« 出産準備?第二弾:○○○○ | トップページ | そして「おへそ」はなくなった。 »

2011年2月16日 (水)

一絨毛膜二羊膜性双胎とそのリスク

前回の健診で先生から詳しい説明を受けたので、今日は、一絨毛膜二羊膜性双胎のリスクについて分かりやすく書いてあるウェブ(聖隷浜松病院総合周産期母子医療センターHP)の情報を基に素人なりにまとめておこうと思います。

◆一絨毛膜二羊膜性双胎(MDツイン、MD双胎)とは?参考Webへのリンク

難しい名前ですがその名前の通り「絨毛膜」が一つ、「羊膜」が二つの一卵性双胎で、一卵性双子の約75%がこの種類に属しているそうです。つまり、一卵性の中では最もメジャーなタイプですね。

このタイプは受精後4~7日で受精卵がパカッと割れて二つに分かれて出来るとのこと。(そのころ激しいヒルクライムでもしたかなぁ・・・と関係ないと思いながらも考えてしまう母です)

で、重要なのはMDツイン(正確にはMDツインに限らず一絨毛膜性の双子)では1つの胎盤を二人の赤ちゃんが共有しているということ。

この特徴により、MDツインの妊娠では二絨毛膜二羊膜性双胎(DDツイン、DD双胎)にはない下記の様々な問題が起こるリスクがあり、ハイリスク妊娠と言われてしまうんです。

◆双胎間輸血症候群(TTTS)参考Webへのリンク

胎盤を共有している故に二人の赤ちゃんをつないでいる血管が存在するのですが、このつながっている血管を行き来する血液のバランスが崩れると、一人の赤ちゃんは血液が多すぎる状態、もう一人は血液が少なすぎる状態になり、結果的に二人の赤ちゃんともに問題が起きてしまうというリスクです。

MDツインの5~15%の確率で起こるそうです。

妊娠26週以内なら手術での治療が可能だそうですが、それ以降は二人の様子をよく診ながら対応していくしかないそうです。ただ、参考Webを見るとこの場合産まれた赤ちゃんの予後は良くないようですね。

◆discordant twin参考Webへのリンク

二人の赤ちゃんに発育差が生じてしまうというリスクです。

MDツインの5~10%で起こるそうです。

双胎間輸血症候群ではなくてもお腹の二人の発育状態に差(予想体重25%以上の差が目安だそうです)が出てきてしまうと、小さな方の赤ちゃんの発育を一番に考えてお腹に入れておくと危ないと判断された場合には早く取り出してしまうそうです。

◆一児死亡参考Webへのリンク

二人の赤ちゃんの一人が死亡してしまうリスクです。

MDツインの3~5%に起こるそうです。

二人のうち一人が死亡してしまうと、二人の間に血液の行き来があるためにもう一人の赤ちゃんにも悪影響があり死亡や神経学的後遺症が起こる可能性が非常に高いんだそうです。

◆切迫早産参考Webへのリンク

これはMDツインに限ったことではないですが、双子妊娠では子宮が早くから大きくなってしまうため早産になってしまう可能性が高くなります。

双子妊娠では30週で1500g×2で3000g。単胎妊娠の40週と同じ体重になるんですって。そりゃあ、お母さんの子宮もそろそろいいかな~と思っちゃいますよね。

◆妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病

これもMDツインだけのリスクではありませんが、双子妊娠では単胎妊娠に比べて母体に負担がかかるため、これらのリスクが高くなるといわれています。

私の場合は38歳の高齢ということもあり更に倍!かどうかは分かりませんがよりリスクが高いそうです。

というわけで、体重コントロール・食事管理が大事なんだとか。

----

以上、前回の健診で先生から説明されたリスクをまとめてみました。

最後に書いた体重コントロールのためには適度な運動が効果的なのですが、その他のリスクを考えると安静が一番大事。

安静=横になっている

とのことで、歩くのもお勧めできないとのことでした。

産休に入って一週間、家に閉じこもっているのも精神的に辛いですが、二人の赤ちゃんが無事に産まれて来られるようにのんびり毎日を過ごしたいと思います。

また、今はこれらの情報を冷静に見ることができますが、転院前の産院でMDツインであることを告げられた直後、ネットで情報を調べ同じページの情報を見たときには、心配で涙が止まらなかったことを覚えています。

現在妊娠27週1日。双子判明直後と比べてリスクが減っているわけではないのですが、少しは落ち着いて状況を受け入れることが出来たってことでしょうか。

私の目標は、産まれてくる赤ちゃんが自分で呼吸できるようになると言われている36週まで頑張ってお腹の中に入れておくこと!です。

お母さんも頑張るから、赤ちゃんたちも後2ヶ月ちょっとお腹の中でゆっくりしとくんだよぉ~。

|

« 出産準備?第二弾:○○○○ | トップページ | そして「おへそ」はなくなった。 »

妊娠日記」カテゴリの記事

コメント

二人で仲良く栄養を分け合って、元気に育ってくれる事を願うばかりですね。
具体的な手助けは残念ながら出来ませんが、かげながら応援してまーす。

投稿: taro | 2011年2月16日 (水) 20時18分

みくまさん、単純に「双子、いいな~」なんて言ってましたけど、こんなにもリスクがあるのですね。考えれば当たり前ですよね。1人入る部屋に2人いるわけですから。

でも、みくまさんの「ネットで情報を調べ同じページの情報を見たときには、心配で涙が止まらなかった」優しさは、赤ちゃんにも伝わっていると思いますよ。

飲み会なんていつでも出来るから、体調のことをイチバンに考えて、あと数ヶ月がんばってください!

そして、今までで最高の「アシスト」見せてくださいね!ダンナ!

投稿: 103 | 2011年2月16日 (水) 20時59分

どうもです〜
頑張れ~
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

投稿: NOB | 2011年2月17日 (木) 08時37分

shadowtaroさん
コメントありがとうございまーす!!

そうですね。僕が!僕が!!じゃなくってお腹の中にいるときから二人で仲良く栄養を分け合ってくれるように願うばかりです。

私にはチームの皆さんがついてますものね。だから大丈夫。元気に二人を産めるに違いないです。

投稿: みくま | 2011年2月17日 (木) 18時54分

shadow10さん
コメントありがとうございます!!

私も今までと妊娠して情報を仕入れてからでは、双子ちゃんを見る目が変わりました。今までは「かわいい~」だったのですが、最近は「無事に産まれてきて偉かったね~」です。

お医者さんとしてはリスクを伝える必要があるので、どうしても悪い話ばかりになっちゃいますよね。で、初めてハイリスクと聞いたときには結構凹んでました。

飲み会には少しだけでも顔を出して、皆さんから出産最終ステージへの元気をいただきたいな~と思っていますが、体調次第になってしまいそうです。当日顔を出せるように、十分に安静にして過ごします。

投稿: みくま | 2011年2月17日 (木) 18時59分

shadowNOBさん
コメントありがとうございます!!!

は~い!
頑張るっていうか、のんびーりしときまーす。

投稿: みくま | 2011年2月17日 (木) 19時00分

双子は双子でいろいろと大変なんですねぇ。

一人でも大変な今日この頃なので、二人だともっと大変なんだろうなと思います。

でも、喜びも倍だと思いますので、無事生まれてくるといいですね!

投稿: ひげ | 2011年2月18日 (金) 11時39分

shadowひげさん
温かいコメントありがとうございまーす!!

今は新生児医療も進んでいるので早く産まれても大丈夫だと思うのですが、でもやっぱり心配で・・・。これが親心ってやつなんでしょうか?

赤ちゃんは、一人だろうが二人だろうが育児は大変なんでしょうね。頑張って覚悟してみていますが、きっと本当の大変さは産まれてみないと分からないんだろうなぁ。パパ頑張ってください!!

春が来て、大好きな新緑が眩しいころに無事産まれてきてくれることを祈っています。皆さんにもお披露目したいです!

投稿: みくま | 2011年2月18日 (金) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224807/50888499

この記事へのトラックバック一覧です: 一絨毛膜二羊膜性双胎とそのリスク:

« 出産準備?第二弾:○○○○ | トップページ | そして「おへそ」はなくなった。 »