« 水道水から放射性ヨウ素 | トップページ | 手術日決定~!! »

2011年3月24日 (木)

水道水から放射性ヨウ素-その後

昨日、東京都が水道水から乳児の暫定規制値を超える放射性ヨウ素が検出されたと発表して以降、様々なニュースで様々な解説がなされていました。

妊婦に対する影響に関する専門家(?)のコメントもまちまちで、

うーむ。まだよくわかっていないのかな?

というのが個人的な感想でした。

一般的によく処方される薬でさえ、胎児に与える影響が調べられておらず安全性が証明できていないため妊婦には処方されないのが普通。

そんな状況なのに、○○ベクレルの水や食べ物の胎児に対する影響なんて明確にわかってるわけないよなぁ・・・。と個人的に納得しました。

そんな中、今日になって二つの学会が妊婦に対する影響について情報を提供してくれているのを見つけました。

日本産婦人科学会

水道水について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内

日本医学放射線学会

妊娠されている方、子どもを持つご家族の方へ-水道水の健康影響について

まとめると、現状のレベルなら妊婦が飲んだり食事に用いても問題ないということのようです。

ただ、日本産婦人科学会の資料の中には、

しかし、胎児・乳幼児は成人に比べ被曝の影響を受けやすいとされており、被曝は少ないほど安心です。したがって、軽度汚染水道水以外の飲み水を利用できる場合には、それらを飲用することをお勧めします。」

という記載もあります。もしミネラルウォーターなど代替の水が手に入るようならそちらを口にした方が、妊婦さんの精神的なことを考えても良いのかもしれませんね。

今日になって、金町浄水場の測定値は乳児でも大丈夫なレベルに下がったという発表がありましたね。また雨が降ったら一時的に値が上がったりするかもしれませんが、このまま落ち着くといいですね。

-----

<余談>

実家(鹿児島)の母からの電話によると、実家の近くのスーパーからもペットボトルの水が消えているとか。東京に送るためなんでしょうかね?

そういう家も、「探して水を送ろうか?」という実家の母の申し出を「そんなに心配しなくても大丈夫だよ~」と断るのが大変でした。

「あんたはいいけど、お腹の赤ちゃんがねぇ。」

だそうです。

小さな子、お腹の子を心配する気持ちは両親だけでなく、祖父母も同じということなのでしょうね。

|

« 水道水から放射性ヨウ素 | トップページ | 手術日決定~!! »

妊娠日記」カテゴリの記事

コメント

水道水の摂取制限発表の混乱から慌てていろんなメディアで後から解説されてる様な気がします。ご両親の心配は当然でしょう。 今のところは、日本産婦人科学会の資料の通りかなと思います。

<<以下余談です>>

ホントに水が必要になったら、「夫に富士山まで行って湧き水を汲んでくる様に頼むから大丈夫よ。」なんて言ってはダメでしょうか。。(アシストさんに怒られちゃうかな)
間違っても、地○ールを汲んでくるように頼んではダメです。

投稿: taro | 2011年3月24日 (木) 18時20分

どうもです〜!
そら~、実家のお母さんも心配でしょう!
日本全国水不足なんですね!困ったもんだ。
今日は会社でコーヒーをたらふく飲みましたし、昼飯は外食、もちろん水道の水でご飯を炊き、お茶を炊きしてますよ!
なんとかなってほしいものですね~!本当に!

投稿: NOB | 2011年3月24日 (木) 19時52分

ども!
チーム東葛のたすけさんのブログに色々と情報がアップされています。
彼はすごいですね~!
色々と参考になると思います

投稿: NOB | 2011年3月25日 (金) 09時32分

shadowtaroさん
コメントありがとうございまーーす!!

ですね~。いざとなったらヤビツ、同志みち、富士吉田と様々な場所から水を汲んで帰ってもらえばいいですね。
それにそなえて、自転車にキャリアをつけなくっちゃ。

投稿: みくま | 2011年3月31日 (木) 18時37分

shadowNOBさん
コメントありがとうございます!!!

まだお店にお水は見当たりませんが、水道水は今のところ安全に戻ったようでほっとしています。

投稿: みくま | 2011年3月31日 (木) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224807/51205232

この記事へのトラックバック一覧です: 水道水から放射性ヨウ素-その後:

« 水道水から放射性ヨウ素 | トップページ | 手術日決定~!! »