« 一絨毛膜二羊膜性双胎とそのリスク | トップページ | 馬刺し♪ »

2011年2月18日 (金)

そして「おへそ」はなくなった。

「おへそ」の危機に気がついたのはいつだったかなぁ。

昨年末くらいだったかな?

お風呂で体を洗うときに、いつも通りおへそを洗おうとすると・・・

ん??凹みが浅い??

これが、おへそ存続の危機に気がついた瞬間でした。

その後着々と凹みは浅くなり、ひと月前くらいにはホボ凹みはなくなってしまいました。

会社の友人に、

おへそがなくなった。

と話すと、

哺乳類じゃなくなったね。

とからかわれる始末。

そして、腹囲は見事大台にのり、おへそに凹みは全くなくなって

ずーっと前からここはお腹でしたが、なにか?

といわんばかり。しわしわの跡がなければどこがおへそだったか分かりません。

無事出産した後もおへそが戻らないんじゃないのぉ~

なんて会社の友人に脅されたりしてますが、ちゃんと哺乳類に戻れますよね??

戻れるって信じてます!

|

« 一絨毛膜二羊膜性双胎とそのリスク | トップページ | 馬刺し♪ »

妊娠日記」カテゴリの記事

コメント

腹囲がとうとう大台に乗りましたか。
自分はピーク時に腹囲102CMという記録がありますが、その時にもへそは普通に存在していました。自分が女性だったらへそが無くなるまでお腹が膨らんだらいったいどれくらいの腹囲になったかと考えてしまいます。

投稿: よね | 2011年2月18日 (金) 11時02分

両生類?爬虫類?まさか鳥類??のみくまさん、こんにちは。

そうですか、とうとう来るべき時がきたんですね。でも、妊婦は誰でも通る道。
問題は出産後ですよ!
産後のムリはいけませんが、ナイスリカバリーができるように頑張ってくださいね。ま、赤ちゃんの世話でそれどころじゃないと思いますが(^^;)

投稿: 103 | 2011年2月18日 (金) 11時12分

不謹慎かも知れませんが。。。
>哺乳類じゃなくなったね。
のセリフで、クスッと笑ってしまいました。m(__)m
ユニークなとらえ方する人ですね。

でも、2人もおなかで育っているのですから、余計にお腹が大きくなっちゃうのは仕方ない事ですよね。

雷様がおへそ盗って行ってなければ、大丈夫ですよ。きっと。

投稿: taro | 2011年2月18日 (金) 19時33分

shadowよねさん
コメントありがとうございまーす!!

貴重な大台越え情報うれしいです。
へ~、妊婦じゃない場合は腹囲が大台を超えてもおへそは健在なんですね。哺乳類のままなんだ。中から押されているわけじゃないから違うんですかね?
今はスッキリスマートなよねさんを見習って、産後頑張ります!

投稿: みくま | 2011年2月18日 (金) 20時21分

shadow10さん
コメントありがとうございまーす!!

うーん、何類だろ?
友人達は、かえると一緒だぁ~といって喜んでいたので、両生類か??

そうですね。問題は出産後ですよね。
口の悪い友人たちは、脱哺乳類以外にも、

そんなにお腹が大きくなっちゃったら、産後ちゃんと左右のバランスを考えて皮の位置を戻さないと、おへそが横っ腹に移動しちゃうんじゃない?

など、好き勝手言ってくれてました。
産んだ後母乳が出たら、食べても食べても太らない状態になるという情報を聞きつけ、今はその日を夢見て各種食べ物を我慢しています。

投稿: みくま | 2011年2月18日 (金) 20時25分

shadowtaroさん
コメントありがとうございます!!

哺乳類じゃなくなると言われ、

え?カエルにはおへそ無いの???

と言ってしまったマヌケなみくまです。

私の友人は口の悪い妙な発想をする人が多いんです。みんな出産を経験しているのに、人のことは好き勝手言ってくれて。

きっと雷様もどこにおへそがあるか分からなくってとっていけないから、大丈夫!盗まれそうにはありません。

投稿: みくま | 2011年2月18日 (金) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224807/50902833

この記事へのトラックバック一覧です: そして「おへそ」はなくなった。:

« 一絨毛膜二羊膜性双胎とそのリスク | トップページ | 馬刺し♪ »