかなぁ?

さて、富士吉田でも25度を越えたこの日の五合目の気温は~、

37度!!wobbly

って、富士吉田より高いじゃないですか!

前回も思ったのですが、この温度計嘘っぱちです。標高2300メートルで37度もあったら、下界は大変なことになってますから。

さて、あとは下山です。今回試走に出かけたのは上りのためというよりは下りのため。

下り始める前はちょっと怖かったけど、意を決して走り始めたら大丈夫でした。

ま、といってもダウンヒラーな皆さんには信じられない20キロ台というスピードで、私なりにのんびりのんびりと下りました。ブレーキを握る手が疲れてしまうので、何度も何度も休憩を挟んで。とっても遅いですが、自分の力で下りきれたことはとても嬉しかったです。

と言うことで、下りきったあとの記念撮影。

下る途中で驚いたことがひとつ。樹海台の駐車場から少し下った辺りだったと思います。目の前に綺麗に富士山が見えました。

上ってる最中なら富士山が見えるのは珍しいことではないので、うわ~と声を出しながらもそのまま下り続けましたが、下りながらよくよく考えると、富士山から下ってるのに目の前に富士山が見えるって、変ですよね?

止まって写真を撮ればよかったとひどく後悔しています。またリベンジしなくちゃいけないなぁ。

そして、もちろん夜は地ビールをたらふく飲んで気持ちよい眠りにつきました。

富士スバルライン完全制覇、バンザーイ!

----

そして、試走を終えて数日がたった今。既に辛さはひとかけらも覚えていません。

2週間後も楽しんで上れそうですぅheart01 (ホント、我ながら幸せな性格)

また富士山が綺麗に見えるといいな~。

  • 場所: 富士スバルライン
  • 【みくま:マドンナ】
    • 時間:4時間40分
    • 距離:51.6km
    • 平均速度:13.4km/h
    • 富士スバルラインの上りにかかった時間:2時間44分51秒(HR164/177)(休憩時間??分を含む)
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 時間:4時間39分
    • 距離:51.2km
    • 平均速度:15.1km/h
    • 富士スバルラインの上りにかかった時間:2時間46分2秒(休憩時間39分22秒を含む)

|

« スバルライン完全制覇成る! | トップページ | 富士五湖コンプリート!! »

ロードバイクでお出かけ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

この度も楽しいエントリーありがとうございました。

いや、それより完全制覇おめでとうございます。ゆっくりでも下り坂を克服されたんですね♪

投稿: 103 | 2010年5月26日 (水) 07時43分

富士制覇、こちらもなぜかうれしいです。^^
富士HC楽しんじゃってくださいね~。
そして、今度のポーズはサタデーナイトフィーバーで♪(笑

投稿: taro | 2010年5月27日 (木) 00時26分

アシストくんは1時間30分を切れそうですか?

投稿: KEN | 2010年5月27日 (木) 03時16分

shadow10さん
コメントありがとうございまーす!!

ゆっくりゆっくりでしたが、ちゃんと下れました~。
今では辛さを全く忘れて、また五合目まで走りたくってうずうずしていまーす。

投稿: みくま | 2010年5月29日 (土) 21時26分

shadowtaroさん
コメントありがとうございまーーす!

喜んでいただいてどうもありがとうございまーす!!
レースとは関係なく、皆さんでのんびり上りたいですね~。

サタデーナイトフィーバー・・・福島ツーリングでも10さんに言われたのですが、今ひとつ何か分かっていない私達です。
どんなポーズをとればいいのでしょう??

投稿: みくま | 2010年5月29日 (土) 21時28分

shadowKENさん
コメントありがとうございまーす!!

アシストくんは・・・去年より遅いかもぉ・・・とすっかり弱気になってます。
1時間半を切ったら特別措置でホイールを入手できる・・・?かもしれないのにね。

投稿: みくま | 2010年5月29日 (土) 21時29分

物欲はさておき、余計なお世話かもしれませんけれども、タイム向上のための決戦用として、
MAVIC R-SYS(公称1355gペア) に
MAXXIS FLY WEIGHT チューブ(52g×2)と SCHWALBE ULTREMO-R1(180g×2) を装備したホイールをお貸ししましょうか?

私は今度の土日は使用する予定はありませんし、お二人に預ける分にはまったく抵抗無いですから。実際Aksiumやtomoさんの所にはSPINERGYが行ってますのでね(笑)
よろしければ、遠慮なく仰ってください。アフター5でご都合の良い時にお届けしますよ。私からのささやかな応援だと思ってください。

投稿: KEN | 2010年6月 1日 (火) 23時40分

shadowKENさん
嬉しいコメントどうもありがとうございます♪

このコメントを読んだときのアシストくんの笑顔は永久保存しておくべきでした。
アシストくんはとっても引かれていたようでしたが、今回は「自分のホイールで走る」そうです。
理由は「遠慮深いから」・・・

・・・

ではなく、「R-SYSを履いて遅かったら購入への道が絶たれてしまう!」という後ろ向きな理由のようです。
今回は調子がいまいちのようで調子がいいときに履いてみたいな~とどこまでも我がままで言いたい放題なことを言っております。

本当に魅力的な申し出どうもありがとうございました~。今度機会があったら是非履かせてやってくださいね~。

自分のホイール(と言ってもお借りしているAKSIUMです)で出すアシストくんのタイム、楽しみにしておいてくださいね~。

投稿: みくま | 2010年6月 2日 (水) 22時58分

速いだけが偉いんじゃない!この様な楽しみかたをしなくてはいけません。とても参考になりました。本番は曇&雨とか。転ばぬよう慎重に下山しましょう。そして、共に頑張りましょう。

投稿: 秋野夕暮 | 2011年6月10日 (金) 09時58分

shadow秋野夕暮さん
コメントありがとうございます!!

今頃、会場で抽選会を楽しんでいらっしゃる頃でしょうか?

この記事は昨年書いたもので、今年は出産したばかりのため富士ヒルへの参加は自粛しました。というか、筋肉が消失してて参加は無理ですcrying
お天気もいい方に変わってきているようですし、私達夫婦の分までイベントを楽しんできてくださいね~。
そして、来年会場でお会いできたらうれしいです。

投稿: みくま | 2011年6月11日 (土) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224807/48441152

この記事へのトラックバック一覧です: Mt富士ヒルクライム、試走完了ぅ~!:

« スバルライン完全制覇成る! | トップページ | 富士五湖コンプリート!! »