« 桧原湖ファミリーサイクリング | トップページ | 富士サファリパーク2回目 »

2013年6月 3日 (月)

富士ヒルクライム 無事完走!!

6月2日。富士ヒルクライム当日。

ついにこの日がやってきました。

一週間前の週間天気予報では、絶望的だった土日の天気。

5500人の参加者の思いが富士山に通じたのか、予報が大きく変わり二日ともとても良い天気になり、富士山も顔を出してくれました。

私自身二回目となる今回の参加ですが、前回はまだ妊娠前の参加で、アシストくんと一緒に参加しました。

今回は息子たちをアシストくんにみてもらって単独参加です。

朝は5時過ぎには会場に車で到着し、下山用の荷物を預け、私の自転車を適当にスタート地点付近に放置し、息子たちをチャリオットに乗せたところで、アシストくんは車を駐車場の富士急ハイランドに移動。

2013060201
はぁ~。ここまでを周辺道路に規制がかかる前に終わらせる必要があるので、バタバタでしたぁ。はぁー。

息子たちをチャリオットに乗せて富士山と写真を撮っていると、双子ちゃんですか?と声をかけて下さった女性がいらっしゃいました。

話を伺うと、その方も双子ちゃんを育てられて、もう中学生だそうです。

途中、息子たちをみていただいて私は自転車をスタート待機所に移動させることができ、とても助かりました。ありがとうございました。

自転車を移動させて戻ってみると、よねさんとtakaさんがチャリオットを見つけてくれて双子の相手をしてくれていました。

2013060202
takaさんとは、サイスタでコメントのやり取りはあったものの、お会いするのは始めて。これぞヒルクライマーと言う体をした方でした。が!お話を聞いてびっくり。このレースにむけて、半年も!!禁酒して2.5キロ体重を落としたんだとか。

えー!!!妊娠でもなく、病気でもないのに半年も禁酒なんてあり得なーい!!!

バイクを軽くするのはとてもお金がかかるから、自分の体を軽くしようと思って

とおっしゃっていました。ええ、おっしゃる通りですが、、、私ならお酒以外の手段を探すな絶対。あ、軽くしょうとかも思わないですけど。

そうこうしていると、アシストくんが自転車で会場に到着。

ここからは、息子たちのおもりはお任せして、母も妻も忘れて一自転車乗りにならせてもらいました~。

アシストくん、息子たち、どうもありがとー!

スタート時刻が近づき、私1人スタート地点に移動すると、少しドキドキしてきました。

二週間前の試走が散々だったから、ちゃんと完走できるか不安でした。

私の頭の中には、

  • 時速6キロを下回らないこと!
  • ゴール制限時刻の11時30分より前にはゴールするぞ!

の二つが刻まれていました。

レベル低~。

すっごく早い人たちの第一グループがスタートすると、次は女子のスタートです。

2013060203
スタート地点のすぐ脇では、よねさんとたかさんが応援してくださっていて、元気をもらいました~!ありがとー!!

そして、スタート!!

スタート地点の先ではアシストくんがチーム旗を降って応援してくれていました。

ありがとー!いってきまーす!!

と会場を出て左に曲がってすぐでした。

私のすぐ前を走っていた方がバランスを崩したのか、大きく左に斜行して隣の方にぶつかりガシャン!落車が起こりました。

スピードは出ていなかったけど、ぶつけられちゃった方の方は太ももを歩道の出っ張りにぶつけていたようで、大丈夫だったかなぁ?

落車した二人の右をすり抜けながら、落車した方には申し訳ないけれど、

巻き込まれなかった!今日はついてるかも!!

と、心の中でつぶやいていました。

たくさんの女性サイクリストさんたちに抜かれつつ、やっとスタート地点に到着。

結構きつい勾配が続きますが、みなさん速い速い!

ついて行っちゃうと後がもたないので、時速8キロを超えないようにサイコンをみながら走ります。この時の心拍数は160くらい。まずまずです。

試走の時にはすでにダメダメだったこの区間。

3.5キロ過ぎたら楽になるから~と自分をはげましながら走りましたが、

ん??なんだか大丈夫かも??

今日の私、走れてるかも??

と、感じていました。

試走では、駐車場はまだ?まだ??と思いながら走り、到着した途端へたり込んでしまったので、本番でも休憩しようと決めていたのですが、それほど辛くなく、周りの景色を楽しむ余裕もあり、

休憩なしでいっちゃお~!!

と、一合目下駐車場で応援してくれているみなさんに

ありがとうございまーす!

とご挨拶して、そのまま走り続けました。

ここからは勾配が少し緩くなり、この先も勾配に緩急があったり、道がクネクネしていたり、コースに変化があるせいか、とても走りやすかったです。

比較的楽に走れるので周りのサイクリストさんたちを観察。

お~、ヒルクライムなのにずっと下ハンなのね~

とか、

あんなに重いギア踏んでて、最後までもつのかなぁ?

とか。

でも、一番気になってじーっと見つめてしまったのは、

女性サイクリストさんを献身的にサポートする男性サイクリストさんでした。

なんとこの方、スタート直後からずっと一緒に走っていらっしゃったのです。

そんなの当たり前じゃん。

と思ったそこの方!

ちがーう!!!

富士ヒルクライムは、性別や申告タイムでスタート時間が決められていて、少なくとも男性が女性と一緒にスタートをすることはできないのです。

それなのに最初から男性が走っているなんて、どうやって一緒にスタートしたのかはわかりませんが、勇気のいる行動なんです。

そこまでして一緒に走り、ボトルを渡してあげたり、声をかけたり。

女性の方は私と同じ位の速度でゆっくり走っていたため、男性には運動強度が低過ぎて寒かったのかウインドブレーカーを着て走っていました。

途中で見失ってしまいましたが、きっとゴールまでサポートして、パートナーをゴールまで導いたんでしょうね~。

愛だわ♪

人間観察をしていると、後ろから

◯◯~、エムダッシュ~、頑張れ~!!

と、細沼編集長に激励してもらっちゃいました。びっくりしたけど、嬉しかった!元気でますね。

それから少しして、

双子のお母さん、頑張って!!

と見知らぬ方が声をかけてくださいました。スタート前に息子達をチャリオットに乗せているところを見ていたのでしょうか??

思いがけない応援。こちらもとても嬉しかったです。

さて、そろそろ最初の補給所が近づいてきました。と思ったら、

あれ?

補給所でした。

今までは樹海台の駐車場が補給所だったのに、それより1キロくらい下の場所に補給所が移動していました。

まだまだ元気だったので、休憩なしで行こうかな?と

ちょっと思いましたが、母の宿命か骨盤がずれてしまっているようで、左の足の付け根に痛みが出てきていたのと、やっぱり補給所も楽しまなくっちゃ、と言う気持ちとでピットインしました。

冷たい水を美味しくいただき、ちょっとストレッチをして出発しました。

あ、そうそう。この写真を載せなくっちゃ。

2013060204
ブログに載せるよ~

と言うと、みんなとてもいい顔をして写真に写ってくれました。ボランティアの男の子たちです。

どうもありがと~!笑顔と元気な声に元気をもらったよ~。

補給所を出ると、次の楽しみは、後ろから迫ってきているよねさんとtakaさんがいつ追いついてくるかでした。

私たちより後でスタートした男性陣がどんどんやってきてどんどん抜いていきましたが、そのゼッケン番号をみて、そろそろ二人がくる頃かな~と考えながら走っていたのです。

すると、

みくまさーん。頑張って~!!

とtakaさんがやってきました。

なんだか慌てちゃって、

いってらっしゃーい!!!

とお返事しちゃいました。いってらっしゃいってなんだよぉ~と自分にツッコミ。

なので、3合目付近でよねさんに声をかけてもらった時には、ちゃんと

頑張って~!!

と言いましたよ。これよぉこれ。ねぇ。

さて、この頃の私ですが、この区間は、試走の時に心が折れて何度か足をついてしまった区間です。

試走の時には、ずーっと、ほんとにずーっと辛かったのですが、落ち着いて走れていたのか、本番では、ちゃんと勾配の緩急を感じ取ることができました。

そして、当然途中でやめてしまおうとか、足をついて休もうとか全く考えることなく、むしろ、どうしてあの日はあんなに辛かったのかなぁ?と不思議に思いながら走りました。

それほど辛さは感じることなく、私のペースで順調に走れていたのですが、やはり骨盤の近く、左側の足の付け根に痛みを感じ、お尻の位置をずらしたり、ハンドルを握る位置を変えたり、なんとなく痛みを逃がしながら走りました。

そして、、、

聞こえてきました~!!

大沢休憩所の太鼓の音♪

思わず、あっ!と声を出しちゃいました~。

大沢休憩所では、冷たい水を飲み、ボトルにも水を足してもらって、出発!!

2013060206
この先少し行くと勾配の急な区間がありますが、そこが終わると、奥庭前とゴール前の坂を残すのみ!

もう少しだ~!!

と、自分に言い聞かせて走り始めました。

いざ勾配の急な区間に入ると、さすがに辛かったですが、周りのサイクリストさんもみんな辛そうだったし、一番勾配が急に感じられる黒壁が続く場所では何人かとまって傍で休んでいる姿も目撃したし、私だけじゃないぞー!!となんとか乗り切りました。

あ、そういえば、山岳スプリット区間の場所が少し後ろにずれていました。

勾配が少し緩くなった区間だったように思います。

2013060207
こんな看板も出ていて、今までのように勾配が急な区間だと、結局総合タイムの早い人がとっちゃうから、ここだけ狙う他の人にも取れるようにしたのかな~と感じましたが、違うかな?

さて、下界の景色がよく見える場所まで上がり、上りはあと二つを残すのみとなりました。

ここまでくると、応援の方もいるし、写真をとっている人もいるし、奥庭の坂は辛いけど、あっちこっちを振って気を紛らわしながらクリア!!

ふぅー。

そして、待ちに待った平坦~!!

の割には相変わらずスピードでないけど、制限時間は大丈夫そうだからまっいいか~。

と、のんびり走りました。そして、ビュンビュン抜かれました~!!ハハハ。

もうすぐゴールなのにぃ~

と精神的に負担がかかるためか、勾配以上に辛い最後の坂も、試走のときには脇の駐車場部分を蛇行しまくりで何とか走ったのに、前を向いて、ゴールのカメラはどこだ??と探す余裕のある私。

カメラの位置はよくわからなかったけど、カメラによく写るようにすぐ前にいた女性を抜いてからゴール♪

完走できた~!!

この場所に戻ってこられた~!!

本当に嬉しくて涙が出ちゃいそうでした。

妊娠が分かって急に自転車(と お酒)を取り上げられ、出産後も思うように自転車に乗れず、自分の時間も取れず。

この場所に本当に戻ってこられるんだろうか?

このまま自転車に乗らなくなっちゃったりしないだろうか?

そんな私の中にあった悶々の数々はぜーんぶなくなりました。

富士山に、戻ってきたよ~とご挨拶してふぅ~と深呼吸。

あ、気になるタイムは、手元のサイコンでは、2時間45分!

当初の目標だった3時間を大きく上回りました~!!

このタイムを見てニコニコ♪

ずーっと走ってなかったのに、私やるじゃん!

これもまた、まだ走れる~!と思えてとても嬉しかったのです。

そんな興奮が冷めないままキョロキョロしていると、偶然よねさん、タカさんを発見!

興奮してあれこれ話しまくってしまった気がします。そして、私の喜びを共に喜べと強制した気も。。。ごめんなさい。

2013060208
こんな写真もとってもらって、少しお話した後で、二人とはサヨナラしました。

二人と別れてから、非常にお腹が空いている自分に気がつきました。

途中でゼリーは飲んだもののその効果ももうきれてきたみたい。

売店を覗きましたが、富士山メロンパンは大行列だったので、富士山チョコ。ん??アポロ??を二個食べてお腹をみたしました。

五号目は良い天気で寒くはなかったのですが、念のためアームカバーやウインドブレイクジャージ、ウインドブレーカーを着込み、下山の列に移動しました。

下りが苦手な私は集団での下りが不安だったのですが、二年半のブランクで下りへの恐怖感がリセットされてしまったようで、私なりのペースではあるものの、極端におそくは無く下れました。これも嬉しい収穫でした。

途中、休憩所で手を休め、一つ目の休憩所の少し下にある、下りながら富士山を見られるポイントでは写真を撮り、
2013060209
スタート地点に到着!!

2013060211
ここからは、怪獣二匹、いや、息子たちに振り回されながら、吉田うどんを食べ、

2013060212
シフォンケーキを食べ、楽しかった富士ヒルクライムは終了しました。

その日の晩は、大好きな御殿場高原ビールを飲み♪ときのすみかにお泊まり。

2013060214
二日間、私たちの趣味に付き合ってもらったので、翌日は息子たちを富士サファリパークで思いっきり遊ばせました。

2013060215
最後になりましたが、アシストくんもちゃっかり土曜日に五号目まで走ったんですよ。

2013060101
二人一緒に走れるのはまだまだ先ですが、大会前日に同じコースを走る。これが私たちの定番のスタイルになりそうです。

2013060216_2

  • 場所: 富士スバルライン
  • 【みくま:マドンナ】
    • 上り:2時間45分22秒(23.8km、HR159/173、Avg.8.8km/h)(休憩時間4~5分を含む)
    • 下り:1時間2分(25.4km、Avg.27.8km/h)
  • 【アシスト:ルーベ】
    • 上り:2時間10分48秒(23.4km、HR162/174、Avg.11.4km/h)(休憩時間を含む)
    • 下り:50分(25.5km、Avg.34.8km/h)

|

« 桧原湖ファミリーサイクリング | トップページ | 富士サファリパーク2回目 »

チャリオットとお出かけ」カテゴリの記事

ロードバイクでお出かけ」カテゴリの記事

双子の育児日記」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

ブログのアップお待ちしてました~m(__)m
抑えきれないほどの喜びがわいてきちゃいすね^^
タイムの方も本番では劇的にアップしましたね。なぜか自分もうれしいです^^

投稿: taro | 2013年7月11日 (木) 23時52分

shadowtaroさん
コメントありがとうございます!!!!

うわぁ!!
こんなコメントいただいていたなんて・・・。放置していて済みません。
タイムの劇的アップ。やっぱりイベントパワーはすごいです。ありがたい・・。
スバルライン、チームで走りたいですね~。

投稿: みくま | 2013年11月23日 (土) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224807/57768783

この記事へのトラックバック一覧です: 富士ヒルクライム 無事完走!!:

« 桧原湖ファミリーサイクリング | トップページ | 富士サファリパーク2回目 »