« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の9件の記事

2011年2月28日 (月)

もうすぐ菜の花の季節ですね

昨日は、旦那に江戸サイ周辺のドライブに連れて行ってもらいました。

一番早く黄色い絨毯になる玉葉橋~野田橋のポイント脇も通りましたが、薄っすら黄色く色づき始めていました。あと数週間もすると、真っ黄色に染まりますね~。

こちらは昨年の咲き始めのころの様子。

自転車に乗るのが楽しい季節がやってきますね!

あ、そういえば明日は富士ヒルクライムの申し込み開始日ですね。

(3/1修正。今公式ホームページを見たら3/3から申し込みでした。すみません。)

さすがに我が家は今年は参加できませんが、来年以降復帰予定でーす!

出産準備ですっかり自転車離れしているアシストくんは、果たして一年後富士山5合目にたどり着けるのか?!?!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

組体操をしている二人

今日は妊婦健診(28w1d)でした。

歩くのが辛くなってきたので、旦那に車を運転してもらい付き添ってもらいました。感謝。

前回、二人に体重差が少しあると言われてその後差が大きくなっていないか心配だった私。

ドキドキしながら病院に向かいました。

診察の結果は・・・

とっても順調!異常なし!

一人は、約1100g(下側の子)、もう一人は約1200g(上側の子)。

前回の体重差のまま二人とも大きくなっているので今のところ心配要らないでしょう。といわれました。一番心配なことだったので、ほっと一安心でした。

それにしても、双子の場合少し小さめに育つと本には書いてあるのですが(27w終わりで1000g程度)、私の場合単胎妊娠と変わらない成長ぶり(27w終わりで1200g程度)。お腹も大きくなるわけです。

また、羊水量もたっぷりでOKとのことでした(今回は多すぎるとは言われませんでした)。

で、今回はエコーをとりながら先生が二人がどういう体勢でお腹の中にいるのかを説明してくれました。

二人で組体操をしているみたいですね~

と先生が口にしたその体勢は下の模式図の通り(相変わらず絵心がナイ・・・)

Cocolog_oekaki_2011_02_23_16_00

(手・足の向きは適当です。本当は二人とも私の背中側を向いていたみたいでした)

下の子は頭を下に向けていて、その股の部分に上の子の頭がはまり込んでいるらしいです。

これって、絶対上の子は頭蹴られまくってますよね?

お腹から出てきていきなりケンカを始めちゃったりしないかしら?

ずーっと言いたかったんだけどさぁ!!痛かったんだ!

なんて。

しかし、お腹の中で組体操しているなんて、将来は体操選手か!?!?!

まあ、何はともあれ、二人が順調に育っているようで安心して日々を送れそうです。引き続き、安静と体重管理、気をつけまーす!

-----

↑左側の写真。私のお気に入りです。

左側はお腹の上側の子の顔(目と鼻)がきれいに映っています。

右側はお腹の下側の子の頭が後ろからとられています。こっち向いてくれてなくて残念・・。

体重:65.6kg

血圧:110-70

腹囲:101cm

子宮底長:28cm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

妊娠線記念日

2月19日、土曜日。

衝撃的な事実が判明しました。

妊娠4ヶ月ごろから、クリームを塗り塗りして一生懸命防いできた妊娠線。

妊娠7ヶ月も終わりに近づいたこの日、

私からは見えない場所、大きく膨らんだお腹の下側に妊娠線が出来てしまっていることが、旦那の目撃証言により判明しました。

慌てて手鏡を使って自分の目で確認し、

できちゃった・・・・

と落ち込む私に、

記念日だよ!

と励ましてくれる旦那。

その通り!!妊娠線は母の勲章!

「母の勲章だよ!」と君が言ったから、2月19日は妊娠線記念日

(完全パクリしかも文字数めちゃくちゃ)

妊娠線が出来た日を記念日に指定して、おめでたい日としてお祝いしちゃいましょう。

これでケーキを食べられる日がまた一日増えちゃった♪

なんて・・・書きながらも、やっぱりまだちょっと凹んでます。でも、まあ、現在の腹囲106cm。持ちこたえたほうかなぁ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

馬刺し♪

久々の写真つきエントリーをば・・・

ジャーン!

生肉♪馬刺しですupupupup!!!

今週、珍しく旦那が熊本出張だったんですよね~。

恐るべき熊本の日帰り出張に旦那はぐったりでしたが、

私はお土産に大満足♪

また熊本行かないかな~??

できれば、私が焼酎飲めるようになってから。

やっぱり、馬刺し食べながら美味しい焼酎を飲んで、気持ちよく酔っ払いたいぞぉ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

そして「おへそ」はなくなった。

「おへそ」の危機に気がついたのはいつだったかなぁ。

昨年末くらいだったかな?

お風呂で体を洗うときに、いつも通りおへそを洗おうとすると・・・

ん??凹みが浅い??

これが、おへそ存続の危機に気がついた瞬間でした。

その後着々と凹みは浅くなり、ひと月前くらいにはホボ凹みはなくなってしまいました。

会社の友人に、

おへそがなくなった。

と話すと、

哺乳類じゃなくなったね。

とからかわれる始末。

そして、腹囲は見事大台にのり、おへそに凹みは全くなくなって

ずーっと前からここはお腹でしたが、なにか?

といわんばかり。しわしわの跡がなければどこがおへそだったか分かりません。

無事出産した後もおへそが戻らないんじゃないのぉ~

なんて会社の友人に脅されたりしてますが、ちゃんと哺乳類に戻れますよね??

戻れるって信じてます!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

一絨毛膜二羊膜性双胎とそのリスク

前回の健診で先生から詳しい説明を受けたので、今日は、一絨毛膜二羊膜性双胎のリスクについて分かりやすく書いてあるウェブ(聖隷浜松病院総合周産期母子医療センターHP)の情報を基に素人なりにまとめておこうと思います。

◆一絨毛膜二羊膜性双胎(MDツイン、MD双胎)とは?参考Webへのリンク

難しい名前ですがその名前の通り「絨毛膜」が一つ、「羊膜」が二つの一卵性双胎で、一卵性双子の約75%がこの種類に属しているそうです。つまり、一卵性の中では最もメジャーなタイプですね。

このタイプは受精後4~7日で受精卵がパカッと割れて二つに分かれて出来るとのこと。(そのころ激しいヒルクライムでもしたかなぁ・・・と関係ないと思いながらも考えてしまう母です)

で、重要なのはMDツイン(正確にはMDツインに限らず一絨毛膜性の双子)では1つの胎盤を二人の赤ちゃんが共有しているということ。

この特徴により、MDツインの妊娠では二絨毛膜二羊膜性双胎(DDツイン、DD双胎)にはない下記の様々な問題が起こるリスクがあり、ハイリスク妊娠と言われてしまうんです。

◆双胎間輸血症候群(TTTS)参考Webへのリンク

胎盤を共有している故に二人の赤ちゃんをつないでいる血管が存在するのですが、このつながっている血管を行き来する血液のバランスが崩れると、一人の赤ちゃんは血液が多すぎる状態、もう一人は血液が少なすぎる状態になり、結果的に二人の赤ちゃんともに問題が起きてしまうというリスクです。

MDツインの5~15%の確率で起こるそうです。

妊娠26週以内なら手術での治療が可能だそうですが、それ以降は二人の様子をよく診ながら対応していくしかないそうです。ただ、参考Webを見るとこの場合産まれた赤ちゃんの予後は良くないようですね。

◆discordant twin参考Webへのリンク

二人の赤ちゃんに発育差が生じてしまうというリスクです。

MDツインの5~10%で起こるそうです。

双胎間輸血症候群ではなくてもお腹の二人の発育状態に差(予想体重25%以上の差が目安だそうです)が出てきてしまうと、小さな方の赤ちゃんの発育を一番に考えてお腹に入れておくと危ないと判断された場合には早く取り出してしまうそうです。

◆一児死亡参考Webへのリンク

二人の赤ちゃんの一人が死亡してしまうリスクです。

MDツインの3~5%に起こるそうです。

二人のうち一人が死亡してしまうと、二人の間に血液の行き来があるためにもう一人の赤ちゃんにも悪影響があり死亡や神経学的後遺症が起こる可能性が非常に高いんだそうです。

◆切迫早産参考Webへのリンク

これはMDツインに限ったことではないですが、双子妊娠では子宮が早くから大きくなってしまうため早産になってしまう可能性が高くなります。

双子妊娠では30週で1500g×2で3000g。単胎妊娠の40週と同じ体重になるんですって。そりゃあ、お母さんの子宮もそろそろいいかな~と思っちゃいますよね。

◆妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病

これもMDツインだけのリスクではありませんが、双子妊娠では単胎妊娠に比べて母体に負担がかかるため、これらのリスクが高くなるといわれています。

私の場合は38歳の高齢ということもあり更に倍!かどうかは分かりませんがよりリスクが高いそうです。

というわけで、体重コントロール・食事管理が大事なんだとか。

----

以上、前回の健診で先生から説明されたリスクをまとめてみました。

最後に書いた体重コントロールのためには適度な運動が効果的なのですが、その他のリスクを考えると安静が一番大事。

安静=横になっている

とのことで、歩くのもお勧めできないとのことでした。

産休に入って一週間、家に閉じこもっているのも精神的に辛いですが、二人の赤ちゃんが無事に産まれて来られるようにのんびり毎日を過ごしたいと思います。

また、今はこれらの情報を冷静に見ることができますが、転院前の産院でMDツインであることを告げられた直後、ネットで情報を調べ同じページの情報を見たときには、心配で涙が止まらなかったことを覚えています。

現在妊娠27週1日。双子判明直後と比べてリスクが減っているわけではないのですが、少しは落ち着いて状況を受け入れることが出来たってことでしょうか。

私の目標は、産まれてくる赤ちゃんが自分で呼吸できるようになると言われている36週まで頑張ってお腹の中に入れておくこと!です。

お母さんも頑張るから、赤ちゃんたちも後2ヶ月ちょっとお腹の中でゆっくりしとくんだよぉ~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

出産準備?第二弾:○○○○

出産準備なのかどうか微妙ですけど、我が家というか私的にはずーっと気にかかっていた用事を12日土曜日に済ませてきました。

電車で御徒町まで出かけて、用事終了!!

思い描いていたのよりずーっとずーっとあっさりとそのブツは決まってしまいましたが、私のお腹が臨月並みに大きくなって立ってるのもしんどいので、仕方がないか。

そんなになる前に早く買っとけよ!って話なのですが、

ま、こんな購入劇もまた思い出に残りそうです。

で、何買ったかって??

うーん、また内緒にさせていただいてもよろしいでしょうか?

そのブツが手元に届くまで3週間くらいかかるらしいです。

それが届いたら公表しまーす。

(あ、場所は御徒町だけど自転車関連品じゃないですよ~)

買い物終了後、行きつけの飲み屋さんに「しばらくこられなくなりまーす!」とご挨拶。

このお店で気持ちよーく酔っ払えるようになる日はいつかな~?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

新しい先生の初めての健診

産休初日の2月9日。

この日は脱オヤジ(医者)最初の健診日でした(26週1日)。(オヤジとのラストバトルの様子はこちら

どんな先生かドキドキしながら診察室に入ります。

最初にあれっ?と思ったのが看護師さんとの会話。

お天気良くなって良かったですね~と世間話を始めた看護師さん。

いつもと同じ看護師さんなのですが今まで世間話なんてしたことありませんでした。

その世間話のせいか、どことなく明るい雰囲気の診察室。

このとき感じた私の感覚は間違っていなかったことが後でわかりました。

エコーの準備をしている私に、初めまして○○です。と挨拶をする先生。

その後エコーが始まりましたが、今までのオヤジエコーとは比べ物にならないほどじっくりと時間をかけてエコーを確認していました。

時にエコーの設定を変えて一部分を詳しく確認したりしている様子。

でエコーが終わると

内診室に入ってください。

といわれ、早産兆候のチェックをしてくれました。

前回、私がお願いにお願いを重ねてやっとゲットしたあの診察です。

早産の兆候はないですね。大丈夫です。

と手際よくチェックが済むと、再び診察室に入り先生からの説明を受けました。

先生:みくまさん。多分何も聞いてないと思うんだけど、今までの先生から双子妊娠について説明を受けた事がありますか?

みくま:いえ、詳しい説明は受けたことないです。

先生:もっと早いうちにお話しておかなくっちゃいけない事なんだけど、今日お話させてもらいますね。

と、メモに絵や文字を描きながら、双子とくにMD双胎のリスクとその予防のために安静と体重コントロールがどれだけ重要か、また高齢ゆえに気をつけるべきことについてゆっくり、分かりやすくお話してくださいました。

今まで高齢出産のリスクについて全く考慮されていない点も不安に感じていたので、

この時点で、私の心境は・・・

とっても良い先生!この先生にずーっとついていきます!!

でその後、腹部エコーの結果の説明がありました。

◆二人の体重差がちょっと出てきてしまっていること(約810gと約920gで12%)。

エコーの誤差もあるそうなのですが、二人の体重差が25%以上になってしまうと、小さい子の健康状態を一番に考え早く取り出してしまうこともありうることを説明されました。

◆羊水の量が多めなこと。

あまり多くなってしまうと早くに破水してしまうこともあること。妊娠糖尿病の兆候のこともあるので注意が必要なことを説明されました。

どちらもすぐに心配と言うことではないけれど、慎重に見守っていきましょうね。ということでした。

う~ん、なんて診察っぽいんだ。

次回は有無を言わさず、同じ先生の診察日の予約を入れさせられましたので、今後もこの神様のような先生に続けて診てもらえそうです。

腹部エコーでは少し心配な兆候も出てきてしまいましたが、この先生ならちゃんと診察してもらえるだろうと安心できた感動的な健診でした。

今までのオヤジと同じ病院なのに曜日によってこんなに診察内容が違うなんて・・・

正直なところ、今までの診察は詐欺だったなと思っちゃいました。

曜日を変えて大正解でした~。

あ、そうそう。新しい先生に感動しすぎて大事な事を書き忘れていました。

性別分かりましたよ~

一人は分からなかったのですが、もう一人のエコーでばっちり。

男の子だそうでーす!

男の子二人の育児。体力が要りそうですが、旦那ことアシストくんは

自転車に乗せるぞ~

と心に決めた様子です。物心つく前に自転車に洗脳しよーっと。

あ、そんなことより本格的に名前考えなくっちゃ。

-----

↑このエコー写真が男の子の証拠写真なのですが・・わかるような、わからないような・・・。

体重:66.0kg

血圧:113-71

腹囲:100cm

子宮底長:25cm

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

今日から産休でーす♪

今日から待ちに待った産休です。

おなかが単胎の臨月並みに大きくなって、

歩くのはノロノロ(そこのあなた!妊娠前からでしょ!と突っ込まないように!)

お腹の張りも頻繁

時に動悸も辛い

と、産休で出勤しなくてよくなるこの日を指折り数えて待っていたのですが・・・

いざ産休入りとなると複雑な心境になるもので、

会社の人たちとおしゃべりできなくなるのは寂しいし、

毎日何をして過ごそうか

と、急な環境変化に対応できずまだポカーンとしてます。

決して仕事人間ではないタイプなんですけどね。私。

ところで、一部の方に楽しみにしていただいているオヤジ医者との最終バトル。

風邪の治りがよくなくていまだにアップできていません。

で、そうこうしているうちに実は今日はその次の健診日でした。

明日は前回のオヤジとのバトル&今日の健診結果についてアップできるようにがんばりマース!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »